« April 2010 | Main | June 2010 »

May 2010

2010.05.31

越生(おごせ)産の梅で梅酒漬け

F1000617
京風鍋うどん。熱々で最後まで美味しい。

こちらおなじみ、ぼたんうどん。すっぱ辛さが絶妙です。
F1000618

越生甚五郎でツレと待ち合わせ。

なんと、自宅を車で出てから、約2時間に合流に成功するというハラハラ。シロクマ前は予定通り通過できたのだが、甚五郎に来れず、都幾川まで行っちゃったみたい。シロクマまで迎えに出ればこんなことにならなかったのに...。単独で来させたのは少し無理だったかな?ナビがあるから安心してたが、ひとりでナビ見ながら運転させることって普段やらせてないので仕方ないです。

この時期、近年我家では梅酒を漬けることが多くなった。いつも越生を走らせてもらっているのに、越生の梅をこれまで利用したことなくスーパーや八百屋で調達していた。今年は時々お世話になっている甚五郎さんにうどんを食べに行った折り、ご近所の農家を紹介してもらって購入することにした訳。

結局、甚五郎さんのすぐ先、道路右手のお宅にわざわざお声を掛けていただき、この週末は天気が悪いのでまだ収穫していなかったのを、おばあちゃんに頼んで採って貰った。収穫したてをツレが迷っている内に甚五郎さんまで届けてくれた。2kg1000円のところ、2.5kg1000円というサービスまでしてくれて、感謝感謝。梅も器量良しで粒も揃っていて、梅酒漬けには少し勿体無いくらいの品質。

今年は、ホワイトリカーとブランデーの2種。
F1000620

美味しくなぁれと、栓をして完了。
F1000621


5/30 皆のリハビリ練に参加

非公開の内輪練。どんよりと雲って気温も15℃前後と低い。前日までの終日雨予報は外れた様子。とある目的もあって連チャンでチーム練に参加。

7時半に集合したのは、岡部さん、山本さん、志村さん、石川さん。
皆前日の厳しいチーム練のリハビリが主目的とは言うが私を除いて健脚ぞろいなので迷惑掛けずに走れるかどうか。この日提案されたルートは、南回り逆走で毛呂から桂木を登り、越生大満に下りてシロクマへ。山本さんのみ高坂で別れ、山村坂SFR1時間メニューの後、帰宅し第2部河口練とのこと。

チーム錬メンバー連絡
<今後ACR河口練w/山本パパ+Jr+子供と女性のエントリーレベル。という企画も増えそうな兆しです。該当者は宜しくご準備下さい>

桂木の登り口のオートキャンプ場で、皆がトイレ休憩するというので自分だけ先行する。お陰さまで皆に追い付かれぬよう頑張って登ったので適度な錬度になってピークで皆を待つことに成功。この日は帰りの足を残さなくも良かったというのも大きい要素。いつものように皆に先行されると、適当に休んでしまうので遅いメンバーを時間差で先にスタートさせるというやりかたは、それなりの効果がありそう。(以前は時々やってましたね)

ピークの分岐で噴出した汗を拭っていたらすぐに、石川さんが現れ、そして直後に岡部さんが志村さんを引き連れ、後方が見えなかった筈のリードも、ごく僅かであったことを知る。

9:26:12 ピークから毛呂方面(見えない)。右手が右回りルート。左手が左回り観音ルート。
F1000614

9:26:28 石川さん。HC系も益々速く、強くなっています。
F1000615

9:27:42 岡部さん+志村さん
F1000616


シロクマで皆と別れた後、ツレとの合流まで越生をうろうろしたコース。69kmくらい


5/29 チーム練+ソロ

午後からの雨予報、翌日曜も雨予報。ならば物錬に参加せねば次週のHCに申し訳ない気持ち。
ただ、一旦快方に向かった喉風邪も前夜出張からの帰路、また悪化の兆しで大いに悩むところ。

目が覚め空を見上げれば、雨も午前中はまず大丈夫そうな予感。暫く振りのチーム練参加を決めた。

多忙の中ではあるが、比較的頻繁にローラーには乗っているので悪くは無いが、やはり外乗りしないとバランスに欠ける。
皆のコースは荒天予報でも、定峰+白石。足に応じたアプローチオプションが設定されていたが、この日は遠慮することに。それでも少しでも練習効果が欲しく、清澄後もノンストップ3段坂経由でソロ帰還。

77kmくらい。コース

2010.05.28

ED70

ED70

2010.05.27

このホテル

このホテル
このホテル
このホテル
いんじゃないの。
村さ来系のホテル内テナントみたいだけど、老舗リゾートエリアのホテルの一つの生き残りというか、再生の道か。
みなジモティが楽しそうに飲んでる。

どこ

どこ
どこ


出張続き…

2010.05.24

どこ

どこ
最近復活させたギガビート。
録画を持ち歩いている。これまで自宅で受信が上手くいかず諦めていたが録画の裏技をネットで見つけてからは快調。
その出費ゼロの裏技とは?裏技じゃないのだけど気づかなかった。

こちら大雨

こちら大雨

今日もどこどこ

今日もどこどこ
この先、最高速度、高度、傾斜記録予定。

2010.05.20

ここから帰京

ここから帰京
大混雑。

2010.05.19



錫のが欲しくなった。これはステンだけど。金属の冷たさがソーダ割りに合う。
明日は早いからこれで帰ろう。

やっと着いた

やっと着いた
やっと着いた
明日の仕事場に着いたら10過ぎてた。期せずしてボンバルだったし。
夕べの何かで腹こわした。ホタルかいくら、たぶん怪しかった。
今夜はイタ飯屋。

どこどこ

どこどこ
どこどこ

どこどこ泊まり

どこどこ泊まり
どこどこ泊まり
昨夜、某JR駅西口に降りる。ホテルで勧められた居酒屋、いま2レベルで×。

2010.05.18

どこからどこへ

どこからどこへ
これから移動

2010.05.14

今朝はここから

今朝はここから
窓拭き以外、ひねりなし

2010.05.13

あと一駅

あと一駅

ここどこ

ここどこ
新幹線で西方への移動はおそらくバレバレでしょう。
今回は乗車時間で推定されないように撮影とアップをずらしています。

復活どこどこ

復活どこどこ
予告
今月からまた以前のように、少し広域に担当することになりましたので、難易度上げて復活しようと思います。お付き合いください。

2010.05.12

「島旨」 すべてが旨くゆきますように

F1000574


沖縄市うるま市に工場のある古謝の新里酒造のすこしふざけた名前の泡盛25度。
いかにも加水している味だが、それゆえマイルドで泡盛が苦手な人にも薦められる。「かりゆし」とともに本土では比較的マイナーな酒造。

近所のパスポートが、改装閉店セール。店内を覗いたら泡盛の約4合瓶?(600-720ml)が特に安かったので色々あわせてまとめ買い。

F1000573


2010.05.08

物練

とても気持ち良い日でした。

日差しは強く、気温は高めでも、乾いた澄んだ空気がひんやり感じる。
里山の新緑も、季節の花々も。
横松郷の木漏れ日も良い感じ。
雀川林道、この日初めてというマキさんに案内することもできた。

走りのほうは...相変わらずイマイチでしたが、ご褒美のビアフェスタは行けるかな。

今日のコース

2010.05.06

CDプレーヤー

F1000567


練習の伴奏に使っているCDプレーヤーが最近不調気味に。
代替をネットで調べていたら、こんな便利なCDプレーヤーが有るのを知って驚く。MP3メモリータイプも販売されている。手軽さと用途を考慮してCDタイプにした。

ティアック(TEAC)と言えばオーディオの世界でも特にオープンリールデッキではその名を馳せたものだが昨今、身の回りでは忘れかけている。TASCAMはTEACの業務用音響ブランドだったことも知らなかった次第。

7日目 GW最終日

去年実施した小技。
それなりの効果を発揮したが、内容物の糖分で穴が詰まったり、下方の隅に滞って固まったり...

その後に入手したリューターで、も少し工夫して対策してみた。さらに良くなることを期待。
ファイバーが練りこまれた(強化)樹脂は、細工も結構大変です。
F1000566


2010.05.04

6日目

F1000562
合わせて105歳。So what!ですが

一方こちらのお二方は合わせてもうすぐ90歳くらい?健康バンザイ!
F1000560


前夜マキさんから折角の一本釣りでしたが、遅刻の上に即切れで失礼しました。
やはり2日続けてのサイクリングはツレにはきつかったようです。ここ約6カ月も乗っていなかったのに加え、普段から肩こりがひどかったのが原因のひとつ。

今日は本当に泣きが入ってました。川島消防署の交差点で引き返し、休み休み帰宅。
それでも昨日は43km、今日は50km位走ったので◎をあげます。

今日はまったく面白くなかったとの本人談。
連れまわす結果になってしまい反省。

Continue reading "6日目" »

2010.05.03

5日目

F1000558


大木うどん。
個人的には贔屓にしている。
好みが別れるうどんではある。

超極太のうどんの人気は継続中と見え、昼に食べたい方は早めに入ることをお薦めします。この日も我々のあと、4-5組で昼の部の麺が終了し、一旦暖簾が下げられました。
ここは暖簾置き場だったので、次回からはもう少し別の場所に置かせてもらいます。

帰路、子連れにこの日大人気の榎本牧場に立ち寄り、ジェラートをデザートに。
あと一回でうしのスタンプが一杯になる。

2010.05.02

4日目

F1000555


夕方になって、パン一でローラー45分乗った。

2010.05.01

3日目、桶川北本ICルート探索

今日のコース
昨今Wiggleでお買い物し過ぎた天罰か、クネクネ迷い道が多い。

遠山に行こうと思って出掛けたが、ソロだと距離的に少し飽きそうなので、圏央道の桶川北本ICの場所を確認しておくことに。さらに自宅からのアクセスに押さえておかねばならない上尾道路(17号バイパス)の状況も知っておきたかったので。

上江橋下のゴルフ場内を通過する道路、大掛かりな工事もほぼ終了しているのは上から見ていたので、そこも通過してみた。
榎本牧場の前を通って桶川の川田谷を目指す。川越栗橋線に出て左の道標を見れば迷わなかったはずだが、何故か旧道まで進んで、大木うどんのある右方面へいってしまう。ここから迷う。迷わせた理由のひとつに遠くに見えた高架があった。東に移動して間もなく見えなくなってしまったのだが、あれはICから先、桶川ジャンクション方面への工事中の高架だったようだ。

迷った末に、東に来過ぎていると感じ戻る。さっき直進したうどん屋近くの交差点にこれがあった。
F1000539


右折でICへ。この先下っていくと城山公園前そしてすぐに太郎右衛門橋。
この辺り、たしか旧大木うどん店があった場所...そうか、この工事地点に当ったのでうどん屋さんは少し東への移転を余儀なくされた、というか大当たりしたのかも知れない。不思議なのはバイパスに面した移転ではなく旧道沿い。もっとも口コミで十分入っている店だから正解かも。
F1000540

その先、目当ての桶川北本IC。
F1000542


乗って登りたかったが、狭すぎなので止めておいた。下りるなら出来そうだけど止めておいた。
F1000541


さて、帰路は上尾道路逆走。迷いつつ疑いつつも宮前ジャンクションまで何となく出てきたが、まだ道が完成していないので、お薦めは17号(本道)からのアクセス。でも愛宕辺りの渋滞を考えると、やはり極めておきたいルート。上尾道路はまだ完成途上ではあるが、ICアクセス以外にも使えそうな予感。
F1000547


最後にはこんなトラップも。ゼブラゾーンを進むのはやっぱNG。
F1000548

2日目

GW2日目の昨日は、行程の合う仲間が居なかったのでソロ練。
練のペースでは無かったが、清澄登りのみ自己比頑張ってみるが左コーナー手前で失速する。

清澄下って、仕分けで少し有名ななったJAXAの裏手に出られるらしい裏道を探すがどれもアウト。少し悔しかったので、鳩山CC側から行ってみた。立派なパラボラがあった。
F1000534


ここは以前は良く使った帰路ルートだが、物見山ピーク部に抜けるハイキング道路が車両通行止めになってからは行っていなかった。
自転車は軽車両なので「自転車を除く」となっていない限り通行止めの対象だが、この日は少々後ろめたさを感じつつ走ってみた。相変わらず気持ち良い林の中の小路だ。

この日のルート。この日行きたかったルートは拡大表示でわかる。ダート区間はどれくらいなのだろうか。

帰路、高坂から背後に忍び寄っていた松下さんに戸守まで気づかず、まったっり走をこの区間しっかり観察されてしまう。その後はそれまでのペース+10km/h位で少し向かい風の中ずっと引いてもらい、練習と呼ぶにふさわしい走りになり感謝。


さてさて、今日は何処行こうか。7時の秩父高原牧場隊もあったが、途中離脱予定者も多く斜度もきついので今日は遠慮。
この季節、こてまりやハナミズキなど春の草花が方々で綺麗。赤芽樫も色付いてる。つつじも咲き始めたので遠山エリアの里山もきれいな筈。

« April 2010 | Main | June 2010 »