04:男のガレージ

2020.10.22

シューズ更新

70fd159f2a874b16a5456e3b19468b06

長年Sidi党員でしたが、先日栗原コーヒーまで履いてみたらフィット感もチョットだったし、ベルクロも傷んできたので更新決定。もう昔のようにガツガツ走ることもないだろうと、サドルに続いてフィジークからR4。色もブラック&ホワイトのシック系に。

自分のラストは日本人でも、らしくなく欧州系であるのはこれまでの試着で重々承知してるので、アジアンフィットは要らない。サイズもEU39.5決め打ち。予想は的中しちょうど良く満足。

多分初めて利用するGB某店セール品で39.5サイズはなかなか出会えないので即ポチッ。前から欲しかった古めデザインでプリズムグレーレンズのオサレなサングラスもついでにポチッと。

R4は96.5GBP+EPA 4.9%+消費税で締めて、1.4諭吉チョット。関税率も久しぶりに復習できて良い買い物ができた。

2020.07.19

KG486再び

66ec855986e24032847956fb345648cc 66ec855986e24032847956fb345648cc 1cc5cc7fcf9f49edb9fcaa420e8323f7 89faa11e418f415ab3fb6ba96c822183 358765cc201e4f0e8ebebb0b20174ade 98daf02f204941a9a6d2b38c699081da 95eb76f3a63b4f1daa11ed4f96209363 2008年に退役させた思い出深いバイク。

終活の一環で復活させた。

 

2020.06.11

A3 6回目の車検完了

本日終了。今回も車検浮気をせずに@ディーラーサービス工場にて、@odo 72,955km。

・諸費用(代行料、検査機器使用料含む)79,370円。重量税が(旧車扱い)34,200に増額(+9,600円)!

・整備代 199,440円(内部品代 87,022円)

C8388dee48c54f30bc206c17a61bbb30

法定車検を通すためだけの検査整備見積もりは約54,000円でしたが、ディーラーおすすめ見積り総額は…54万円超と、過去最高記録更新。

過去にも似たようなことばかりでしたから、驚かなくなりました。おすすめ整備から今回自ら選択した4整備と、およその費用は以下の通り。これでまた暫くは快適に乗れるでしょう。しかしながらいい個体に当たったようで、13年間本当に大きな故障は皆無。

1)DCTF交換(初)82,000

2)スパークプラグ交換(フリーウェイプラン無償交換@12500㎞以来)29,000

3)ブレーキフルード交換(2年毎)16,000

4)SLLC交換(初)29,000

DCTFは敢えて触らないという選択肢もあるが、オイル屋出身としてはやはりここら辺で交換。Dレンジでブレーキ停車中のオイルポンプ音も気になっていたので。

プラグもそろそろ消耗品?BFは2年毎と決めてきた。LLCはSLLC仕様なので無交換でも行けると思うけど所詮水物なのでここら辺で交換することに。欧州車で多いとされるラジエータ系冷却水漏れと同時というのが経済的ではあるが。

フォッグランプは今回も不合格(地上高制限)でバルブを抜かれて合格。(実はプラ板で下半分を入庫前に隠したが、それでは通らないらしく無駄手間だった)

前照灯(ロービーム試験)の照度低下で基準値に近かったらしい。

検査終了後、今回DIYで以下手入れ。

・ロービームバルブ(H7)交換。色温度3800Kの社外(PIAA)品。A3のバルブ交換は手間取る(フロントバンパー外し、ランプユニット外し)と聞いていたので躊躇したが、ハロゲン仕様はその心配も無く、比較的手の小さい人なら数分でできることが分かった。

 

・スパークプラグの観察。少し前に自家製高性能ガソリン清浄剤を入れて約400㎞走行。

・フォッグランプバルブ(H7)再取り付け

・エンジンオイル、およびフィルター交換(6月末頃予定)

 

 

 

 

 

 

 

 

Continue reading "A3 6回目の車検完了" »

2019.07.15

A3(8P)70,651km DIY、エンジンオイル、オイルフィルター、吸気エアフィルターの交換

3645c7929b9f471abd477be957cc92ef 54804758cf044e2798024f021ae7d00f Aca8ce8b1b0542a4b4b986472b2fc51d B86e633d0d9a414e99acc0875cd2b1d1

梅雨空続きで延び延びにしていたメンテをDIY。

今回は初めて吸気エアフィルターにも手を出してみた。事前情報ではフィルターケースはトルクススクリューとの事だったが、自分のは普通のプラスで拍子抜け。予想以上に簡単、しかも純正品と同メーカー同型番でリーズナブル@2,150

2018.12.28

A3用スマホ ホルダー



背面から。金属製のメガネ枠をエアコンダクトユニットに挟み込む


マグネットはボールジョイントでロックするタイプ


w/ 5SE
付属のスチールプレートはスマホケースとiPhoneの間に仕込む。他にプレート1枚とクランプタイプのホルダーも付属。iPad miniくらいまでは行けそう。


カナダから調達。中々スマートで高品質。ルーバーユニットを引き出す際に、誤って右の上下羽根を一枚飛ばしてしまい行方不明(◞‸◟)

35 USD(送料10 USD)

2018.11.22

マキネッタ

マイ・マキネッタのハンドルとツマミを銘木で小細工。


ツマミはマホガニー。ハンドルは都幾川会館で入手した?材の薄単板を5枚合わせた自作合板。オイルフィニッシュ。


B4


after

2018.10.19

2連ACCソケット増設DIY

某所AB店頭での取扱いが無かったので、我が家のガレージパーツの調達には欠かせなくなったamazonで手配したのはこちらの商品
折角の機会なので電圧計も付けようかと目論んだが、適当なパーツが見つからず断念。


センターコンソールの右、ダッシュボードの下部に、キースイッチACCオン連動する2連ソケットを増設し、ドラレコとレーダの電源プラグをセット。ACCオンで点灯する緑のパイロットランプが明る過ぎるので、後で細工予定。

2018.10.18

ドラレコ取付編



カメラは運転席から見ると、殆どルームミラーの影に入る位置に取付けた。運転席側取付けもトライしたが、A3の場合、ミラーの厚みがあるので上方では干渉するため、更に下げる位置になり、視界を妨げるのでボツ。



あれば便利なんだろうけど、滅多に使わない内張剥がし工具は持ってないので、手持ちの代用品で外れるかどうか試してから。ダメならこの際に近くのABへ他の資材と同時に調達すれば良しとの目論見。金物は一応ビニテで養生して内装材への傷保護。


電源はヒューズBOX(A3はボックス形状では無いけど)からACCオンで+12Vが来る系統を探しておく。欧州車のアクセサリープラグはNCが多いので、電装品を後付けするにはちょっと不便ですが、ドラレコの様にSWオン忘れましたには良いかもですが、OFF忘れてバッテリー上がりましたも困るので、この機会にACCオンで入るアクセサリー2連ソケットを追加し、レーダーのオンオフもACC制御にします。
A3(8P)のヒューズはダッシュボードの右端に、ひっそりと隠されてます。もはやヒューズのメンテはディーラーの仕事なんでしょうね。テスターで空きのNo.5と6が使えそうで、さらにこれらは負荷側の結線が来ていないので万が一間違えても安心。


右Aピラーの内装は比較的簡単に剥がれた。エアバッグがドア側にあるので、まずフロントスクリーン側にレバーを押し込み、注意しながら浮かせる。浮いたらピラーに沿って上方向にスライドして外す。この辺りの情報はネット上に沢山あるので便利なご時世です。
下方にツイータスピーカーが仕込まれているのでスピーカーケーブルも外す。
ディーラーで付けたETCとナビのGPSアンテナとFMアンテナが、なんとガムテでピラーに沿わされてました!素人みたいな作業で残念。ガムテの粘着剤も劣化でベタベタ。
ここまで作業してから、ドラレコの映像チェックを兼ねて最寄りのABまで買出しに。

目的のDIY用電装パーツの販売は無く、こんな所で自動車電装品をDIYで後付けする需要の低さを実感する羽目になるとは…店頭でamazonをググり、エーモンやカーメイトに明日届く在庫がある事を確認して、今日はAピラーの復旧まで作業と決める。


ガムテを剥がしてコードクリップで養生し直したところ。この際に昔DIYで付けたレーダーのセンサーケーブルもAピラーに隠す。


Aピラーカバーのクリップ形状。先の写真のように、ピラー側はダルマ穴です。なので取付けは、ダルマ穴に入れて下にスライドさせて、カバーの上から金具部を押し込みます。


助手席側から見たカメラ。モニターはスマホでも見ることができ、設定もスマホから出来るので、場所はどこでもOKかと。


正面からみたカメラ。レンズの周囲はメッキ装飾なのでさりげなくドラレコが付いているのがわかります。

2018.10.17

初ドラレコ



初ドラレコ購入。

中華製の新興ブランドと思しきですが、先ずはドラレコの基本機能に絞ったモデルで自腹モニター。

決め手は、FHD、Sony製CMOS、Wi-Fi搭載でスマホアプリで色々コントロール出来ることと、2年保証、ドラレコに強いSDカード付属。

リヤカメラ、駐車監視に適した電源コントローラも用意されているが、先ずは万が一に備えた実況録画。予想通りの商品ならば、必要に応じて買い換えたり買い足せばば良い。我が家には他に4台候補車両があるし。

amazonで買うのが普通の商品群でしたが、今回の購入は、長年貯まった通信系のポイント消化もあって通信系入口からメーカー直販サイト。支払いは5000円少々と負担も小さい。
配送まで数日掛かると思っていたら、なんと翌日配達で、発送元はamazonでした。どこから入っても物流はamazonから届くというbiz modelが動き始めてるのを実感。もちろんamazonでも販売されていますけど。

2018.09.14

DIY ガリ傷リペア



after(B4は撮り忘れ)
225/40は路肩縁石の餌食になりやすい。もう少しエッジガードが高ければ良いのだが、このタイヤとホイールの組み合わせは低めに

エポキシ系。アルミ粉末の粒度が少し荒く、硬化剤を混ぜた後の粘度が低目なので、少し作業し難い。硬化後の研ぎは簡単なので、多目に盛るのが良さそう。


少し前に息子が少し醜くガリってしまった。
手入れをしようと思っていた矢先、その息子の引っ越し先に出向いた際、慣れない狭路で対向車をやり過ごす時に、今度は自分が過去最高レベルでガリってしまい、トホホ。
傷は浅いが、心が痛いのでリペア。
ホルツのアルミパテはデブコンのようなもので、そこそこ使える。

今回はホイールを外さないで作業したのでアラは多いが、遠目には目立たなくなった。外してそれなりにやればかなり綺麗になると思う。

より以前の記事一覧