« Kitacaケース | Main | アルコのスワッチサンプル »

2016.11.14

2016 さいたま国際マラソン、の8㎞ファンラン

祝完走!



第2回さいたま国際マラソン【ファンラン部門】8㎞男子15歳以上50歳代



前回は2015さいたまシティマラソン 3㎞男子50代



前々回は戸田マラソンin彩湖2014 5㎞男子、中学生以上



記録(グロス)は順に



2016.11.13 54'49" 46位



2015.02.22 18'42" 90位



2014.11.16 26'26" 99位





順位はどうでも良くて単なる結果でしかない。少し気に掛けているのは、準備段階からどこも傷めずに、ゴール後に「ゼイゼイ」しないようなペース。ゆっくり目に入りゴールに向けて上げて行けるような感じなら、道中楽しいかも。



ただただ走るだけならば、このようなイベントに面倒な手続きしたりお金を払ったりして参加する必要は無いのだけれど、過去何年もロードをやっていたせいか、まずエントリーして、やり遂げるモチベーションを維持する傾向になってしまったから、当面は仕方ない。



今回Nike+アプリが5km過ぎから衛生ロストしてしまい正確な計時は?だったが、忍ばせておいたGarmin EDGE 500ログデータから推定するとネット46'30"位。これは5'50"/kmなので予定より少しだけ遅め。
特筆すべきは、ペース配分を考えて走ることを3年続けてこれたこと。今年も少し前から怪我しないように走り慣れを重視して、出張先でご当地ランを楽しんだりしてきた。スポーツで人と競争しない心地良さというのもいいところ。





遠く過去を振り返れば、自分と長距離走はこんな付き合い方で今の自分とは随分違うなと思う。



高校三年間の行事で、本当に大嫌いだった長距離走。冬に11㎞位を走らされるのだけど、長距離走が苦手な自分にとって苦痛の何物でもなかった。本当は中学のときから嫌いだったけど、悲しいかな当時は田舎の水泳部。冬場は筋トレと長距離走という相場通りの、効果も怪しいメニューだったので、嫌々しかたなく、どちらかといえばやらされていた。



仲が良かったハンドボール部の松崎は中学で陸上部だったので、そんな自分を心配し、大会前に必ず行われた体育の授業中での練習走行に付き合ってくれて、どうすれば少しでも楽に早く走れるか色々教えてくれて効果は無いに等しかったが、唯一気に掛けてくれる友の存在は有り難かった。

« Kitacaケース | Main | アルコのスワッチサンプル »

03:レースレポート」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2016 さいたま国際マラソン、の8㎞ファンラン:

« Kitacaケース | Main | アルコのスワッチサンプル »