« March 2011 | Main | May 2011 »

April 2011

2011.04.30

亀ローでちょい補給練

ここ1か月の仕事の疲労蓄積か、おそらくは昨日の久々練の影響だろうけどそれなりに疲労感を感じる朝。9時の賛同者が今日も居たので、朝ドラ見てから出発。
集合場所までは嫌な感じは抜けず、だが二人で走り始めてしまえば追い風にも助けられ良い感じに。7時jジロデ奥武蔵第2ステージ練の一軍メンバーとしろくまで落ち合う算段も時間的に少々厳しく亀ローで小補給して南まわりで即帰還。
帰路はやっぱ向かい風。往路早帰りの小湊さん、集合場所の駐車場でかおりんに会う

2011.04.29

甚五郎練ならぬポタ気味

終始のんびり宇津さんとふたりで、我ら定番「甚五郎」へ。
コース中盤の都幾川、越辺川沿いはお薦めのんびりコース。

2011.04.24

個人TT練

5月の埼玉車連のTT大会、一時は参加しようかと考えたがやめておいた。
個人TTなら大会に出なくても、その気になればいつでもできる。申込期限ぎりぎりでチームTTの参加を募るのも気が引けたし。

1本目というか、3.6㎞区間だから少なくとも4本連続で走らないと短すぎる。1、3本目が向かい風、2、4本目が追い風。これだけでかなりお腹一杯で、休憩後に2セット目を中止して帰還。

8:30
6:18
7:31
6:07

2011.04.19

どこどこ

どこどこ

2011.04.17

Swatchのベルト(修復編)

F1000908


F1000907

GTI(風)シリーズの一作目。4/16完成

オリジナルの裏打ち革が傷んで割れてしまったので、その後メタルベルトにしてお役御免となっていたもの。表皮は牛革のリザード型押しで痛みは最小だった。
麻糸のステッチ(機械縫い)を慎重に解き、裏革をピッグスエードで換装して、赤シニューを細く裂いた糸で手縫い。
少しくだけた小粋なベルトに蘇った。時計はベルトで表情が随分とかわる。

黒いレザーに赤ステッチ、これだけでGTIと言ってしまう世代。

パスケース

F1000902
4/10完成。
オリジナル作品。大きさだけ市販キットからコピーし型紙を起こすところから。
こげ茶芯通しのサドルレザー(2㎜厚)の3枚仕立て。どちらから入れてもペンギンが顔を出すように工夫したつもり。このSuicaは自分が在宅勤務を始めた証に、毎日通勤していた頃の最後の定期Suicaのままずっと使用しているのでH17年8月期限。
このパスケースは二男に使ってもらうことにした。自分用も後で作る予定。


裏には時刻表とか切符とか入れられるように。マチは縫製後に濡らして成形。パスケースには千円札を畳んで入れておくと、財布を忘れてしまった時など、いざという時便利。
F1000903

コバの仕上げもだいぶ慣れてきた。こういった細かいところまでこだわって仕上げられるのが良い。
F1000904

番外編
最近(2008年頃より後)のSuicaはペンギンがクール系から可愛い系になって、場所も少し変わってしまったんですね。息子のSuicaを入れたら、当初の目論見が…
F1000905

練習には程遠い、ゆったりポタリング

F1000910_2
近所の桜。今年は震災もあって、どこも見ず仕舞。
通勤途上の車窓から荒川土手に見えた「KITA CITY」の花文字を見に、家内とポタリング。前回は…と調べたらここまで遡る。何と半年も前だった。

今日、下流に向かったもうひとつの目的は、最近色々な所から見えるようになっていたスカイツリータワー。
見えますかね。肉眼ではもっと良く見えていたのですが。中央やや左、手前の木橋の左縁の遥か遠方。
今度はもっと近くまで行ってみたい。
F1000912

途中二人とも腹が減ってしまい、17号BPで帰路につくがnanacoが使える店が無い。田島まで来てやっとデニーズ。お揃いのチームジャージだったのでかなり気恥ずかしく、カウンター席にすれば他人の目が気にならないと気付き移動して、しっかり食べた。


今日のコース。


2011.04.16

再開したい…練

何のための再開かはさておき、夏のチノパンが少々きつく感じることもあり、まずはそのあたりから戻したいというのも理由のひとつ。
早起きは全く苦手なままだし、花粉症も長引いていて鬱陶しい。

2011.04.09

Belt 1‐1/8 inch Width

F1000900


4/2完成
アメリカンオイル革の4㎜厚キット+燻銀風バックルで作ってみた。一枚物なので縫いは不要だが、アクセントに敢えてステッチを入れる。糸は2/3に裂いた白シニュー。ベルトは縫い代が長く結構手間取る。
キット革を使用したので材料総価格は4千円ちょっと。それでも革の品質からしたら市価よりずいぶん安い。

Pen Stand

F1000886

3/21完成
通販のおまけ品。床革といって、革の芯の部分を巻いて胴を作るペンスタンド。
背割り時そのままの裁断部を生かした赤い端切れ革でアレンジ。太いシニュー糸で手縫いし、レース編みも一工夫してみた。
吟面のない床革は革独特の匂いが強め。

2011.04.06

具体的な支援

ここをご覧の方々の多くは、すでに知っているでしょうが。
知り合いのご家族が福一の影響で風評被害を受けた方が居ることをここで知った。

今回の大震災では募金も桁違いに集まっていると聞くが、なさけないことに実際は配分が組織上の不足があって滞っているとも聞く。
こんなとき少しでも具体的な目に見える支援ができるのであればやりたいと思い出した矢先。もちろん公的募金だって近いうちに色々な形で貢献するだろうし、現地に行ってボランティア活動という手もあるのだけど。

被災規模が大きすぎて自分では何もできない、出来ることは微々たるもので皆には届かないけれど、しばらくは何かしていたい。

« March 2011 | Main | May 2011 »