« April 2016 | Main | June 2016 »

May 2016

2016.05.31

エランが…

先のシーズン後半に新調したhttp://amat.cocolog-nifty.com/amat/2016/03/ski2-fd84.html
来シーズンに備えて点検していたら、左トップのプロテクターの下部に剥離があるのを発見。安比で3日、奥只見で2日の計5日しか履いてないのに…

購入したカンダハーに相談してメーカー返送で点検してもらう。
届いた答えはいかにも理解に苦しむな「特別有償額、○○で修理可能とのことですが、どうされますか?」。

2016.05.29

今年も梅梅梅





白加賀梅酒2本
梅1kg+氷砂糖1kg+ホワイトリカー1.8L

白加賀梅シロップ1本
梅1kg+氷砂糖1kg

十郎小梅塩漬け3kg

2016.05.28

インテCピラーバー クッションカバー

B4


after


parts was from tap water pipe, Lol!

インテにボンピン


完成の図


前から見て逆ハの字に、出来るだけ左右対称に


この位置、純正ではゴムフットがボンネット側にあったのか、あたり跡が対称にあり、ボンネット側にもそれらしい痕跡があって、楽に位置決めできたし、高さ合わせでも干渉する部品もなくgood


純正ボンネットキャッチ対応のカーボンボンネットですが、キャッチが今ひとつ不安でした。万が一の場合に備えて、ここは手堅くボンネットピンを追加すらことにしました。

amazonで1,120円と破格の輸入品をポチったら、何とイタリアのSPARCO製が届けられびっくり。まあ、ラテン系なので作りは雑ですが機能は多分十分でしょう。

これで、心配なく高速走行できます。

エンジンルームに適当なサービスホールがないので、ボンネット側の形状が良いところを狙って、ラジエータブラケットの近くにφ12の穴あけから。部材がアルミなので下穴から、ハンドリーマでゴリゴリ結構楽に大穴が開けられます。
あとは、思い切ってFRPの補強フレームとCFRPのボンネットに穴あけ。事前に持ち主には穴あけの許可を取りましたが、人の車なのでお気楽に。
ボンピンはブラインドリベットでかしめますが、この機会にハンドリベッターも購入。先日のニブラーに並んで昔からあっても良いなと思っていた工具です。

カットした切断面は一応エポキシ接着剤で養生しておきました。

2016.05.26

インテのRECARO


B4 and After




As samape as avobe


色褪せは仕方ないけど、土手の頂部汚れは結構サッパリ綺麗に。
今日は有給。二三日前から風邪気味で一昨日は急遽午後休みにして帰宅し横になってたほど。何もしない一日にしたらリフレッシュ出来たかな。

2016.05.22

非鉄金属加工

GW中に新調したキャンプキッチンテーブル天板。スノピのスタンドにスマートに固定したい熱が癒えない。

色々ね構造を考えて、コストと加工の簡単さから、アルミアングルを追加してアレンジしてみた。
アルミアングル材は押出し材なので普通は熱処理合金で硬く、金ノコなどでは小細工しにくい。
今回は6mmスリットも作らねばならない設計なので、この機会にハンドニブラーも投資。

なかなか良く出来たと思います。


1mから金具を8個取り。後はドリルと皿もみリーマーで加工



こんな構造。内々のスリットにだるまをローレットネジで突っ張る。



分かりますかね。

2016.05.15

ツーバーナーのメンテ

どこかで無くしたままだった左風防のストッパ作成と、フュエルタンクの錆止め塗装。




2016.05.08

焚火グローブ









このあたりまでは、いい調子でしたが、


何とか形になるも…


失敗反省ありまくり。一番往生したのは、裏返し。
革手袋はワークマンで買いましょうねw

2016.05.07

キッチンテーブル天板





GW9、ほぼ恒例?の筈だった木工DIY。
主にキャンプキッチンで使用するテーブル天板。脚は手持ちのスノピ汎用タイプを使用。

こだわりは、手持ちのコールマン折りたたみテーブルのデッドスペースにマトリョーシカのように重なり、且つ定尺材から歩留まりをよく、端材を減らす仕様。

無垢レッドパインt9×90、クリア塗装仕上げの羽目板2枚で@2,560、二枚合せ長蝶番@465、ヒバ□15材、他諸々で3,800円くらい。買った方が安いかもですが、

« April 2016 | Main | June 2016 »