« October 2009 | Main | December 2009 »

November 2009

2009.11.29

復活練

F1000451


練習らしい練習は10月11日以来。
そろそろ強迫観念に似た焦りを感じるようになったので、天気予報が外れた様子の10時ごろスタート。
チームの仲間は7時半が大盛況だったが、それに乗って走るのは流石に無理。

ゆっくり入って中30分だけ160bpm台で走ってみた。
消防署を左折してゼルコバ練コースを大屋敷まで戻ってCRに出たら、物ポンズコラボで結局ドラえもんカラーになったもりもりがやってきて、ここからは喋りながら一緒に帰る。予定していたより随分速いペースだが二人だとあまり苦にならない

往路1時間9分、帰路1時間7分とやっぱり帰路の方が結構早め。

49.8km

2009.11.28

釣果

釣果
危うく、ひとりだけ坊主で終わるところだったが、午後になってレインボー2匹。
これはリリースしようとしたら別の針飲んでいたので可愛そうなので思い持ち帰って食べてあげることで供養に。

40センチ弱級の良い形。

Continue reading "釣果" »

2009.11.22

パーマラックス

F1000436


予てから試したかったカーワックス。

本日、東浦和に出かけた折に、三室のアルファさんで購入(@3,600)。
今からおよそ10年前、浦水に子ども達が通っていたので良く通った道ですが、随分開けてしまい見違える町並みになっています。

本当は日月定休(事前に調べておくべきだったのですが)とのことですが、祝勝忘年会とかで、店舗ガレージにAdvanテント出して皆さんで楽しそうにやっているところ、お邪魔してしまいましたが、こころよく品出ししていただき、おまけにとーますさんに良く似たチーフメカニックさんのお計らいで消費税サービスしていただきました。


パーマラックス、車以外にもバイクにも使えそうです。
少し使ったら、インプレ予定。

サイドボード

F1000417_2


琉球グラスがまた増えたので、サイドボードを整理した。高価なものは無いがその昔、自分で改造して付けた15Wレフ球を点けるとそれなりに見える。

上段を琉球グラス系
中段をステムグラス系
下段をゴブレット系

ボージョレー

F1000435_4

自分でボージョレーを買う事はしなくなったが、いただきものはやはり嬉しい。
今年は近所の翼がジャズマスターと共に持参してきた。

早速完飲。ボジョレーヌーヴォらしいフレッシュさに自然と笑顔になる。巷では今年はワイン当たり年と言われているが「その差」は自分にはわからない。ヌーヴォーはヌーヴォーの美味さしかわからない。

シロウトギター工房も今回で3本目。
昨日はアマゾンのお急ぎ便で、40Wコテ、吸取り線、コテクリーナ付き台、ヒートクリップを手配しておいたので前回より作業しやすかった。
要領や回路が分ってくれば、交換や改造もそれ程難しくない。機械屋の自分には電子化されたアンプなどは手も足も出ないが、こういったアナログ回路は視覚的にも分りやすい。

一番難しいのは作業前後で音がどう変わったかを知ること。この点において彼らの耳はかなり発達していて改造後のコメントが早い、というか一瞬で出る。「ボリューム効いてませんっ」とか。

2009ジャパンカップ放映予定

先にもご案内しましたが、備忘録として。
実際の放送予定はご自身で再確認のうえ視聴録画予約等してください。

BSフジ 「2009 ジャパンカップサイクルロードレース」
11月22日(日)13:00~13:55
http://www.bsfuji.tv/top/pub/2009cycle.html

テレ朝 11/23(月・祝)16:00~16:53
「自転車 その熱き夢 チャレンジ(仮称)」
http://www.tv-asahi.co.jp/sports/#programList

J SPORTS 「2009 ジャパンカップサイクルロードレース」
11月27日(金)23:00~J sports Plus
http://www.jsports.co.jp/search/sys/kensaku.cgi?kwd=%83W%83%83%83p%83%93%83J%83b%83v

2009.11.21

モノクロのガレージ

6月に鴻巣の自動車学校イベントで撮影したフィルムを漸く現像した。
X-500、45mmf2.0、この日モードラ初体験。

これはABARTH FIAT 600か?エンブレムが違うような気がするが。
11142009_001_resize

この車をルーツにする現代版はこちら

お約束のRSワタナベと思いますが、Neovaの選択はちょっと。
11142009_002_resize

ご興味ある方はこちら


これは何でしたっけ。LOMAXとかいうキット車かな?
11142009_006_resize

こんなの見つけました。我家?のシエルも乗せたら似合いそうな車。

これは...降参!でも美しい。
11142009_002_1resize


試乗会

これまでありそうで、なかった(と思う)試乗会案内。
対象車種を比較検討しているユーザーには朗報だが、自動車雑誌の特集を現場に持ち出した感もある。

強いブランドだからできる戦略。

***某社DMから引用***
☆ア〇〇ィさいたま『ココだけ耳より情報』☆
★━━━…‥・【 News 】・‥…━━━★
Brand比較試乗会開催!!
21・22・23日の3日間 特別試乗会を開催します。
メルセデス・ベンツ C200 エレガンス
BMW 320i 右ハンドル
をご用意致しました。〇〇〇i A4と比較試乗して
〇〇〇iの良さを納得して頂きたく

ご来場お待ちしております!

2009.11.20

持つべきものは

持つべきものは
お二人とも、いい男にますますなってきてます。
この席に、宇津さんとこたやんが居たらもっと良かったかな。
これから帰京します。

今朝も早よからどこどこへ

今朝も早よからどこどこへ
18時間1本勝負の予定

2009.11.19

石垣泡盛3種

F1000416


11月初めの石垣・沖縄旅行。初の石垣島現地で仕入れた泡盛3品。
石垣市内にある請福酒造。

今も直火蒸留を続けている酒蔵で石垣では有名のひとつ。直火といっても旧式は直炭火なのだろうが、量産品は流石に燃料炊きとのこと。

今回は普通に流通してるが少し高級な43度泡盛一升と、2006年蒸留保証の古酒、同じく43度。珍しい減圧蒸留25度のマリンブルー4合瓶の3本。

興味ある方は我家までどうぞ。月日の経過とともに無くなってますので悪しからず。

ワインの旅 イル・ブローロ コッリ・エウガネイ・メルローDOC2005

F1000385


こちらは福井の酒屋から届けられ、すぐに空けてしまったイタリアワイン。
市場価格的には安い部類だろうが、イタリアでメルロー100%とうのも珍しく、しかも美味い。メルローは甘さが引き立つことが多くあまり選ばないが、テーブルワイン級では十分過ぎるほどに美味しい。
イタリア=キャンティ・クラッシコと思っている人のお薦め。

ワインの旅 シャトード・ド・ラストゥール・グラン・ロンピュ 1997

F1000384


ACコルビエール
色々有って、高校の同窓が福井でやってる酒屋のお任せワイン頒布会で届いた1本。

正直美味い。但し敢えて言えば、赤ワインが嫌いな方にはどうやっても向かない。
ユリの花のような芳香と飲みやすい味わい。普段飲みには勿体無い感じ。1997年といえば我家がワインを頻繁に飲み始めた時期。もう12年前のことで、記憶では豊作年だったはず。

自分で選ばずに酒屋のソムリエが買い付けた頒布セットも楽しみ。


Continue reading "ワインの旅 シャトード・ド・ラストゥール・グラン・ロンピュ 1997" »

2009.11.17

THIS IS IT


ベタなタイトルですが、取り敢えずの公開期限に近付いたので大画面で観てきました。

正直生前はあまり真剣に見てませんが、何故かオーラは強く感じていました。
結果的にはメディアの(悪い側の)影響かと思いますが、過度の整形とか、幼児虐待とか、はては死因がどうのとか、一般市民にはネガティブな印象を多く残したMJかもしれませんが、近代における本当のエンターテイナーであったことをあらためて納得させられる気持ちの良いものでした。

本人は言うまでもなく半端無く凄いのですが、ダイレクターの言動は何度も感心させられる素晴らしい記録映画でした。

こんな風に書くと、色々な意見があるのでしょうね。


先日缶詰講師を務めた、某哲平さんが講義中に紹介していたので、観ておこうと思ったのですが、この機会に観ることができて良かった。

2009.11.16

ローラー乗ってみた

土曜日のこと。
有言実行ということで、blogを更新してから超々ひっさし振りにローラー乗ってみた。

途中で飽きてしまい止めようと思ったが、汗も出てきたので1時間まで我慢してやった。ケイデンスデータがセンサからの距離をダウンチューブ付近まで近づけないと拾わなくなった、何故?電池は新しい筈だけどタイラップ外してあれこれ点検するの面倒だし、取り敢えずそう不便でもないので対策も先送りに決定。
そういえば輪行でJC見に行った時もそうだったんだ。すっかり忘れるなど熱が冷めた?


1時間のローラーだけで、足が痛くなったので少し満足感。自転車休みすぎたので、毎日少しずつローラー再開し冬のLSD練に出られるようになればと思うので、冷め切ってはいないのだろう。


ツールド沖縄の参戦レポが方々で見られるようになったので、覚えあるところをあちこちネットサーフィン(笑

チームメイトも旧知の友人も皆無事に完走した模様。それ自体も初の出来事だと思うが、毎年人それぞれ色々な出来事や感想があってとても興味深い。もし参加したら自分にはどんな出来事があったのだろう。
今年は漁港のトンネル(昔の80kmスタート地点)で皆が足止めを喰らって、それ故に思惑通りは走れなかったり、完走出来たり出来なかったり。

過去の経験を生かして、各レースのスタート時間さえもう少し余裕を持つか工夫すれば、国際レースも、市民レースもすべて上手く走らせることが出来ると思うのに残念。

2009.11.14

ボロボロです

というわけで、どーいう訳かはちょっと脇に置いて、結局ボロボロです。
維持してきた基礎代謝能も遂に枯渇した感じで、カロリー過多による体内蓄積が始まっているような感じなので、これからローラー乗ってみようかと。

去年の今頃は沖縄に出なくてもRSの新車効果で比較的乗ってましたが、今年はそんなこんだで自転車にまったく触らずに、そろそろ1か月が過ぎようとしている。


昨日までの一週間はかんづめトレーニングを受講して、優秀な社員の側に(たぶん)入らなければならないわけです。こうなると今の職場を異動して全然別の仕事にチャレンジしたくなるものです、マジで。こんな意欲的な社員の気持ちとは裏腹に、来期から頼みのボー茄子は一律下がると先日一斉にメールが流れたばかりですが...

月曜日の9時までに某所に集合するために5時台に家を出なければならず、さらに遠方の方々は日曜から現地入りです。毎日9-17時のトレーニング。それも座学は少な目でワークショップがこれでもかという程に多い。参加23名中、知り合いは2名のみ。バブルの頃に大流行りした、例の「根性」モノの軍隊式トレーニングではありません、念のため。

開催されたリゾートハウスから最寄のコンビニまで歩いて30分...これは実際歩いてみたので間違い有りません。どうしてもATMにアクセスすることが必要だったので仕方なく歩いてみたと言うのが正しいのですけど。繁華街(それでも伊東駅周辺)までまタクシーで20分(約3000円)。自販機で調達できるアルコール類はビールのみ。
掛け流し温泉と露天風呂はあるけど、ネット環境は会議室のハブポート数だけという、今どきでは珍しい環境下で1週間殆ど歩かず、3食施設内で取り、しかも夕食時は好きなだけ(といっても参加者全員の割勘)晩酌ができる環境は結構厳しいものでしたよ。

2009.11.10

自転車持ってくれば良かった

缶詰されたPHの場所は川奈の先、富戸(ふと)。

湯河原合宿でコースとしていた、伊東港の先から海側を抜け城ケ崎ローソンに出る区間にある。
場所柄海側へ下ると急勾配ばかり。

距離は短いので登れると思う。
一体何日自転車から遠ざかれば、こんな感覚が薄れるのだろうか。


下の写真はリンク先の地図ポイントから坂を見上げた図。
自転車持ってくれば良かった
自転車持ってくれば良かった

かんづめ

石垣沖縄の余韻を楽しむ間も無く、金曜は終日トレーニングの講師を努める。日曜はRRのツアーライブファイナルを新しくなった渋谷Takeoff7にA3で出掛けた。

そして11/9から13まで、今度は某トレーニングの受講者としてPHに缶詰にされています。


かんづめ

2009.11.05

帰京

帰京
本来、明日あたりから入るのだろうが、ひと足早く帰ります。
あっという間の5日間でした。

2009.11.03

実況

実況
実況
実況

11/2に石垣ドライブ+竹富島を計画していたが、11/2は終日強風だったので竹富島は3日に延期。
しかし3日になってもまだ北風はあまり弱くならず竹富行きを決行することにした。

前日のドライブの最後に石垣港に立ち寄り、強風だったその日の運航状況を確認したところ結局欠航が無かったと聞いていたので、もはや行程に悩む必要はなかった。
そもそもこの日は午後の便で沖縄に移動するし、レンタカーも昼までに返却すればこの半日分はタダ同然のプランだったので、ほとんど行程変更にバリエーションが与えられないという環境も。

一番は、老夫婦にとってはこの次の機会は無いかもしれないということだったかもしれない。


竹富島まで10分という高速艇だったが、防波堤の外に出るなりスリル満点の航海も楽しめました。早い時間の出航だったので、乗客には竹富島の観光に従事していそうな従業員も多く、聞いたところ「冬場は珍しくないけど、今日は少し荒れてます」とのことでした。

竹富島に渡ったら、洋上と違って風も穏やかで、時折南国のそららしい晴れ間も出て、プチ離島観光は大満足。
次の機会には八重山島巡りという夢がやや現実味を増しまた感じ。
同世代の同僚には30年勤続の褒賞旅行というのを耳にすることが多いが、自分は65歳定年制度+定年退職が実現しない限り無理なので、まず不可能っぽい。

2009.11.01

ただいま到着

ただいま到着
残念ながら雨。

« October 2009 | Main | December 2009 »