« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

2010.10.30

好日山荘

F1000714

二駅離れたPARCOにテナント入りした最近とても気になる老舗。野山歩きをしようと思い初めて訪れた前回はトレッキングパンツ、スカートやストックを購入し、カード規約を良く理解しないまま早速カード会員になった。後は珍しい商品満載の店内ウィンドショッピング。
2度目の今回は女房のスパッツのつもりだったが、使用頻度を再考し山女向きレッグウォーマーと女房用のスポーツグラス(SWANS SA-501)。驚いたことにもう1,000円の金権レシートが出た。これでまた行かねばならなくなった。まだやってないが通勤(した時の)経路駅前なので物色には都合が良い。価格が高目に写るが大半がブランド品なので普通かもしれないが、新しい世界に首を突っ込むのは楽しい。

海外ブランドが圧倒的シェアを持っていると思われるスポーツグラス界、近年の国産ブランドの活躍も目覚しく手にとって見ることが増えた。この日もそうしている内にその洗練されたデザインと、何を置いても典型的大和顔、彫りも浅く眉間の平坦な顔に良くフィットするのが気に入られ、2割引きにも釣られて購入となった。これでハイキングは勿論のことバイクでも愛用されるだろう。


2010.10.27

【終了】もう一度投票協力お願いします

Cocolog_oekaki_2010_11_09_09_17
結果がわかりましたらお知らせします。

既に多くの方々にご協力いただきましたが、いよいよ投票は今夜いっぱいになりました。
まだの方も、投票済みの方も何のため、もう一度アクセスして投票ボタンをクリックしてください

別途ご案内の方々も多いのですが、応援しているラビットライダーがカウントダウンJAPAN 10/11の出場権を目指しています。

ぜひぜひ下記にアクセスして、1票を投じてください。皆さんのご協力なしでは2次選考に進めないので宜しくお願いします。
他の1次選考通過バンドを応援されている方も複数バンドへの投票が行えますので宜しくお願いします。同バンドへの投票は1アドレス1回限りです。尚、携帯アドレスからも投票できますので、IPアドレスをお持ちの限り投票をお願いします。

投票は11/8(月)23時59分まで出来ます。

投票はこちらから
http://jack.ro69.jp/contest/jack1011/artist/21547

2010.10.23

夜景パノラマ展望台の塔上から

F1000716
螺旋階段の搭上から臨む山頂(荒山 1,572m地蔵岳)方面

F1000717
一方の下界方面。この日は霞んでいて眺望は望めなかった。このHCルートはここまであまり眺望が宜しく無いが、冬の澄んだ空のもとなら、ここ1,100mからの夜景は期待できる。


15時18分 折り返し

F1000714


ピークまでの残り距離がわからないので、今回はここで折り返す。
展望台から先、15分は登ったので2kmは来ているとは思うが。紅葉は再来週あたりが良さそう。気温がまだ下がり切っていない感じ。
当然、下りは今期一番寒かった。すれ違ったロード1台、ミニベロ1台、フラットバー1台。車は登りも下りも相当数で走りにくい。

帰宅後ガーミンデータで確認。
折り返した場所は1,286m地点で小沼脇のピーク付近で約1,500mの様子だから、あと214mも登らなければならなかった。残り距離にして約5km(平均4%)だったので、結果は正解だった。気温もすでに12℃位まで下がっていたし発汗で腹回りが相当冷えてしまった。

2010.10.19

サイクルタウン OGOSE

F1000710


この看板の所には、フロアポンプが準備されている様子。
これまで知らなかったが、越生のサイクルマップに掲載されているのかも。

ここは玄家の少し上、廃業してるおっぺ美術館?の近くの民家の物置の前?

山行日記 2010-2大高取山 376.4m

10/17のコース 最後のループが、この日のハイキングコース、約7km。

 

F1000713

 

 

お客に来ていたシエルを連れ出したので車で越生の自然休暇村センターまでアクセス。
コースは大高取山から桂木観音へ。その後大満方面に下ったら、ロード練で何度も走った桂木峠から越生に下る舗装路に出た。
ならば暫く行ってなかった「玄屋」に寄ったら、二八がまだ有るとのこと。ツレには初玄屋となり、美味い蕎麦をごちそうできた。
その後は越辺川沿いの小道を県道に出るまで歩き、最後の少しを県道でデポ地まで戻る。前回よりもぐっと山歩きっぽくなった。電車アクセスには少々不便だが越生にも多くのハイキングルートがある。

 

F1000711

 

 

 

2010.10.16

ソロでポタ

今日のコース

ほぼ2週間振りのロード。この時期こんなに乗らないのも十数年無かったこと。
引退してるわけでは無いのでご心配は無用です。

珍しいルートを走ってみる。
ACRから圏央道の側道に舗装が繋がった。ACRからいつもの川島街道までは路肩も広く走りやすい。
富士見道路のCRが整備されたと聞いていたので行ってみたが、あまりよろしくない。信号が多い、排気ガスが結構ひどい、砂の浮きが多い、所々見通しが悪い、川越区間の歩道は自転車で走り難いので車道を走ることになるが交通量が多い。何たって(事故の)ガラスの破片が清掃されてないところが3か所はあった。おそらくメジャーになることはないCR。

帰路、羽根倉橋経由だったので北浦和のコーヒー豆やさん(珈琲問屋)に寄ってみた。北浦和と言ってもNHKの所なので結構浦和に近いなぁと思ってたら、店名はやっぱ浦和店だった。期間セール品のブラジル(4種ローストセット)を購入。薄くてでかいメール便パックだったのでジャージの背中に入れることができた。

2010.10.14

ごまさば

F1000709

遅くに前泊地に到着。
名物ごまさばが売り切れとのことで一品目のアテを考えあぐねていたら、特別にごまかんぱちを作ってくれるとのこと。
さて、ここはどこ。

翌朝、仕事の地へ移動。
この日の仕事が端緒になって成功裏に進んだ暁には、とら河豚をたらふく食べる約束をしてもらった。さて...
F1000708


2010.10.11

祝!ハイキング デビュー

F1000706


というわけで、いよいよハイキングを開始しました。

デビューコースは御岳渓谷に。近郊で、且つ登りや下りが少なく、電車アクセスの利便性の視点でガイドブックから選択。立川で便利そうな快速が来るというので各駅を何本か見送ったら、目的の軍畑(いくさばた。読み方ずっと「ぐんばた」かと思ってました)に停車せず、コース逆走となる御岳(みたけ)にて下車。ホームにはやがて徘徊が近そうなハイカーで溢れ、改札抜けるまで一苦労。自分も乗り越しだったので混雑に拍車をかけたひとりですが。

御岳橋の下(多摩川)ではカヌースラロームの全日本大会やってました。見る限りは中々楽しそうなスポーツ。

これ以上は望めないような青空の中、気温は高めだったが川面の風は秋風。川沿いの遊歩道は快適で、難易度は限りなくゼロに近く、ハイキングデビューには絶好の約7km。
Sscn34011

ここから軍畑駅への登りがこの日一番の激坂。
広報活動を兼ね、上着は出来る限り物ジャーで行くつもりですが、自宅近くの餃子の王将に立ち寄ってビールって言ったら「自転車ではないですよね」って念押されました。澤の井では「お車ではないですよね」だったのですけど。
Sscn34021

沢井駅(沢井はこのあたりの地名)にある、小澤酒造のブランドが「澤乃井」。澤乃井は知ってましたが東京の酒だったとは、まったく知りませんでした。
ひやおろし@200円、吟の舞@300円、いずれも持ち帰りちょこ付きの利き酒処。お代わりは100円引きなので行きたい気分でしたが、この日は自粛。
F1000705


ハイキングシーズンは自転車にとっても絶好の日和。しかし自転車練との両立は車でアクセスしどこかにデポして両方を同日にやらない限り極めて困難。出来ればハイクには車を使用せずに公共交通機関を利用したいので、この秋はハイク主体の予定。これを機に大人の休日クラブ+ビューカードでも作ろうか。

自転車もたいそう良いけど、ハイクも良い。どちらかを多少犠牲にしないと両方を同じように楽しむことは困難。これまで自転車偏重が強すぎたか。

今日のコース
電車区間で時々ロスト有り。

2010.10.09

クリニック

F1000707

福岡からの帰路、ミニコンサートもあって満足。ためになった。
音出しは簡単だが、シンセの知識もそれなりに必要な奥の深い楽器であること、あらためて認識。道は遥かなり。

宮崎さん、きっかけとなった教則本が人気と見えて、続編の執筆を匂わせていました。

2010.10.06

誕生日おめでとう

誕生日は親に感謝する日と言った力士がいたが、たしかに一理あると思う。

今週某日はツレの誕生日だったが、感謝すべき両親は既に他界してしまった。その代りという訳ではないが、息子達は皆覚えていたようで、それぞれの方法でお祝いを彼女に届けた。

少し前の自分の時には無かったが、男同志だとやっぱテレるものだから。

長男が会社帰りに買ってきたケーキ。さらにスパークリングワインが一本で「これは父ちゃんにも」って言ってたので、次回家族が揃った時に空ける事にした。
F1000703

二男からはこんな写メも
20101005175337

三男からもメールが届いたらしい。


そして昨夜自分からのプレゼント。
F1000704
自転車ばかりじゃなく、ハイキングなども楽しそう。山ガール(レディー?)デビューは無いと思うけど。
まずは近郊の野山から。

予てより尾瀬に行ってみたいと思っていたが、時期とかルートとか全然知らないことが多くて少し先になりそう。


2010.10.03

10/1 苗購入

F1000701


植替えには時期的には遅すぎると思うが、このポットの中ですでに大きくなりすぎこのままではきつそうなのでダメモトで少し大きい鉢に移す。
来初夏まで枯らさないように越冬できれば良いのだてれど。

さて、これは何の苗でしょう?

調練ふたたび

F1000704_2

555号のペダルをKEOに変えたまま、機会が無くずっと練習に連れ出せないでいた。今日になって少し時間がとれそうなのでKEO調練。
旧Lookペダル(デルタクリート)と前後位置関係は一緒なので、KEOに変えても練習する必要は無いかもしれない。本人曰く、キャッチ&リリースはスムーズ、クリートが歩き易いと至って好評。

今日のコース

日曜の昼間、彩湖周回ライダーの多さに驚く。ランナーや散歩、ペットの散歩、子供の自転車やインラインの練習、バックにはクロカンスキー?の練習。そこを縫って走る姿はいただけない。

彩湖西岸の土手上の新舗装区間を含む延長は約3.6km。TTTの練習も出来そうだし、冬場の向かい風を負荷にすれば結構な強度のインタバルも出来そうだ。下流の水門まで舗装してくれればさらに良いが、最南端部は未舗装だった。


フレームの配色にぴったりで、カッコ良い。
F1000705


2010.10.02

最初だけ物練 曼珠沙華も満開を過ぎた

6時40分組に集合したが、2週空けてしまった体はいまひとつ。
昨夜マキさんを拉致しようと企てたコース案は、あまりに温すぎると見え早速却下されたので、途中からチーム練を離れソロで向かおう...としたら宇津さんが一緒に来てくれた。

宇津さんはさらに不調らしく、本田APの先で県道経由で戻ることに。
大芦橋手前の土手道工事は終了していた。大芦橋手前の木造橋たもと一般道に下りて引き返し、道なりに進み東CANの工場が見える頃に広域農道に入り市野川大橋を目指す。

渡りきったところから比企自転車道に入る筈だったが、入り口の案内板はこんな状況になっていた。
F1000705

さらに舗装コース(ACRからここまでは何と砂利道!の自転車道)の開始地点は雑草が生い茂り立ち入れない!無管理状態。
F1000707

少し先からコースに入り、先程の雑草の先を見返すとこんな感じ。僅か100mほどと思うが、何とかならぬものか。
F1000709

ここから早俣橋までの区間は走れるが、草刈や舗装の整備はほとんどされていないことがわかる。そもそもこの自転車道はACR接続側に未舗装区間もあり、一般道区間もあり、農道が数多く交差するなどルートも良くなく、あまり知られていない筈だから仕方なし。スタートしてすぐの桜並木、春は結構綺麗な所なのに残念。254バイパスをくぐり先に進むと早俣橋の南詰に出る。

ここでまた新しい舗装路を発見した。都幾川の左岸土手上が綺麗に舗装されていて、旧407号の橋まで続いていた。練習の復路、北回りの場合、東上線踏切を渡った信号を直進せずに左折し歩道で都幾川を渡ったら横断すればこの道に出られ、そのまま戸守の天神橋まで出ることが可能。


但し、早俣橋をくぐる時は頭に要注意!乗ったままで走れるたことは走れたが...かなり低い。
F1000710

今日のコース(抜粋)。全行程84kmくらい。HR<140目標でソロ練終了。
Photo

« September 2010 | Main | November 2010 »