« ソロ練 玉作水門 | Main | チェーン交換 »

2010.02.20

ステム換装 3T ArxTeam 110mm-17°

F1000459


Eliteのトレーナと同時に入手(46EUR)。
Cerveloをおろした時から使ってきた物と同じモデルの仕様違い、-17°タイプ。これはRS購入時から想定していたパーツだが、商品リストにはあっても現物の在庫が無く、これまで入手する機会がなかった。先日しむらだも-17°長ーいやつを持っていたので、最近になって流通し始めたのか。

コラム角度6°の差はバークランプ部の高さで、110×sin6°≒21mm(誤差あり。誤差が気持ち悪く気になる方のために高等数学による検討の結果…続きでご覧下さい)。これで下に10mmまでスペーサが入れられるようにコラムカットしてあるので、今回は下8mm、上2mmとしたので、≒21-8=13mm下げたことになる。

今日の3時間ライドでの感触はかなり◎。RSはヘッドの長さが長い設計なので、過去に乗ってきたジオメトリからこれ以上上げることはまず有り得ないと思い、これまでも下スペーサ0mmで上10mm残しでコラムを大胆にカットしていた。フレームに付属していたヘッドキャップも小畑君に標準のTallタイプから、Thinに変えてもらっていた。これで調整範囲がかなり増えたことになる。

高等数学を駆使した結果、RSのヘッドチューブ角は71度なので

ステム角による実下げ寸法は110mmにおいて、20.906mm
スペーサ厚さによる実上げ寸法は8mmにおいて、7.568mm

従って、今回は13.338mm下がり、同時に2.75mm遠くになったので、
より低く、より遠くになったわけです。

F1000462


« ソロ練 玉作水門 | Main | チェーン交換 »

04:男のガレージ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ステム換装 3T ArxTeam 110mm-17°:

« ソロ練 玉作水門 | Main | チェーン交換 »