« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

2009.10.31

6連痛チャリ

F1000386


F1000387


F1000388


ジャパンカップで見た痛いロード。ベース車両もディスクホイールもそれなりに高価で何だが、明らかに違う路線の方々であるのは間違いなさそう。

Continue reading "6連痛チャリ" »

2009.10.29

今日もどこどこ

今日もどこどこ
今日もどこどこ
今週は終日SOHOにいる日が無く、連日出張です。
さらに向こう二週はほぼ仕事にならない見込みなので頑張らねば。

Continue reading "今日もどこどこ" »

2009.10.23

忠孝と南波照間

久々の酒蔵ネタ。

先日、って言っても10月の初めのこと。ちょっと訳あってずっとご無沙汰だったパスポートに行ったら、ご当地サイズ瓶(600-700ml?)の泡盛が沢山並んでいた。
芋焼酎の後は泡盛ブームか?ま、ありえないでしょうけど。この透明なスクリューキャップ瓶に詰められた泡盛と個性あるラベルは雰囲気あって好きなんで2本も調達。

F1000357


で、こちらが南波照間(パイパティローマ)ですが今夜呑み★そうです。
実は左のラフロイグも先ほど空けてしまいました。ところで右のボウモア(パスポートが安い!)は成城石井プライベートブランド以来の購入です。と泡盛の共通点わかりますか?
F1000383


2009.10.22

シクロクロス応援+初観戦

10/18のこと、吉見運動公園でシクロクロスのレースがあるというので、ツレ練がてら応援+観戦に行ってみた。

見慣れたロードレースとかなり違う空気。観戦する側にとってはロードより面白そう。実はやってる側の人たちはもっと面白いという。

ドラフティングや休める区間がまったく無さそうで、ライディングテクニックやバイクコンディションにも大きく依存してそうで、その面ではすごく興味深い。
一方、選手達は終始ハーハーゼーゼー状態で、自分にはまるで苦手な長距離走をさせられてる時のよう。あれじゃ毎回血の味がするのではないかと、とても厳しいものに映った。
それに加えてあのドロドロ、やっぱ自分向きではないと思うが、レースでなく体もバイクも綺麗に片付けられれば楽しそう。

この日は、これまで出会った若干名の知り合いが参戦していた。
みっちゃんをはじめ、HIDEさんや、ゆういちとか三上店長などなど。MTBのナマ片山も初めて見る。

みっちゃんの写真を一枚だけ公開。


65.3km、Ave.22.5km/h

Continue reading "シクロクロス応援+初観戦" »

自動車税と車検

息子の所有する車の納税催告書(2度目の督促)が届いた。
今年の5月に車検を受けたので、本人もてっきり支払済みだと思い込み、自分もその筈と思っていたので最初の督促を無視していた。今回の催告は差し押さえ予告を含むものだったので、あらためておかしいと思い調べてみたら、どうやら支払っていないかもしれないということがわかった。

なぜそうなってしまったのか。
これは車検時に必須の「自動車税納税証明書」の有効期限に原因があると思う。取扱日付印(いわゆる領収印)のあるものは次年度の5月末まで、印の無い(その時点で未払い)場合はその年の7月末まで有効となっている。よって前年(H20年度)納付済みの証明書があればH21年5月末までは車検に必要な書類として有効で、どうしてこのような有効期限になっているかは疑問。

ならば...H21年度の通知書が届けられていて、未払いのままどこかに仕舞いこんでいる筈。
そして探させたら出てきた...なんてこったパンナコッタ。


長年車を所有してきて身近でこんなことに関るのは初めてだが、6月登録の車は初めてだったから勘違いが発生したと思う。もっとも納税通知が届けられたら然るべき期限に支払い手続きを済ませていれば何の問題も無いのは明か。
普通、納税通知は4/1時点の所有者宛に、4/1~翌3/31までの税金を徴収するために通知書が5月初旬には届けられ、5月末までに支払うことになっている筈であるが、今回(足立)の場合、通知書の発付が6/26で納期限が7月末となっていた理由がわからない。5月中に納税通知書が届いていればこんな面倒にはならなかったと思うし、腑に落ちないので都税事務センターに聞いたら丁寧に教えてくれ疑問が解決した。

納通の発送先は、以前の住所のままになったいたので、不達による住所調査執行によって現住所を割り出し、再送された。それで5月初旬に遅れて、6月26日発付7月末納期(特例措置)となった。
今回の10月6日催告で10/28日納期限は滞納による延滞金が付かないギリギリの日程で発送されているらしい。従って期限までに払えば、本来の納期限である5月末より約5ヵ月経過してしまったが、前記特例で一旦延長された7/31から、今回の催告発送日である10/19の延滞金が追徴されることになるが、追徴額が1000円未満なので結局は追徴されないということ。

あー、すっきり。

2009.10.13

続きどこどこ

続きどこどこ
難問だと思います、私には。

Continue reading "続きどこどこ" »

今日はどこどこ

今日はどこどこ
これじゃ絞れないでしょうが、ズバリどこ?

2009.10.12

ツレ練 11:38分発

吉見運動公園
4切れで250円の高価なサンドイッチと駄菓子

期せずして安いランチとなってしまった。スープヌードル150円、カップヌードルと何が違うのかわからなかった。
あの辺り、近くにコンビニがあれば便利なのだが。県道に出ればあるのかな。

多くの友人に出会った日。
集合場所の駐車場で、7:30練から戻って間もない松下さん、マキエさん。挨拶して少し歓談。
治水橋の所で、周回練お代わりしてきたらしい、山ちゃんと市川さん。
川越線踏切で三上クネゴさん。上江橋ではトイダンナ+トイマリ。
鳥羽井沼先のアマカメラマンがずらっと並ぶあたりで、モリモリ。何と折り返してきて人妻を降車させ軟派モード。私は遠くから手を振ってバイバイ。
その他、先方は気付いてもこちらが確認できなかった方が若干名居たかも。

今日のツレは結構頑張ってました。特に復路の向かい風は効いたのでは。大丈夫か夕飯の支度。

62.1km、Ave.22.3km/h

Continue reading "ツレ練 11:38分発" »

2009.10.11

先週のCiel(シエル)

7月22日、皆既日食の日に北海道で生まれたボーダーコリー♀で、名をCiel(シエル)と言います。
今日は初めて我家に遊びに来ています。我家はペット飼育(持ち込みも)禁止されている集合住宅なのでルール違反ですが、お客様だから仕方なしということで解釈してます。
出入りには(心無い犬嫌い住人の目に)特に気を使いますが、無駄吠えしないように躾けてあるので、家の中に居る限りわからないですね。

 

犬が家族の一員になったのは、10歳の頃以来で実家で最後に飼っていた雑柴のレオが亡くなってからかなりの年月が経っていますので、別居している息子のパートナーとは言え、我家でもウキウキです。

 

まだまだ赤ちゃん犬ですが、さてさてどんな子に育ち皆を楽しませてくれるのでしょうか、今から楽しみです。
うちの初孫、とてもカワイイです。

 

on 2009.10.04_15:33 Dscn2053_resize

 

 

 

ダンマヤ

F1000361


今日は家族皆でダンマヤランチ。
モルツの中瓶お願いしたら、水が冷やされていた?瓶が出てきてグラスに注いで驚いた。
セットメニューはライスかナンを選ぶのだが「ナンですか?」と聞かれると「何ですか?」に聞こえて楽しい。どちらもお代わり自由で、ナンを頼んでもライスでお代わりができる。
ウーロン茶をウーロンチャイと呼んでいる。ラッシーとチャイは美味しい。

物練とRSの1周年

休みも2日目になると、早起きが出来そうな(気がした)ので参加。

大事なレースを控えたこの時期、参加者はもともと走れる上に調子を上げてきているメンバーも多いので、自分の参加も憚れるが今日は朝からスカッと晴れてるし、サーベロ1周年記念日だし、帰宅時間も早めに予定しているのでたぶん大丈夫でしょう。

参加の皆は、明日の厳しい練習プランを睨んでか、皆押さえ気味。鳩ロー休憩で全員が南回りで。往路は向かい風だったがローテで。復路は次第に強くなる追い風に乗って、対向してくる多くのサイクリストに注意しながら良いペースで気持ち良く帰還。久し振りのアベ27km。

77.1km、Ave.27.0km/h

では、違いの判り難い男の1年後インプレ。

乗車距離:5,181km

総合評価:()内は去年の同日評価
1年経って買って良かったか-◎(◎)
2年目も乗り続けられそーか-◎(◎)
今組み換えたい所は-レコード11S一式(△バーテープの色と巻き始め位置)
新たな発見は-リムサイドを手入れした直後のホイールだったのでカンパのブレーキがまた最高の状態になった(カンパのFBダブルピボット、スケルトンてこんなに良かったの。もっと早く知れば良かった)

戦闘力は-たぶん高い。加齢とモチベーション低下による衰えを越えて余る性能を提供してくれている。今日も隊長から「練習して無いわりに乗れてますね」とお褒めの言葉をいただき、これも機材によるもの大だと思う。あとはエンジンの軽量化と効率向上で登りが早くなれば、TD沖縄復帰も有かな。サーベロはまだ沖縄行って無いし。

2009.10.07

RRツアー 第2弾名古屋のお知らせ

ラビットライダーツアー第2弾は今週金曜夜、名古屋クアトロです。

お近くの方はお誘いの上、お出掛け下さいませ。
チケットぴあでも前売りしてます。

台風に備えて急遽お休み

終日出張の予定を組んでいたが、帰京便の欠航が危ぶまれるエリアだったので、今朝になって延期を決定。

なので、目標消化しきれなそうな有給休暇とした。
別に何処行くわけでも、自転車に乗れる天気でもないけど、最近在宅勤務でON/OFFが曖昧になってしまっているので今日はスパッと休むことに。

と思っていたら、昼時間帯に電話会議を受けてしまい反省。
でも、今日は何喋ってるか全くわからなかった。やっぱ頭は休暇を欲していたようだ。

2009.10.04

初孫です

on 2009.09.30_12:03
Kc3i0027


9月末のこと、宏太に待望の家族ができました。
Cielって言います。自分的には「そら」のほうが良いように思いますが、♀なのでそれもありかな。

これから爺ちゃん婆ちゃんで可愛がりに行ってきます。

2009.10.03

ニューMD50mmの分解

いつの間にか使用しない標準レンズが増えてしまい、処分する。

マクロレンズという名目で、間違いを確信して入手した標準NMD50mmF1.4はジャンク処分すると言っても実用レベル級までメンテすることが出来た。レンズ手入れの技量も向上することが出来たし、入手時より少し高く落札されたので両得。
後玉の最前面にあったほぼ全面の薄いカビはクリーニングペーパーとクリーニング液で殆ど綺麗になってレンズユニット内部に至るような重症では無かった。

前玉ユニットの最前面レンズの背面の僅かなくもの巣状カビは撮影には影響しない程度と思われるが、気になるので敢えて分解清掃を試みた。

驚いたことに、ニューMDでは後玉ユニット、前玉ユニットとも構成レンズをバラバラにすることが出来なく、樹脂にインモールドされたかに見える薄い真鍮製?のレンズリテーナをかしめ(シーミングのような塑性変形)られていた。この分解方法が正しいかどうかは甚だ疑問であるが、慎重に周辺を少しづつめくり上げ、縁が半周ほどめくれたところで、レンズの縁にマイクロドライバーを差し込んで、チッピングしないように注意してこじると...パコンとレンズが外れました。
おそらく数十年振りに吸った空気、「フーッ」て感じなんでしょうかね。

右下が前玉ユニット。後玉ユニットの取り外しは簡単なので省略します。
F1000346


こちら前玉ユニット。ねじ部品は一切無く、外周は樹脂製。
F1000347


最初は要領がわからず、少し大胆にめくってみた(3時の位置)。これで接着は無さそうだったので、できるだけ少しだけめくることにしたが、構造上半周ちょっとはめくらないとレンズを戻すのが困難になる。

無事分離された最前面レンズと前玉ユニット。この先さらにレンズをばらすにはどうしたらよいのだろうか。見た限りでは困難。
F1000349_2


気になったカビも簡単に綺麗になったので裏表面だけだった模様。これ以上は深入りしないで元通りに。この工程はマイクロ(マイナス)ドライバと竹の割り箸をナイフ状に削ったへらでめくりを、普通の柔らかめの割り箸の断面などを上手に工夫して少しづつ回してかしめに使うとキズも付かず、ほとんど元通りにすることが出来る。

手元には敢えて古いモデルの、MDロッコール50mmF1.4を残すことにした。やっぱりミノルタにはロッコール(六甲に由来)の名前がある方が好みだ。


AUTO ROKKOR PF58mmF1.4ふたたび

期せずして年初に入手したレンズ。
絞り羽根が油で粘ついていて絞り込んだ後に開放に戻らず、絞りリングを回して開放にしていたが、先日専用工具を借りたのを機に思い切って分解清掃してみた。

同じタイミングで分解清掃したニューMD50mmF1.4と比べて、非常に良く出来ているというか、合理性の片鱗もなく完全分解できる構造で、プラスチック部品の使用も皆無、マイクロねじなど切削部品のようで、まさに精緻の結晶って感じ。当時の日本のものづくりの良さを垣間見れる製品である。

このレンズの為にその後手に入れた純正フードD57KB(これがまたオールアルミ製単純テーパーというビンテージ雰囲気ありありで◎)を付けて、モードラを装備してみた。
さて、58mmという自分には新鮮な焦点距離で何を撮ってみよう。
Dscn20311

RRライブ情報

本日よりRRのライブツアーが始まります。
お近くの方はぜひお出掛け下さい。

10/3西川口Hearts出番は3番目位とのこと。この先アウェーライブの連続、さてどうなることやら。

2009.10.02

どこどこ駅弁

どこどこ駅弁

« September 2009 | Main | November 2009 »