« June 2010 | Main | August 2010 »

July 2010

2010.07.31

6時練

猛暑予報だったので6時練に乗った。
久し振りのチーム練参加だったが、一応バイクには乗ってはいたので何とか走れる感じ。

今日は滅多に信号に掛からない日だった。ただ、朝から胃がやや痛かったのと、暑気あたりも回避したいので早俣橋の先の信号でストップしたのを機に単独で引返す。ACRを離れるまで日差しが差す事は無かったが湿度は高く、ウェアは汗でほぼびっしょり。約1Lも補給した。

8時4分に帰宅。ゲゲも殆ど見ることができた。
早起きできる限り、もう少し早くスタートした方が良いかな。

ガーミンの記録。G地点の交差点にヤマザキデイリーが開店しました。

森香るソーダ割り

F1000646


SCAPAもそろそろおしまい。予想以上に特徴が少なく次回は暫く先になりそう。
昨夜の肴はアゴの刺身。最近首都圏でも南の良いアゴが簡単に手に入るようになった。

サントリーがハイボール流行を仕掛け、ウィスキー需要の巻き返しに一生懸命の昨今。JR新橋駅のホームに流れる曲も♪ウイスキーはお好きでしょ、も少し...♪にいつの間に。

ミントの葉を叩いて入れるのは別に昔からあると思うが、自分がべランダで育てている(正確には枯らさないように水だけ上げ、アブラムシに注意してるだけ)のを入れてる人は少ない。

この日はオレンジミントで。香りはペパーミントの方が良い。

2010.07.27

第13回CSC5時間耐久チームサイクルロードレース大会

043_img_1620
この日総勢10名(選手9名+サポート1名)で参加。

何を血迷ったか、昨年に引続き2年連続の出場。

飲んだ勢いで参加を決めたとは言え、猛暑の中を走ると決めたからにはリタイヤはしたくない。多少付け焼刃的ではあったが、それなりの覚悟で毎日ローラー乗ったり、周回練や反復練をしてこの日に臨んだが、途中2時間で途中打ち切りとなる。荒天による中止はそう珍しくはないが、酷暑もある意味荒天なのだと認識を新たにすることにした。

主催者側の説明では、中止の要因は、落車による怪我人や熱射病患者が時間と共に増え、医務室と救急車による対応がパンクし、これ以上の患者を処理することが出来なくなったからとのことだった。

不幸にも落車された選手のうち、はたして灼熱による不調や集中力の欠如が原因があった選手はどの程度居たのかわからないが、昨今のロードブームにより経験や技量の浅い方達が無謀にもお祭り気分で参加した結果が招いたとは言えないだろうか。試走中もレース中も、危なっかしい選手が例年以上に多かったようにも思う。
この手のイベント運営にこの辺りの事情はぜひ反映されるべきと思うが、一方で13年前の7月末はこんなに暑くはなかったろうし、開催時期やレース時間帯の変更も考慮すべき環境になっていないだろうか。

何より、6000円のエントリフィーで、何時間も掛けて遠征し、暑い中を随分待たされ、僅か2周とか3周じゃ...色々と勿体無い。

我らチームは実績実力No.1の宇津さんをスタートに据え、予想よりかなり速いペースで1周を上がってくる場面から始まった。その後黄金のタレを掛けながらまずはピットオープンまでの3周を、そして2番手の自分に。
ピットに居るよりは暑くないが、やっぱり酷暑だ。特に2号橋からの登りに殆ど日陰無く、照り返しも厳しく辛い。オーバーペースは命取りになるのは明らかなので、HRが95%超えないように少し低いケイデンスで凌ぐ。2周目は若干体が慣れてきたのか、1周目より僅かではあるが楽に感じ、こんなのをあと2回我慢すればもう終盤だと言い聞かせて登っていた。そして3番手の兼古さんに繋ぎ、さらに宇津さんと、2周スティントが回り始めた矢先、一番厳しい時間帯に打ち切りが決定されてしまった。

SG地点、手元計時ラップ記録とGARMINの記録
5split

2010_52_015_resize
この日我々のチームの規定周となった9周を宇津さんから繋ぎ、最後の10周目を無事に走り終え、地下の水場に向かう図。不本意ながらこれで終了、心なし嬉しそう。

参考暫定記録
2010_5


機材等
Cervelo RS、5034×1223、Campa Neutron、VeloFlex Black 19C F7.3-R7.8bar、GARMIN Edge-500

2010.07.23

シエルのスイム

最近このブログでも人気上昇中のシエルです。
(公開アルバムを作りました)
Img_6807_201072119812

 

 

 

 

 

 

2010.07.22

タイヤ交換

F1000641


ここまで気づかず乗るのは、ママチャリだからこそ。

おつかいに出た先でパンクしたというので直そうと思ったら...ほぼ全周トレッド無くカーカスが露出してチューブ透いて見える。これも珍しい。

いつもなら即修理なんだが、タイヤも新チューブもママチャ用は在庫ないので保留しておいた。が、早速自転車が足りない苦情が息子から。
昨夜仕方なく就業後に近くのイオンで調達し、大嫌いな後輪の交換を汗だくで実施。

嫌いな理由のチェーン引きの調整なんだけど、引き過ぎてしまったときどうやって緩み側にずらすの?あー何度やっても面倒だ。

この宮田のママチャ、かれこれ15年選手。パンクは数知れず、タイヤ替えたのも数回目、前ブレーキパッドも2回以上は変えた。ワイヤーも1度は替えた記憶があるが基本壊れていない。
そろそろ買い換えても良いのだが。

お誕生日

おめでとう Ciel、早いものでもう1歳だね。
プレゼントに送ったアスリート系全身スーツ、サイズは良さそうだけど気に入ってくれた?これ着て思いっきり水遊びや泥遊び、そして冬になったら雪遊びだね。

Img_6807_2010720161230
Img_5249_201072016139

はじめて会った時はこんなパピーだった。

2010.07.19

物練 5耐に向けて-完結編

F1000636
越生の大クスノキ。周回が取れるコースであることを確認したが、長くは無いが最高斜度13%程度がある結構タフなコース。
確かに大きく立派なクスノキだが、民家の背後にそびえるので少し趣きに欠ける。大木は古刹や名勝が良く似合う。


5耐対策練の最終日。
梅雨明けの気温下で桂木西コースの中ほどを2往復×2というメニュー。暑さ対策や負荷時間、休憩時間など一応は5耐を意識したもの。なので、車でアクセスして猛暑下の移動による過剰消耗を防ぐ。
こんな風に追い込んで走るのっていつ以来だろう。正直言って楽しくないが、それなりに走るためにはこういった練習も仕方ないし、こうすればちょっこしだけど登りが嫌いでなくなる。
最後におなじみ甚五郎に寄って梅おろし蕎麦の中盛りを美味しくいただく。何たってこのあと自走で帰宅しなくも良いのが最高。

今日のデータからも弱いなりに練習になっているような気がするので結果◎。やって良かった。

これで全3回の5耐チーム錬は全終了。あとは軽い負荷でのローラーによるコンディショニングと体重維持を水木あたり予定。尚今回はイベントに際して禁酒や節酒は無し。同行してくれたチームメイトに深く感謝。


帰路、自宅付近で記録した外気温。いきなり39℃とは恐れ入った。この週末も暑そうだ。
F1000638


2010.07.17

物練 5耐に向けて-その2

梅雨明けっぽいので、先週より1時間30分前倒しの7:30スタート。

今日のメニューは、物5周回。休憩後、山村坂をSFRで4往復を1セットとして、2セット目標。
充実度高目だったので、2セット目はキャンセルして終了。

気温のせいか、先週より調子悪く感じたが、タイム的には同等だった。

今日  先週
13:02.0 13:20.0
13:45.0 13:05.0
13:18.0 13:27.0
13:29.0 13:13.0
13:04.0 13:29.0

明日はレストで、次回は7/19を計画。

今日のコース
周回
SFR

2010.07.13

どこどこ

どこどこ
レトロ版の復活?

2010.07.11

物周回練

来るCSC5時間耐久に向けた「登りはチョット」のグループ練。平和祈念公園駐車場まで各自車アクセスし、9:00頃周回開始。
要領は2箇所の信号は遵守、下のT字路も車が見える範囲で来ていたら一時停止。登り区間以外はペースを調整して毎回出来るだけ纏まって走るようなインターバル練として約2時間というもの。

過去の記録を調べたら、2007年の11月3日以来の物見山周回練であった。更に驚いたことに記録の残っている2003年以降の最長不倒周回数であった。過去は2003年2月の7周回が最高。

記録の方は、実停止時間や信号のためのペース調整が入るので誤差が多いが、予想以上に悪くは無かった。皆と一緒なのと、登りを繋ぐ区間ではHRの数値に注意してセーブ気味に走ったせいか、8周も意外に苦にならず練度も適度に高くとても良かった。

最近継続中のローラー練の効果も出ていそうで、短時間で効果的な練は、どのくらいのケイデンスで、何W位の負荷でやるインターバルが良いのか今日の実走が参考になればと思う。

帰路、川島のさなぶりに立ち寄り「冷汁うどん」をいただく。冷汁は初めてだったが、涼味があってとても美味しい。

13:20.0
13:05.0
13:27.0
13:13.0
13:29.0
15:12.0
15:42.0
14:44.0

今日のコースはこちらから。
次回は7/17を予定。

2010.07.10

新アルバム リリース ご案内

7月7日リリース。1st.ミニ アルバム。
Cloverjirusi01
待望の新アルバムが発売されています。ぜひぜひJ-POP好きな皆様に、また縁故知人の方々にもぜひご購入をお願いいたします。

ご購入はこちらからお願いします。直接渡しをご希望の場合はメールください。手元在庫次第ですが対応できると思います。

ライブ活動も精力的活動しています。お近くの方はこちらも足をお運びください。


放映予告(予測?) 
7/20(火)、19:00~ TBS系伸助社長のプロデュース大作戦で、先日の宮古ロックフェスの様子としてバック映像にRRの演奏映像が入るかもというものです。これはプロデュースの一環、レギュラーによる「宮古永住計画」のつながりで、フェス当日の総合司会がレギュラーということに端を発しているようです。
さてさて本当に映りこむのか、それは一瞬なのか、カットされてしまうのか楽しみではあります。

注意深く放映を見ていましたが、残念ながらロックフェスの場面は全カットとなったようです。

2010.07.09

完走記念

F1000633_2


ファンライドから小洒落た記念品(10mmOSコラムスペーサー、ステッカー)が送られてきた。
バイクパーツの記念品、これまで有りそうで無かったような気がする。大半の参加者にとって完走すること自体は難しいことではないが、タオルとかTシャツとかに比べたら、ちょっと嬉しい気の利いたグッズ。

数量と単価からすれば、バーエンドキャップとかケーブルアウターカバーとかインナーキャップなども出来そう。

初TDS

七夕の日、初TDS行ってきました。
Dscn2836_resize

Dscn2845_resize

昨年の女房の誕生日プレゼントにと、佑介から貰った2枚の1デイ パスポートの有効期限が、行動を伸び伸びにしていたせいで数ヵ月後に近付いてきてしまったのと、夏は暑いし激混みしそうだし、秋になれば自転車イベントとのスケジュールや予算で調整難しそうだったので、代休消化が発生した7月の七夕を選んだわけ。

数年振りに、エンターテインってこういう商売を言うんだと、あらためて感服、関心させられた。

良く言われるように、TDSは大人向け嗜好で、3箇所のパーマネント施設で繰り広げられるエンターテイメント(ブロードウェイ・ミュージックシアター、ドックサイトステージ、ハンガーステージ)のレベルが高く、ハーバーでの水上ショー(昼、夜の公演)もTDLのパレードが少し飽きてきた大人には新鮮で、大いに楽しめる。
食事の施設も数多く、アトラクションも悪くは無いが、エンターテイメントと食事を楽しみに出掛け、合間の時間をアトラクションで埋めれば、丸一日で丁度良い規模に感じる。


生憎、この日は休止中や調整中の人気(らしい)アトラクションが少なくなかったが、次回はエンターテインショーと食事、それから水上ショーを事前計画立てて行って見たい。
これで5800円は値ごろ感が強く、絶叫アトラクションだけの遊園施設がもはや流行らない理由のひとつを垣間見た気がする。


Continue reading "初TDS" »

2010.07.08

天道虫

F1000632


少し前に、ペパーミントとオレンジミントの小さな苗を購入し育てている、というか枯らさないようにしている。目的はアイスに乗せて食べるくらいしか思いつかないが、増やせたら楽しそうだし、シソ系の香りは元々好きな方なので。

少したってアブラムシの被害が出てきた。
ネットで調べると少量なら手で潰すか、テープでぺたぺた取り除くか、天道虫に食べさせるというのが多く目に付いた。最初は手で潰したり、テープで取ったが、小さな枝の付け根などは残ってしまい、結局それらがまた増えているような繰り返し。

先日の夕立でローラーやっていたら、窓から二星天道が迷い込んできた。シンクの排水ネットを掛けて中に入ってもらったら...もの凄い効果。彼はやがてアブラムシが居ると分るとあっという間に全滅にしてくれた。

アブラムシはペパーミントの方が多く付いたが、オレンジミントも放っておくと付く。なので今度はオレンジミントに引越しさせて、続く食事を提供してあげた。この後次の天道虫がやって来ないので、両方のネットを透明なパイプで繋ぎ、行き来できるようにしてあげた。
残念ながら、飼い主の気遣いが伝わらなかったようで、パイプを通ってオレンジミントからペパーミントに戻ることは数日なかった。

が本日ふと見ると、天道虫は最初に入ったペパーミントのネットの中をうろうろしていた。
ここで大きな問題。彼の永遠の餌になる筈のアブラムシが、天道虫を留めるためにネットを掛けたお陰もあってその後飛来?(発生)していないこと。
ひもじいのはかわいそうだから、この二星天道さんは今夜限りで開放してあげようかと思う。でもパイプを伝って行き来するのを見たい。
で、また発生したら今度は天道虫を近くの小川まで取りに行こう。

こんなことしてたら、女房にたいそう笑われた。

TDFも良いけど

Banner468

今夜から。
贔屓にしている泡盛「請福(せいふく)」のメルマガで知った、実はもやしもんファンで無いような事実。異業種コラボって言うのでしょうか、テレビオンエアに合わせ、もやしもん限定ラベルの請福4合瓶が25度に加水されて@1,500円とは...ご贔屓酒造がやることにしてはどうかと。もやしもん(コミック)は好きで、息子達が欠かさず買っているので全巻有るし、ドラマ化の噂は聞くには聞いていたが。

コミックからドラマになって感動することは、ほとんど無い。理由のひとつに声色がある。コミックなど活字を読んでいると、登場人物ごとに自分なりに声色をイメージしている。この傾向は小説など活字だけの読み物よりコミックや漫画のように活字情報より絵情報が多いものの場合顕著なように思う。

日本語吹き替えの洋画があまり好きでは無いのも同じような理由。

2010.07.05

夕立ローラー

夕立ローラー

2010.07.01

須三場

須三場
って、どんな意味?

NNEXと横浜駅は、ともかく。

« June 2010 | Main | August 2010 »