« GW第10ステージ | Main | GW第11ステージ »

2009.05.08

VAI男にサプリメント、〆て12,000円の投資

動作緩慢、バッテリ持続時間短縮等、持ち主と同様に最近老化が目立つVAI男であるが、引退には持ち主の金銭的都合からも少し早く、もうひと働きしてもらいたいので、メモリー増設とバッテリー交換を敢行した。
いずれも社外品、というかメーカー純正は既に販売終了。まあ、あったとしても超割高だろうからきっとサードパーティー品を買った筈。

まずはメモリー。
STD仕様256MBは既に購入時に512MBへ換装をしていたので、空きスロットに仕様上限となる512MBを挿して1GBにする。中国製のバルク品をヤフオクで3,600円+送料500円と、バルク品相場の5、7千円と比べるとかなり安価だが一方で大丈夫かという不安も(MicroDIMM 172pin DDR-PC2700 333MHz=Sony VGP-MM512と信じ)。国産有名サードパーティー品は正規品だと2万円前後。

F1000133

中国語のギャランティーシールが怪しさ100倍って感じ。HYNIXってメモリーメーカー名なんでしょう。

F1000132

CHINA POSTも初体験。浙江義烏(場所がどこあたりで何て読むかも?)から5/3に投函され本日配達された。書留の受領証が雨で濡れて剥がれなくなってしまい、JP郵便の配達の方が困っていたのでハサミで封筒ごと切り離してお渡しした。中国郵便では良く有るらしいです。
F1000131


メモリー付けて動作確認してたら、今度はスペアバッテリーが届いた。
上が純正で下が今回手配したサードパーティー品でメーカー製造国不明というか、表示なし。こちらは楽天ショップで7180円+700円送料と、これもなかなか割安。但しバッテリ仕様が古いのか、発売当時の4400mAh容量。実は2007年11月に一度保証期間内に新品に交換している。この時は4400から4800mAhになったのだが、結局Sony Timerか何かで持続時間は短く、せいぜい3時間(当時のカタログスペックでは5時間)が限界になっていた。購入当時(2004.11)まで遡ればこのVAI男に起きたらしいトラブルは皆バッテリー絡みだった。最初は満充電に不具合が有ると思い点検に出したら、問題ないとつれない回答。その後暫く経ってからからマザーボードのリコールチェック(この時もバッテリー充電回路絡み)で返送点検。これも点検の結果OKと帰された。そして2007年のバッテリー急死で保証交換。
F1000135


で、認識も動作もOKで、こうやってblog更新も快適に出来ています。立ち上げ時間もシャットダウンも劇的は言いすぎですが、かなり早くなった感じです。でも新しい頃はこんな感じだったような気もしないでもない。
バッテリーの持続時間は今後どうなるか、何度か充放電してから比べてみようか。
F1000134

« GW第10ステージ | Main | GW第11ステージ »

01:新ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference VAI男にサプリメント、〆て12,000円の投資:

« GW第10ステージ | Main | GW第11ステージ »