« December 2009 | Main | February 2010 »

January 2010

2010.01.30

物練、ひとり早俣橋帰還

暖かな自転車日和になりそうな朝。
靴下外側、つま先の下に貼るタイプのほっかいろを、つま先の上面に貼ってみた。今日の気温はテストには向かず、無くても冷たくない。

厳寒期に、再度試してみたいがかなり効果有りそうだ。

F1000458

今日のコースはこちらガーミンコネクトから。
工事中通行止め区間では期せずして田圃の中の枝道ログ入手。GPSがあると初めての道を走るとき少しワクワクする。

ガーミンのGPSセッティングで、物練のSG地点をメモリーし、標高を7mと記憶させたら、設定エリア(半径30m以内だったか?)通過時に自動補正されるようになった。そもそもあそこが7mかどうか自信は無いが、我家のSG定点には11m標高補正を掛けた。
道路上の正しい標高(m単位)ってのはどうやって入手したら良いのだろうか。三角点データ?設置場所探すのが面倒そう。

59.13km (1月累計318km)

2010.01.28

どこどこ

どこどこ
こりゃ簡単か

2010.01.24

物練 殿岡クラシックコース

F1000447


後から、トイだんな、浅倉、志村、岡部、細沼、トイマリ(敬称略)
往路は10名?復路は7名(山本二、市川、遠藤の順で途中から別メニュー離脱)。山本さんには山村坂SFRで再会し、復路の川島でブチ抜かれた。

物練公開日だったが、集まったのは身内ばかりで、勝手がわからない人が居ないので最高に走りやすい。
自分が他のメンバーのストレスの原因になっていなければ良いが。

あらためて、この季節にとても良いコースだと思う。養護園裏坂の融雪剤の痕跡から凍結には要注意。復路の関越をくぐる枝ルートもはじめて。トモローで少し補給すればハンガーノックとも無縁。

今日のコースはガーミンコネクトから。

72.10km、 1,340cal (1/24全行程 82.42km)
覚え)1月累計 259km

2010.01.22

トルクレンチ

F1000445


自転車整備調整のために買ったトルクレンチ(手前)は、2-20N・mで6.35mm(=1/4in.)のスクエアドライブ。
車のアルミホイール着脱の為に買った(奥のやつ)は、30-180N・mで12.7mm(=1/2in.)のスクエアドライブ。

これらドライブ角を変換するソケットは以外に高価。以前カンパのウルトラトルククランクのセンターフィキシングボルト用(推奨トルク42N・m)に10mmのロングアーレンキソケット(9.5mm=3/8in.)を購入した時に、ソケットハンドルにあわせる為に9.5/12.7のアダプタは購入しておいたが、今回4個セットで580円というのを見つけたので購入。
これで各種ドライブ角の変換が出来るようになったが、先に購入したアダプタが余ってしまった。

20-30N・mのトルク管理はそれでも現状できないままだが、それは今後の課題に。


最近はあまりに寒すぎ外乗りを躊躇している。自分自身で折り合いを付ける為に時々時間を見つけてローラーには乗っているが、この練でBBのベアリングカップ付近からの異音に気づき、もしやBBカップの寿命(ベアリング外輪と擦れて摩耗)かもしれないと思い、在庫確認の折、いつも頼りにしているプロのメカニックに相談。カップよりもベアリングそのものの可能性が高いというアドバイスで、まずは自分で出来る点検を実施。

前回のグリースアップから約1年。多くのグリースが周辺に流れ出ているが、それ程悪くない。手触りでは何とも無さそうな感じ。流れ出したグリースが外輪とBBカップの間にも滲み、スラスト方向に動きやすくなっていて、左の波形バネ座もそれに応じて軋んでいる様子。

今回はグリースよりかなり硬い、Ba基の組立て用ペーストで様子見。このペースト、経験的に嵌めあい部とか軋み部、ネジ部潤滑には効果大。しかし少量の購入が難しく、個人用途には結構貴重なのでこれまで大事に使ってきたがアト2ccで終わってしまう。どこかで調達せねば。

ハンドクリーナ

F1000444


自転車のメンテナンスやその他各種リペア、車の掃除等はやはり素手に限ると思う。
しかし、終了後の手の汚れは落とし難い。

長らく愛用していたハンドクリーナー(右)が終わってしまい、ドイトでの購入を考えたが近年品数を圧倒的に減らしたドイトは正直期待薄。ネットで同様な製品を探すがなかなかヒットしない

諦め半分でドイトに行ったら、同じ製品があったので購入。帰宅後ラベルに記載あったBOLLというKey Wordを追加したらヒットした。

BOLLハンドクリーナー300g @598
これはお薦めです。指紋や爪の間の油よごれも、ふつうならブラシで洗うようなところも、比較的簡単に綺麗ななって、手荒れも殆どない。

2010.01.21

どこ

どこ
久し振りにランチ寿司。最近昼の時間帯に移動すると昼抜きが多い。ギリギリまでデスクを離れないせい。

2010.01.19

譜面台新調

F1000441

EWI購入時、店頭にあった安物譜面台を購入した。
確か1,000円でお釣りが来るような名も無い粗悪品、やはり安物買いの…だった。ネジ締め部が、脚1、高さ×2、譜面角度1の計4箇所あるが、特に高さを決めるネジの調子が最初から良くない。

ネットで色々物色していたら、管楽器スタンドでは聞いたことあるブランドハーキュレスの製品が価格の割りに品質良さそうだったので、サウンドハウスで早速ポチッと。
届けられた製品は、予想を裏切らないものだった。特筆すべきは固定ネジが脚部の1箇所(上の写真)で、ここはもともと滅多に調整しない。高さや角度はネジ締めで無くフリクションタイプ。

F1000442
肝心の譜面部もしっかりした作り。これで@2,500円(希小価3,385円)とは、Made in Chinaの物づくり恐るべし。

F1000443
老眼が進行中のせいか細かい譜面が見難いことも多くなり、ついでにLEDタイプの照明(@1,200)を買ったが…、これは暗転したステージでも見える程度の照度のもので、視力を補うには暗すぎで出番が無さそうな予感。

EWI購入後、約2年と1週間が経過した。


2010.01.18

昨日のシエル

東浦和のドッグランに爺婆だけでデビュー。
場所情報はここ。市営でボランティア団体(クラブ)が運営。利用料は無料で設備(環境、アクセス、駐車場、水道)も充実。

 

シエルが一番可愛かった。爺婆バカぶり発揮中です。
X-500にモードラ付けて銀塩写真にもトライ。走り回る動物撮るって、ものすごく難しい、予想はしてたけど。
上手く撮れれたら後日公開の予定。
F1000506

 

 

F1000507

 

 

 

シャトー・ミロール キュベ・ミラディー 2006

F1000515


頒布会通販によるワインの一本。早くも4回目。
選んだ頒布会のメニューは「味だめし 赤ワインコース」と言い、毎月2本で4,500円也。

正直なところ、毎月2本で4,500円あれば色々な選択肢があり、安くて美味いのに当る確立も低くないだろうから、それはそれで楽しい。ただ、かなり乏しくそして偏った男のワイン知識や経験に基づく購入基準はとても曖昧であり、手堅いものになりやすい。その点このような頒布会で、さらに何が送られて来るかわからないコースもすこし贅沢だが楽しい。
選択している側のソムリエやバイヤーも苦労していることだろうが、商売だから赤字も出せぬまい。このコースでは2本のうち1本はそこそこのビンテージ、通販市場でも(価格が)高いのか安いのかまったくわからない。もう1本は安物でも評価高いものというパターンになっているようだ。

で、昨夜のこのワイン。店頭に有ったら買います。
もう1回飲んでみたい。

2010.01.16

石垣島 平久保崎と川平湾

2_resize
2009.11.02 10:56 Canon COOLPIX S700 w/ArcSoft Panorama Maker4

_resize_tiltshift_2
2009.11.02 13:03 Canon COOLPIX S700 w/ArcSoft Panirama Maker4+TiltShiftMaker

Photo
2009.11.02 13:04 Canon COOLPIX S700 w/ArcSoft Panorama Maker4


2010.01.10

新年初乗り

1/9 ローラー練
前日のドックの後処理中で、戸外でのライドは止めておいた。

1/10 物練
希望するメニューの練習案内が出されたので参加。
後処理は昨夜でほぼ終了した様子だが、朝になって腹具合が今一。
毎度のことだがバリウムの排泄が終わると、少し便秘気味になってしまい少し憂鬱。そんなこんだで出遅れ、集合場所では皆が正にスタートしようとしていた。
皆さんへ新年の挨拶もままならず即スタート。多くの参加者だったが詳細は不明だが、お久し振りは遠藤さん、恒川さん、ゲスト小野寺さん、飛田さんあたり。

毎朝出るものが出ないのは気になるが、走り始めれば体調は悪くない。唯一悪いのは右足が痙攣気味なこと。前日から違和感あったものを何も処置せず放っておいた罰。
大東大坂は50×17で筋トレ。このギヤだと信号前の最後のひと登りがきつい。気温も徐々に上がってきて自転車日和が予想されるが、初乗りで無理しても...なので岩殿でひとり折り返す。

帰宅後、サロメチールで入念にマッサージ。これで明日も乗れそうだ。
購入したままずっと使用していなかったマッサージオイル、少し変質してそうなので廃棄。たぶん植物性油脂なので酸化劣化だと思う。

今日のコース(ずっと公開)

90.64km、1,617cal
(ローラー+物練。今シーズンは後車輪でセンシングしているのでローラーも加算予定)


絶対値は未補正(標高が判明している場所で設定可能)だが、早俣橋の位置が良くわかる標高図。物見山の山頂(展望台のあるところ)が138mだから、およそ10m高く表示されてるか。
Hayamatabashi_bridge


2010.01.09

請福グラス

F1000511


本土では泡盛をロックで呑む方が多いような気がするが、島人は水割りの方が一般的と言う。
請福名入れの水割りグラスが通販のおまけで付いてきた。中々味のある絵柄だし、ひとつでは寂しいので、次の機会にもう一脚買おうと思う。

A3トラブル

F1000513


購入後、大きな問題も無く快適でストレスフリーと書いたばかりのA3だが...。
A3、通常はオートエアコンモードがデフォルトなので、ECON(エコノミーモードのSW、コンプレッサーを強制キャンセルするためのSW)が点灯したままになることはなく、走行中に自然に消えオートモードになることもない。季節柄それほど不便しないが故障には違いなさそうなのでサービス工場に入庫。
診断システムによるチェックでACのガス圧センサーからの信号が、まったくCPUに来ていないらしいことがわかった。
冷媒ガス漏れは無さそうとのことで、まずは後日圧力センサーの交換。それで同じ症状ならCPUの交換というスケジュールが組まれた。完治するまでちょっと面倒。

同時に点検したDIS(ドライビング インフォメーション システム)の始動時の警告表示「Service !」は、前回2年点検時のリセット忘れらしいということで、再度リセットの処置で様子見することに。

走行関係はすこぶる好調であるが、外車らしいマイナートラブルがここにきて2件。

日光東照宮

Fh000017tiltshift_2
MINOLTA X-500, 45mm/F2.0 2009/08/22, Nikko Toshogu shrine, Japan
Editted with... http://tiltshiftmaker.com/

2010.01.08

新年初リペア2件

我家でリペアマンとなって久しいが、正月そうそうのリペアはあまり記憶が無い。

1件目
少し前から調子が悪くなっていたブラウン管テレビのリモコン。テレビはどこも壊れていないが、買い替えも遠くなさそうなご時世もあって放って置いたが、ON/OFFが異様に鈍くなったのでいつものようにダメモト(=当然ながらビデオのリモコンでも操作可能)で解体。

実はこのリモコン。解体がとても難しい。
電池蓋の中に小さなビスがひとつあるだけで、他に隠しネジはなさそうだが押しても引いても捻ってもケースが分割できない。普通ならこれ以上はヤバイというところまでこじっても開かない。
開いてみれば、中々上手に設計されているなあという程度。工夫もひねりも無く、ただただ爪がきちっとしていて一度嵌めこんでしまえば外れにくいだけ。
これを参考にされる方へ。写真で爪の位置と形状が分割の参考になると思います。
F1000507


案の定、反応の悪い基板上の接点が汚れていて、それをきれいにしたら...直りました。分解時に入ってしまった微小なヒビ割れと欠損(右上隅)を、裏からエポキシで補修して、その他の汚れも清掃し元通りに戻して終了。
F1000508


2件目
SILCA(男は昔からシリカって読むが、どうやらシルカが正しい?)のフロアポンプ。
年末に皮パッキンを交換して、さらに調子良くなったがその調子の割りにハンドルがみすぼらしく思えた。住処が玄関先のポーチなので長年の光線や時に風雨にも晒されたであろうから仕方ない。丈夫そうな木製なのでラッカーを一旦剥がし、色をちょちょっと塗れば...と思って早速作業開始。
比較的簡単に作業は進行し、クリアニスの出番。

ちょっと簡単すぎたので、SILCAのロゴとSince1917を描いてあげた。1917年創業が少し気になってそして気に入って。それは男が最初に勤めた会社の創業と同じだったから。そこで覚え習った多くのことが今でも男の大切な財産になっている。リペアに興味があるのも原点はそのあたり。
大正6年、それぞれを起業した創始者は2010年の今をどれだけ予想することが出来ただろう。
F1000510


2010年

みなさま、本年も宜しくお願いいたします。

 

新年は喪中もあって原則華美に過ごすことは自粛。そんな中、大晦日元日にかけて息子達の友人がやってきたり、彼ら二組のペアだけで元日初詣に行ったり、2日はシエルが我家に初外泊し、3日には家族+1匹揃って帰省したり、4日の3男の誕生日もお客さんが有ってのお祝いになり、ここ数年とは少し違った新年だった。

 

さて、2010年はどんな年にしよう。

 

仕事の方は、相変わらず変革のための渦中であり大きな変化は予想されないが、昨年以上に忙しくなりそうな予感。
自転車も相変わらず乗りたいが、レースやイベントへの参加を近年めっきり減らしたこともあり、目標が定まらず練習意欲や効果を考えないで乗るのはどうかと思い思案中。
愛車A3は早くも初回車検の年に。ということは据置きにした残金を決済しなければならない日が近いということでもある。計画的に準備はしてきたが、別の選択肢が無いわけでも無い。数十年ぶりに新車に乗換えたこと、選んだA3がほぼトラブルフリーだったこともあって、返済や維持費以外の不意な出費が殆ど無かったことは、好きな車のこととは言えストレス低減に貢献した。
長男はRRの活動を精力的にこなしているが、結果が出なくとも今年1年がある意味での正念場なのではと思う。
二男はシエルの世話と、社会人2年目でまったく余裕は無いだろう。
三男は漸く大学生らしくなってきたが、もう来年は就活が始まるので、雇用環境の推移が気になるところ。
女房は...分っていそうで男にはてんで分らない。どんな年にしようとしているのだろう。

 

 

1/2 これから初めての外泊
Dscn2411_resize

 

 

 

 

1/2 爺婆と共に近所の公園デビュー
Dscn2400_resize

 

 

1/3 郷里の運動公園でディスクドック目指して。運動量の多さは流石に牧羊犬種だ。これで5ヶ月犬とは驚き。
Dscn2417_trimresize

 

 

1/4 三男の誕生祝い
Dscn2428_resize

 

 

 

仕事初めは当初1/12で予定したがその目論みは結局適わず、6日はほぼ半日以上仕事の準備に追われ、7日は会議のため初出勤。そして1/8は予約していた人間ドック。
ドックは例年、年間最高コンディションに近い沖縄前後にしていたが、今年は混雑していて正月明けという一番厳しい時期に受診。体重+2kgの65Kg台、悪玉コレステロールの増加などそれなりの結果の終わったが、二人揃って再検を要する所見は今日のところは一切無く、一安心。

 

来週から今年もいよいよ本番が始まる。

« December 2009 | Main | February 2010 »