« August 2009 | Main | October 2009 »

September 2009

2009.09.27

9/27 戸田往復

ここ数日不調だったポラール速度センサーを再調整。
3TのFUNDAフォークの形状と旧センサーの形状がまったく合ってないのが主原因。少し小細工して良くなった感じ。
調子見に戸田の某宅まで、昨日お借りしたスペシャル工具をお返しに大宮BPを爆走気味に。

近くまで行ったところで少し迷って競艇場のランドマーク、電波タワーと遊歩橋のてっぺんをたよりにウロウロしてたら、二郎さんの奥様にバッタリ。チームジャージだったのですぐに気付かれたようでした。こんにちはお久し振りです。

帰路は戸田駅経由17号に出ようと、ちまちま裏道行ったらまた迷い、効率悪く17号に出て爆走。でも信号多くて楽チンでした。我家からの距離はこちらの方が近そう。信号多いけど17号は舗装や路肩の整備、電柱撤去など随分走りやすくなっていますね。

21.9km

祝完成!7F10で作るダブルバスレフ

Dsc07148_resize


去年の7月のバスレフ化遊びで少し低音域に改善が見られた往年の名機と信じてきたテクニクスの7cmフルレンジ7F-10。聴き慣れてくるとまだまだショボイ低音域に不満が募り、もっと鳴らないものかと盆休みに入る前からこれに適したバックロードホーンの図面を色々と物色。
どれも悪くはなさそうに思えるのだが、素材の歩留まりや、切り出しも大変そう。どれも長い音道にするための仕切り部材点数が多く、材料費も嵩むし組立も面倒そう。そんな折、ペットボトルスピーカーで有名らしい高速化事業部さんで公開されている「ダブルバスレフ」なるものに興味が湧き、長年(20年は経ってると思う)の使用によってエージング十分で残された寿命をまっとうしようとしているかにも思える7F-10をもう一度復活させることにした。

材料カットは少し前に紹介したストーリオさんにお願いして、高精度な切り板で入手。寸法、直角精度が高いので組立てはとても楽。端金や接着剤を圧着するプレスがあればさらに良い筈であるが、今回は手触りの勘と自分の体重や5ポンドのダンベル2個で接着組立て。

(9/2日)オリジナル板取図の配慮もあって、ほぼピタリの部材が届けられた。近所のドイト(のおっちゃん)では絶対こうは行かない。
F1000287

(9/11日)中はこんな風になります。内部にもダクトがあるのでダブルバスレフなのでしょうか。今回は少し豪華なバナナプラグ兼用ターミナルを使用するので、第2室側にターミナル穴を設け第一室側への影響を減らす。この効果についてはまったく自信なし。
F1000306

たっぷりの接着剤と体重プレスで密着させ、手触りで位置を微修正し、あとはダンベルにお任せ。
F1000307


(9/17日)生地完成。MDF材を使用したので、ツレの趣味トールペイントで我家に沢山在庫している水性アクリル絵具(デルタ・セラムコート)のトレイル・タンという色を最初だけシーラー(目止め剤)を混ぜて筆塗り、乾燥したらサンディングと何度かに分けて仕上げていく。色の変更も簡単なように、取り敢えずニス塗りは省略しておく。
F1000311

ビス穴はすべてM3鬼目ナットを使用する。このやり方はMDFには一番良さそうだが、ピッチ誤差の修正が効かないので下穴位置は特に慎重にして、あとはエイヤッと打ち込む。今回はピッチ誤差も許容内で大成功。
F1000332

スピーカー取り付け穴の背面はリューターでフレームの無い部分を逃がす。7F-10は7cmと小さなスピーカーなので15mm厚のバッフル板だとコーン背面への抜けが極端に狭く、効率悪そうなのでこうしたが、この根拠も効果もまったく自信なし。
F1000312


スピーカースタンドは思いつきの設計で、特別な組立てが要らない合いがき方式。材料は21mmのシナ合板。最初は立てて使うことだけを考えていたが、出来上がってみたら3通りの置き方が出来、置き方で音も変わるし何と言っても写真の向きがビジュアル的にも美しい。
これは正直どこのパクリでもなく、マイオリジナルだがもしかしたら誰かがどこかでやっているかも。移動にも収納にも(機会があれば)優れているし、寸法をちょこっと考慮すればワインラックにも(今回フルボトルは入らなかったが)。

主な費用
MDF15mm=¥5,451(カット送料込)
シナランバーコア合板21mm=¥5,205(同上)
ターミナルTK-30=¥565
バナナプラグIW-16=¥630
吸音材(特売の観賞魚用のフィルター)=200円


さてさて、肝心の音は...(続く予定)

9/26 物練、そしてネパール・インド・キッチン「ダンマヤ」へ

F1000339


「遅出、ゆっくり走り練」の呼びかけに集まった面々。
前から、市川さん、小湊さん、米谷さん、宇津さん、細沼さん、マキエさん、そして自分の7名。
この日、小湊さんはひとり早出して猿岩からGLへ、そして鎌北湖に下り、GLへ再度登り返し、一本杉?で下ってからのシロクマ合流。
市川さんと細沼さんが弓立てHCをプラスしている間に、事前の打合せ無に他のメンツはシロクマを後にしたのであるが、南周りコース上で追い付かれ、また皆で合流できたという、このメンバーならではの阿吽の呼吸。

帰路、消防署の先から爆走のきっかけを自ら作ってしまい、小湊、米谷がさらに輪を掛け、写真の裏道分岐まで少々厳しい時間帯がありましたが、メリハリが付いて自分には良い練習に。

たぶん85km、Ave.26km/h位(Polar速度センサ不調、時々ミスカウント発生で80.9km、Ave.25.8km/h)

Continue reading "9/26 物練、そしてネパール・インド・キッチン「ダンマヤ」へ" »

2009.09.24

出品間違いを確信して落札

ヤフオクにて、先日ちょっと妙な出品があり、出品間違いを確信して710円と超破格値で落札。
出品者がカメラマニアやカメラ屋ならば、確信犯以外にはありえない説明と写真。ところが骨董古物系のお店からの出品だったので、間違いと確信。

特に欲しい商品では無かったが、予想が的中すれば手元にあるマクロ付きのMDズーム35-70mmのマクロ倍率が増すし、レンズケース(無くても不便はしていないけど)も同時に手に入る。玉の状態が良ければ手入れして転売できる可能性も残る。

落札前に予想したのは、
・中間リングはNew MDマクロ50mm用に間違いなさそう。
・玉は50mmマクロではなく、標準系New MD 50mm f1.4と思われる。カビは後玉の内側であれば手入れは比較的簡単
・リヤキャップとレンズキャップの程度よければさらにGood。レンズケースは手元のズームにも使用できるかもしれない

出品されていた商品写真(商品説明は箱に表示されている通り)
50mmマクロセットにそぐわない外観。
Newmd50mmmacro

前玉も汚い
Rimg0196

激しくカビていそうだ
Rimg0199

リングはNew MDっぽい
Rimg0197


さてさて、結末は...

Continue reading "出品間違いを確信して落札" »

9/23 リハビリ走

赤城ツーリングの翌日は積極的休養日。もっともこの日、左尻頬のいつものおできが自己主張していて、乗るには乗れるが...ということもあった。やっぱり根治治療したほうが良いのか。

翌々日は、シルバーウィークの締めに、ツレと走ろうと考えていたが朝の内、本人あまり乗り気でない様子だったので、強制せずに少しのんびりしてから、11時過ぎにスタート。予定は2時間のリハビリ走。

はじめて桶川の本田APの事務所側の自販機で補給してみた。驚いたことに「サイクリストお断り」のような主旨の張り紙があって、とても残念に思う。場所柄共生できていると勝手に思い込んでいた。言われてみれば、最近このあたりにたむろしているサイクリストが以前に比べ減っているとは感じていた。さらに以前にはあったベンチが無くなっている。きっとAPの事務所前を我が物顔で占拠し、駄弁っているサイクリストに業を煮やしたのかな。

などと思っていたら、飛行船が着陸態勢に入ってきたので、急いで滑走路側に移動する。


だいたい40km弱(この日2台ともメーター不調で不明)、平均速度ゆっくり目~少し軽快まで。


爆弾が落下しているようにも見える。
F1000340


さてこの飛行船、どうやって着陸するかご存知ですか?尚、浮力は内部のヘリウムガスによって得ているようです。真下で見ていたら、その方法が推定できました。なるほどねって感じ。
F1000341_2


2009.09.22

9/21物練 群馬を走ろう

渡良瀬練を主宰する殿のシルバーウィーク企画に参加。
コースは水沼駅を基点終点にする赤城山麓1周に武尊の背嶺峠をプラスするという、難易度高いコース。今回の参加者は普通の人ではなく、世界戦に参戦したり、TRで走る方を筆頭に、皆結構な足揃いで自分とは明らかに別格。でも郷里のコースでもあるし景色も楽しめそうなので、得意の地図読みで逆走合流できるショートカットコースを考え、皆のペースを乱さず後半は出来るだけ一緒に走れるようにすることに。

参加者:殿岡さん、岡部さん、志村さん、細沼さん、志村みっちゃん、トイ旦那、そして私の7名。

基本周回コースはこれだが、後半は赤城南面(国道353)のかわりに、空っ風街道や、桐生CC梨木経由のかわりに高林、上神梅(かみかんばい)ルートとバリエーションが多く取れる。
結局今回は、時間も押していて皆の疲労度も高めだったこともあって、赤城南面+上神梅抜けのルートを選んだ。

川場田園プラザ(道の駅)から赤城西麓広域農道へは利根沼田望郷ラインで

ショートカット合流コースは
根利に下りた後、薗原ダムに上がらず、望郷ラインで川場田園プラザに進み、県道64号を北上し背嶺峠を下ってくる本隊に逆走合流後、皆で補給休憩するという案。
川場田園プラザから6km程遡った、武尊温泉の先で合流に成功できたので、一人旅のマイペースでは強度は低いが、往路もそれなりに楽しんだ。

128.7km【コース全線=135km】、Ave.20.8km/h

Continue reading "9/21物練 群馬を走ろう" »

2009.09.20

選手交代

F1000331


ここ何年も使ってきたヴィサルノのビジネスバッグ。最近は在宅勤務なので毎日使うことは無くなったが、コーナーのパイピングが擦れて中芯が出てきたり、ジッパーの引き手の皮タブが切れてしまったり、ナイロン地も今では時代遅れを感じる素材で全体的にくたびれてきてしまっていた。

購入当時はPCを日常的に持ち運ぶことなど非常に稀で、PCも入る機能的なビジネスバッグは皆無に近かった。その後PCも運べるトートタイプのバッグも使用しているが、出来ればビジネスバッグは拘りたいアイテム。息子達が就職の折に新しいバッグを買うのが少し羨ましかったが、もうひとつデザインや機能で決定打に欠けていたり購入機会を先延ばしにしてきた。

今回の交替選手は日本発祥ブランドマスターピースのビジネスバッグ。定番の黒や茶ではなくオレンジで、何とも嬉しい息子からの誕生日プレゼント。息子曰く「父さんならこの色持てると思って」だって。

期待にこたえて、お洒落に気を使って活躍してもらおうと思い選手交代宣言。

リハビリ練で秋ヶ瀬うろうろ

F1000322
肩が痛いとか言ってるので、近所をうろうろすることに。
Vサインなんて、一体幾つになると思ってるのでしょうね...でも、片手が出来るようになった証拠。

F1000324
リハビリに、さくらそう水門坂。

F1000328
今日の彩湖。中央奥に新都心の高層ビル群がきれいに見えています。

F1000330
今日のご褒美はミニストップの白桃ピーチパフェ、宇治抹茶パフェ。白桃ピーチパフェ、これヤバイ美味しさです。今なら何と248円!
この後、北浦和のSFKスズキにウインドショッピングへ。来期モデルのメットやシューズ、ツレの秋冬ウェア物色には少し早かったようです。新しい店舗はじめてでしたが、垢抜けています。お買得品には結構なディスカウントが設定されています。駐車駐輪スペースも以前の店舗より充実してます。

29.4km、Ave.18.1km/h

Continue reading "リハビリ練で秋ヶ瀬うろうろ" »

2009.09.19

そして…

そして…
なんとか登りきって、苦しいのか嬉しいのか、泣いてます。


帰路は追い風に乗って、あっという間にさなぶりまで。
今日はつけうどんとかけうどん(関東風)で、1,140円。ごちそうさまでした。
そして…


…ちょっとした事件がその後起きた。
入間大橋の駆け上がりを登り信号が変わって再スタートしたら、ツレの足が全く動かなくなってしまった。仕方なく上江橋までだましだましゆっくり走らせ、橋へのヘアピンで降車させ暫し休憩する。橋までは押しが入るが、その後急速に復活してきた。
原因のひとつに、脱水がある。この時期積極的に補水させないといけない。しかも昼食後すぐに走り始めたこともあって水分バランスが欠けたか。いずれも乗りなれている自分達には心配無い事ばかりだが初心者には気を付けて上げないと。

69km、Ave.21.9km/h

Continue reading "そして…" »

物見山

物見山
登ってます。今日も登りきってほしいですね。

2009.09.16

どこ0916 の最終回

どこ0916<br />
 の最終回
帰京します。
完食しました。

どこ0916-2

どこ0916-2
お手つきにご注意

どこどこ0916

どこどこ0916
すでに到着地からです

2009.09.14

大木うどんとジェラート走(練)

土曜に自己比しっかり走ったので、9/13(日)は時たまやってる、のんびりツレ調練にあわせて、今回新しい企画を立ち上げた。
普段チーム練を色々な形でサポートしてくれている奥様方や、だんだん大きくなって自転車に乗れるようになったお子様、またはしばらく物練から遠ざり、いきなりの復帰をためらってるメンバーだったり、新しい友達や恋人と一緒に走りたいが...であったり、要は物練本隊にはちょっと...といった環境の皆で集まってサイクリングペースで、自転車の楽しさを原点からという企画。

第1回参加者は私のツレ、ちょっぴりプクッとなった兼古さん。そして早朝練70kmを1本やってきたマキさんの4名。今回のコースはまず桶川の大木うどんで太麺を頂き、榎本牧場でジェラート食べ、左岸で戻るという、界隈サイクリストには定番のコースで運動公園SGで40km弱。
大木うどんの開店11時(本当は11時30分が開店時間目安だそうですが、その日の麺が仕込みできたら暖簾出すことに変わったみたい)に少し早いので、時間合わせのためにホンダAPでスカイダイビングを偶然近くに居た関係者からの解説付きで見学。さいたま市の防災ヘリの離陸も間近で見たり、牧場では山ちゃんが見張りに先行していたり、全自動搾乳ロボットとそれに慣れきっている牛達に驚いたり、ブタクサの花粉でタイヤが黄緑色になったり、普段と違う半日を楽しく過ごせ満足。

次回も基本日曜に計画しますので、日頃から自分以外の自転車も整備しておいてぜひご参加下さい。

45.2km、Ave.21.7km/h

写真は普段より多目なので(続き)で

Continue reading "大木うどんとジェラート走(練)" »

2009.09.12

桂木西からシロクマ休憩ルートで降られました

何とか午前中はもって欲しい雲行き。
7時集合は、岡部さん、二郎さんそして私の3名。今日はおしゃべりしながらのマターリ溯上で高坂神社東交差点(高坂BPで巨大ショッピングモールらしきを建設中のとこ)で個人坂練予定の二郎さんと別れ、南回りで岡部さんとデュオで毛呂桂木を目指す。

このころから待ち合わせの時間【9時シロクマ開店】もあってややペースアプした感じ。桂木は相変わらず趣きある好きで苦手なコース。でも今日は二人なのでおしゃべりしながら序盤を並走してもらう。ピーク少し前からパラパラきた。

越生に下りシロクマへ、たぶんこの日岡部さん2番乗りで自分が3番乗り。このころまでには結構びっしょり。空は明るいのになぁ。
暖かいコーヒーを少し口に含んでほーっとしてたら、小湊さんも濡れ濡れでやってきました。何ともう定峰白石回ってきたんだって、凄いです。

直後に雨も上がったように見えたので出発したが、すぐにまた降り出した。雨の日は最短最速3段坂経由で直帰する。高坂で対向してきた宇津さんも交え、今度は4名で走る。聞けば往路は戸守あたりから降っていたらしい。結局復路はほぼ全線小雨で、川島区間が若干上がっていた程度。ACRを離れ市内に入ったらまた本降りでびしょびしょ。


97.1km、Ave.24.7km/h

2009.09.11

RRライブ情報

ぜひお出掛け下さい!
RR初自主企画+2nd.アルバムレコ初だそうです。
私(バカ親も)も久し振りに行ってみようかと思います。

◎9月12日(土)
Rabbit Riderニューアルバム「空×おまじない=」レコ発ライブ
~空翔けるウサギ~
会場~渋谷TAKE OFF7・OPEN 17:45
 START 18:15
 Rabbit Riderの出演 21:00頃より

・出演
Rabbit Rider
アマノオト
Cloth
Footmark Makers
the Baby Boss

・チケット \2000(別途ワンドリンク)
http://hp.kutikomi.net/rabbit-rider/?n=page2

2009.09.09

どこ0909 続き

どこ0909<br />
 続き

どこどこ0909

どこどこ0909

2009.09.08

晩酌夕飯は「しばけん」て店

晩酌夕飯は「しばけん」て店
晩酌夕飯は「しばけん」て店
この炙りしめ鯖は美味い!
食道だって美味い。

どこ0908 続き

どこ0908<br />
 続き

どこどこ0908

2009.09.05

物見山練 8時30分組

最近あまり走れていない自分と宇津さんのリードで集合したのは4名。宇津さん、細沼さん、こたやん、自分。
何やら昔が偲ばれるメンバーばかりで、嬉しいです。

待ち合わせ場所の自販機が2台とも盗賊(たぶん未遂)の被害にあって使用できず、管理棟内の自販機を初めて使わさせていただく。
外観からはカセットコンロボンベ並みのLPGバーナーによるこじ開け跡と見えるが、それじゃプラスチック部品が燃えたり解けたりするだけで、たぶん開かないでしょう。そもそもそんなのんびりやってたら、自動警報装置によって警備会社がおまわりさん連れて飛んでくるのでは?やるなら重機とか油圧カッターとか酸素バーナーが要るのは他の自販機荒らしの記事で分っていない輩の犯行か。
もっとも、成功したとしても自販機には幾らも入っていないでしょうに。単価120円前後だから100本売り上げても12,000円。それとも死ぬほど喉が渇いていて、中身が欲しかったか?どっちにしても頭悪い奴。

善良な市民、特に自分達にまで迷惑が及んだので許さない。きっとどこかで足が付くので、それまでビクビク待っていたまえ頭悪い荒らし諸君。
F1000288


F1000289


清澄、泉井の中道、明覚駅裏抜けて、開店時間調整に越生梅林からあじさい道路の分岐まで行って、甚五郎へ。すでに暖簾が出ていてここで合流のマキさんと入店。先客が一組いらっしゃいましたが、その後定峰白石組みが到着し、店内はほぼ貸切。

今日は梅おろし蕎麦をいただきました。

帰路は南回りで。関越高坂SA手前の道付けが変わった切通しはこんな景色。旧道に比べ安全性はぐっと増したが難易度は下がった。撮影ポイントはこの辺りかな。
前から、浅倉、宇津、細沼、恒川、マキ。自分とラブラブ松下はフレーム外。
F1000291


101.2km、Ave.24.5km/h

2009.09.04

鬼目ナット

今回は「夢を現実に」してるという、ここから購入。
http://jitukawa.net/
F1000289_2

珍しいフランジボタンキャップスクリュー(M3×8)もあったので同時購入。

2009.09.03

車載レーダー探知機がネズミ捕りを感知した日

先日8/21、日光へ行ったときの事。
122号から120号を経由して明智平へ登る。もう少しで第二いろはに分岐する、直線が登りきってわずかに左折する場所。急な直線の登り上がりで、さらにわずかに左折なので前方が見え難い。地図で確認すると馬返のバス停付近。


だから徐行しろと言いたいのかも知れないが、登りきって車の向きが変わった途端レーダー探知機がウォーニング音。ほぼ同時にこちらに向かうレーダーと、傍らにヘッドセット付けたおまわりさんが真正面の路肩に。
速度出てたら絶対に間に合わない設定で、明らかにレーダー探知機を意識している。その先、いろは分岐の手前、左路肩に駐車スペースがあり、そこで御用という算段。

今回は運良くスピード出していなかったのでこんな汚いトラップには引っ掛からなかったが、よくもまあこんな場所でやるもんだ。本当はどんな気持ち(良心)で取り締まってるのか聞いてみたい。

田舎道はくわばらくわばら

はじめての鴻巣で

埼玉に越してきて早15年になろうとしているが、鴻巣の免許センターでの更新は初体験。

少なくともH11の更新時にはゴールド免許だったから、H6以降はずっと無事故無違反。よってもって最寄警察署での優良運転者講習で済んでいた。というルールも、実は今回の更新通知を受け取ってからあらためて認識したというくらい、近年交通違反には縁遠かった。

あらためて、免許更新とは当事者にとって面倒な手続きであって、関係省庁の甚大な再雇用を確保するためのようにも思え、かかる費用にいたっては更新手数料2,550円も講習手数料1,700円も、ましてや交通安全協会なるものの勧誘など、まったく合理的な説明がなされていない現状。まったくこの国はどうなってんだって感じ。

そもそも更新場所って各県にひとつしかないのか?東京は鮫洲とか、神奈川は二俣川かな?比較的至近に住んでいながらも、ほぼ半日を費やさなければならない現状の更新手続きなんて不合理極まりないと思う。もちろん更新講習の折に、新たな道交法のおさらいや、怠慢や不注意を原因とする交通事故の悲惨な結末をビデオで見せればある程度の抑止効果はあるだろうが、悪質や重大事故は一向に減っていない現状をどう説明するのか。


私は今回からICカード免許。これも本当の理由が良くわからず、本籍だけが免許証上から消えた(欄は残っている)。本籍照合のための暗証番号に4桁の数字を2組登録する。暗証番号を正しく使わないと身分証明書としての利用範囲が減るらしいとの説明も、偽造免許証を利用した振り込め詐欺又は無免許運転の犯罪防止とあるがこれも良くわからない。そもそも本籍欄を空欄とすることでプライバシーを保護するって、どういうこと?


兎にも角にも、鴻巣での初更新は無事終了した。保管してあった免許証と並べてみると、つくづくこの5年で老けたなぁと。頭がより薄くなったことは仕方が無いにしても、目眉頬口角などが少しずつ下がってきているのがその原因っぽい。

Continue reading "はじめての鴻巣で" »

2009.09.02

どこどこ

どこどこ

どこどこ

どこどこ

ストーリオ

DIY派、特に木工でとても便利そうなサイトを見つけ、盆明けに早速発注してみた。
届けられたのがこの写真。
今回は22mmのシナランバーコア材と15mmのMDFを使ってみた。さて、何を作ろうとしているのか。
F1000286


これまでもドイトなどで木材を買って、加工室のおっちゃんに図面見せて有償カットのサービスはあったが、問題点として
・板取図を考慮しないと、効率よく切り板が取れない。またそのために無駄な端材が出る。
・(特に)おっちゃんの技量によって精度が変わり、時に1-2mm誤差なんて許容せざるを得ない。
・切り出した板を持ち帰るのは重いし、梱包してくれないから面倒。

これらを解決してくれるプロショップ、ストーリオ
URLはhttp://www.storio.co.jp/shop/
上の写真で材料加工送料〆て10,655円でした。手間と精度考えたらお買得と思う。寸法チェックしたら精度抜群で0.5mm以下は明らか。シナ合板の「合がき」もぴったり。これなら組立ても超楽なのではと予想できる。
設計さえ出来れば、切り板図無でもwebから発注できるシステム。完成予想図を簡易CADで3D表現してくれるサービスもあるようだし、目的伝えれば設計上のアドバイスもいただけるとか。


木工加工は道具を揃えることも去ることながら、広い場所も必要で加工にはゴミも多く出るのでガレージを持つまではこんなサービスがありがたい。
ジグソーは持ってるので、最後の細かい加工(何の?)は自分でやる予定。


製作編に続く(かも)

Continue reading "ストーリオ" »

« August 2009 | Main | October 2009 »