« June 2014 | Main | August 2014 »

July 2014

2014.07.25

メガネケース

息子に頼まれていたケース。シンプルで素材感を生かした感じに。
前回自分用に作ったキャメルのより、気持ち大きくして、セルフレームのウェリントンタイプが入るようにした。
この2サイズで大抵のメガネに対応できる。




バッテリー交換

A3のバッテリーを交換。
前回は2010年6月の車検整備の時に15%offのキャンペーン利用で@32.5KY(工賃4.4KY込)
この時のディーラーサービス純正品はEXIDEのOEMらしく、時代背景からたぶんEXP-75のPB。4年メンテフリーでノントラブルだったので同じモデルという選択もリーズナブル。

今回の車検整備での見積りが@36KY(パーツのみ)とのことで、部品積込みのDIYでもちょっと高過ぎと判断し、ネットで物色。EXP-75の実勢価格は約1.8KY。

色々比較の結果、今回はBOSHEのPSIN-7C。SLX-7Cという上位互換グレードもあるが、2007モデルだし、電装負荷が高いわけでも無いので普及カルシウムタイプにして、徹底的にコストカットしてみる。何とamazonプライムで驚きの12.9KY。だがしかし、プライムとは名ばかりで昨夜やっと届いた。

発送元住所が、いつもバイクで走ってるルート至近の川島町某所で、驚かされる。

DIY交換も短時間に難なく終了。


1.8Tはメンテし易い場所に有る。


上部カバーを外す。EXIDE ES TU3の文字が印刷されているVW純正推奨品。


端子、10mmは約束通りマイナスから外し、サーモインシュレータを抜き、前側カバーを外す。


エンジン側下部にある固定金具を、13mmのレンチで外す。ロングラチェットが要りそうな場所なので工具を探すが…何故か見つからず、もしや所沢方面に貸し出し中かも。
近所のシマホに走ろうかと思ったが、よく見るとエアインテークの下側後方から手が入りそう。何と普通のスパナで作業出来た。


新旧。サイズ互換は当然ですがバッチリです。


固定金具を締め、外したインシュレータや前側カバーを元に戻し、端子をプラス側から接続。最後にマイナスを繋ぐ時、僅かにパチッとします。自己診断などKEYオフでも負荷があるので正常でしょう。端子クランプ部には高級テフロングリースを薄く塗り腐食防止。そもそもフルカバーなのでこれは要らないのかも。交換前もドライで腐食も皆無でした。
VOLVOで貰った革手、10年は経ってますが今も便利に使ってます。こういった気の利いたGiveawayは良いですね。



ドア連動のルームライトが動作するのを確認して、エンジン始動。約束のESP警告文が点灯しますが、これは少し走ると消えるはずなので気にしない。パワーウィンドウのメモリーリセットをしてDIY終了。ナビのメモリーは確認しなかったけど…ダメならまたセットすれば良いことなので、これも気にしないことに。
こんな簡単な作業も、ディーラーでは総額40KY超となりますが、今回は13KYに廃棄バッテリー処分代で済み、2年毎に換えてもまだまだ安い。

2014.07.11

眼科定期検診

10年ちょっと前に手術した、網膜裂孔のレーザー凝固。本当は時々診察を受けて大事に至らないようにしなきゃならないのだけど、自覚症状に変化がないので、ついつい遠ざかってしまう。

最近、網膜剥離で手術した方の話を聞いたこともあり、ジム通いで毎度のように医院の前を通るようになり、思い出したように健診してもらった。

結果はおよそ心配なしとのことで、一安心。行って良かった!
前回の術後検査も4年前で、その時は代診センセ(男)。今日は院長女医センセ。センセもやっぱお年を重ねていたw。

覚え
http://amat.cocolog-nifty.com/amat/2004/01/_30_1d29.html

2014.07.06

アリオネR3



他の人の参考にならないサドルのインプレ。

セッティングはほぼ完璧だが、微調整は必至のサドル交換。チーム練に参加しつつシェイクダウンのつもりだったが、微調整で足手まといになっては悪いので15分遅れてソロる。

2時間のシェイクダウンの結果、行けそうな好感。坐骨の2点がしっかり支えられ、可動部の制限が殆ど感じられず鼠蹊部の違和感やストレスも無い。表皮の滑りも適度に抑えられ、長いサドルデザインだが前後のポジションにも安定感がある。バー下を持ったポジションではポイントが少し前になるが、圧迫もなく骨盤の前側スペースも楽だ。
結局、ライド中の微調整は不要だったが、SLRのへたりが大きかったか、しなり具合の差か、パッドの硬さ故か、僅かに高く感じるので帰宅後2mm程下げる。
これで暫く乗ってみよう。

バイクとライダーの接点の内、一番影響が大きいと思うサドル。高価なら良しとならないのやっぱ交換は大変。


コンセプトには一応共感

2014.07.05

シフトワイヤー交換

交換前

交換後

2006.12から7年半ももった、流石は世界のシマノだ。プラパーツの劣化は仕方ないね。
前回シマホで悩んだ長さは1600mmパーツでピッタリでした。
http://amat.cocolog-nifty.com/amat/2006/12/post_b22f.html

« June 2014 | Main | August 2014 »