« February 2012 | Main | April 2012 »

March 2012

2012.03.25

新しい自転車

17-18年振りのママチャリ更新。
買った当時は自転車量販店で廉価粗悪品が横行しはじめ、町の自転車店が上手くいかなくなり始めた頃かもしれない。買ったのはディスカウント量販店だったが、ミヤタのしっかりしたのを選らんで正解だった。調整や修理は何度もしてきたが、全部自分でできるようになったので意味深い。寄る年波には勝てず、全体的なくたびれ感は強くそろそろバンドブレーキも、スプロケットもチェーンも寿命っぽい。

この経験を生かしてできるだけ真面目に作られたものを買えば、きっとこれから十数年は乗れるだろうと、ネットで海外ブランド含めて色々漁ったが、仕様と価格から決定打に乏しい。ならばと、店頭にウィンドショッピングに出てみた。

まずはご近所のASAHI。ASAHI OEMブランドが多くBSが少しと、MIYATAはどこ?って状況で即刻店をでる。昼食を挟んで今度はセオサイクル大宮店へ。一応ミヤタとブリジストンはネットでどんな商品があるのかざっと見ておいたが、店頭にあった候補車には記憶がない。しかし必須仕様と考えていた、ステンレス多用、ハブダイナモ+LED灯、ロック機構、大きなかご(できれば前後に)、内装3速(Shimanoが良い)かシングル、静かなブレーキ、チェーンケースはフルカバー、丈夫な両スタンド、外観がおしゃれなどなど。これらをほぼ満足させてくれたのが…

BSのカジュナ CJ7TP-1810。
Untitled

ネットで事前に検索できなかった理由が店頭のパンフでわかった。
商品コンセプトがJK向けのラインナップだった(笑。何と雑誌セブンティーンの2月号の記事がパンフになってるようで、いわゆる昔ながらの無味な自転車カタログでは無いことにも感心させられた。チェーンケースだけは叶わなかったが、例の銀色のチェーンなので汚れや錆はたぶん大丈夫だろう。リヤキャリアもしっかりした作りなのでそこには籐風ビニールの編みこみ籠を付けることにした。これで全部合わせて4万3千ちょっと。ロードはじめた以降、自転車パーツの価格に麻痺しているので、とても安く良心的に感じる。金のピンスト入れてブルックスブラザーズの本革サドルに変えたらさらに良いかも。

モダンレッドはBS在庫に無く、希望色(モダンブルー)も店頭在庫に無く、納車は次週に。

チーム練

折角乗り始めることにしたのに、昨日は天気予報大外れで結局乗れず。
早起きはまだまだ辛いが、今朝も頑張って起き、ベーグル一個食べて練習会に参加。予定では高坂あたりで引返すつもりで臨んだが、いざ帰ろうとすると岡部さん、細沼さんから岩殿まで(は)行けば?と、今日は途中帰還を許してもらえず、マッキーもそうだそうだみたいな顔してたので、ならば岩殿までに予定変更。

やっぱ全然登れません。足が一杯で心拍は上がらず、歩道橋下から信号まではよろよろスタンディングでかろうじて到着。参加の皆は都幾川の椚村(椚平?)方面へ。

前回同様、帰路にソロの石川さんに出会う。
さらに695のRide for Japanカラーというバイクも鑑賞。

2012.03.20

今日はトモローまで

約半年振りにチーム練に顔出してみた。
皆によると今朝はここ最近ではかなり寒い日で風も冷たく強いとのこと。自分はほぼ冬眠状態だったので季節感まったくなくなってしまい、こんなもんかと思っていた。
皆は一本杉を目指したが自分はしばらく自重モードで続けたいので余裕を残しトモロー補給でソロ帰宅。帰宅時は気温がかなり上がって12℃くらいになっていた。

LOOK 695が5台も参加、その内の3台がモンドリアンって、凄いことになってた。

トモローでホットレモン。復路は追い風でらくちん。
Ts3v0292


2012.03.19

鋏ケース

F1001055
2011.10.27完

番外編、糸きり鋏の刃部カバー。
安価で評判の鋏だがそろそろ本打ちの鋏が欲しいな。機能的に不満は無いけど職人っぽいこと始めると刃物に懲りたくなる。

ベルト リバーシブル

F1001082
3/11完

トート2種を作った端切れ革があったので、女房用のベルトにしてみた。ステッチのデザインのみ野谷さんの本から。
素材はワインカラーのオイルヌメと、黒サドルレザーのそれぞれの床面を接着。黒革は芯通し染めでないので厚み方向はワインカラーとナチュラルと黒のミルフィーユ状になって以外な良さが出た。
バックルは素材が手元に無かったので、今は使わなくなった古いベルトをドナドナして転用。

違った仕上げ法の革を貼りあわせるのって本当はどうなの?タブーかも。裏と表でまったく違った印象のベルトになるので良しとしたい。何か悪さが有れば使用してればわかるでしょう。

トートバッグ

Ts3v0241
1/9 初使用。W390×H370×D150(ハンドル部除く)、WT(未測定)


遊びでも、仕事でも使えるトートを目指し、昨年から出来上がりのイメージを色々考え、いよいよ製作開始。
素材は2.5㎜厚のサドルレザーのダブルショルダー。本体基本デザインは江面さんの本に忠実に、ハンドルと絞りひも、ネームタグのみオリジナル。
仕事では作業着はもとより安全靴も、安全帽も入るサイズでとても重宝する。遊びではBBQや自転車レース遠征(最近出てないけどね)の道具入れにぴったりそうで結構お気に入りの一品に仕上がった。

製作過程の図
底まちはこんな仕立てで、自立します。
Ts3v0095

胴部は単なる円筒で、これに上の矩形の底を外縫いするとこのようなラインが自然にできる。ダブルショルダー特有のしわが特徴で、今度この革を使う時は、歩留り考えずにしわを作品のどこに入れたいかを意識して作ってみたいものです。今回は革がもったいないので妥協したとこと多々あり。
Ts3v0094

内ポケット仕様 オーダーありました

クリスマスプレゼントの小振りのトートバッグ
その後も気に入って使っていただいているようです。これを見た友人数名からもお褒めの言葉をいただき作者としては「ドヤ顔」です。
トートバックの宿命でもありますが小物を入れるポケット、中が少し見えないように不意に飛び出さないようにと、改造オーダーがあって、マグホックのタブと、小さなまちのあるポケットを追設しました。共革を手漉きで薄くしました。

2/8 改造再納品完
Ts3v0275


大規模修繕

いよいよ佳境に。
震災の影響かどうかわからないけど、タイルの浮きやモルタルのひび割れなど結構数多くのマーキングがされている。そろそろ騒音も高くなってきた。

Ts3v0286

全面シートになって一番困るのは、外の天気がわからないこと。正面側は黒いシートなので路面が濡れてるかどうかは何とかわかるけど…


自転車レーン

練習日記というカテにはそぐわないが、自転車に乗ることを再開してみることにした。

取りあえず初日は雨だった。もともと休出だったので乗れなかった、昨日は川島の表周辺まで。新たに舗装されたルートを繋いで大屋敷の三叉路に戻るルート。
今日は朝から強風気味だったので、昼過ぎに彩湖周回へ。予報を参考に強風を避けた筈が予想を上回る強風にめげた。急に復活できないことは重々承知しているが、ラップを取ってみて現実を目の当たりに。10分30秒、約10分、10分30秒の3周回で売り切れ。情けないがまあこんなもんかな。初めて彩湖を周回した時より早いのが救いでしょ。

帰路、新聞にあった記事を思い出して、現地調査。


Ts3v0287
ここは通称浦所線の大戸あたりにある某自転車店(その昔、殿岡さんと知り合いになるきっかけになってくれたショップ)の前あたりから北浦和駅方面を望む場所。

なるほど、車からの視認性に優れている。交差点やバス停前には注意標識も路面ペイントされていて携帯高校生などにも効果ありそう。
Ts3v0289

だが大きな問題にもすぐ気付かされる。専用レーンとはいえバス停と共存しなくてはならない。これ自体はバス停スペースの都合で今は仕方ないと思うが、一番大きな問題は路駐(ドライバーの名誉のためにここでは路肩停車とする)車両だ。本当に専用レーンならば停車の際には少なくとも左余地を残して停車すべき(うろ覚え)だが、皆左一杯に停車している。車道と歩道の間は脇道や出入口が無い限り段差があるし、ほぼ断続的にフェンスも設置されているいるので、路肩停車車両に出くわすと…そこまで車道の左脇を走行してきた自転車には行き場がなくなる。朝夕などはどんな状況になっているのかとても興味深い。

もしもテスト設置ならばそのあたりもぜひ検証して、利用者拡大、エリア拡張に繋げてほしい。この手の行政による試みが真面目に取り組まれ、後に成功した例などこれまで見たことはないので、少し期待してる反面、諦め感も。この路線は欅並木でも有名な反面、狭い歩道に歩行者と、点字ブロックと自転車と欅の幹が共存してきた、とても通行しにくい路線。ACRの起点になっているなど、とても信じられない場所だからね。

2012.03.09

KEY Case

F1001072


F1001074


F1001076


F1001078


1/29完成
三男からオーダーがあって作成。表皮はバッファローのシュリンク、内装はヌメとアメ豚(豚革をタンニンで鞣したもの。裏用に多用される定番)
裏も革装にした初の作品。自分の世代にはこの6連デザインはオーソドックス過ぎてあまり魅力ないが、最近また流行っているらしい。Dunhillの写真で外寸や合わせを参考にしたが金具や型紙はオリジナル。デザインで個性を出せるところは殆ど無い小物だが、細部まで丁寧に仕上げることで存在感がぐっと増す。かぶせの裏にはカードが1枚入る。

ささいなた

F1001079


群馬産と売り場には表示があり、瓶のラベルを見るとサッポロビール以外、酒蔵や産地の表示は無い?
乙類なので、そうは外すことはないと思い買って帰る。

ここを見るとそこそこ真面目に開発したらしいことがわかる。
さて、どんなもんか呑んでみることにする。明日も雨らしい。

F1001080
暫らくぶりにココログ更新した。こんなに面倒だったろうか。


Continue reading "ささいなた" »

« February 2012 | Main | April 2012 »