« デュオ練で甚五郎 | Main | 老後の楽しみ »

2009.04.19

物練 強く短く

F1000147


山本さん、新車投入。巷で人気のSL2(サクソカラー)です。
F1000145

戸井さんのソロイスト。こちらは賞品とか?
F1000148

7:00の参加者は沢山で詳細略。
F1000144

このほかにもフレームアウトしてたり、ギリで登場するメンバーも多数
F1000146


今日は昨日の疲れもあって集合場所までも足が重い。夕方から青山某所でパーティーもあるし、歩けなくなっては困るので強く(自己比)短くを(急遽本日の)テーマにしたので前の方で走り始める。

復活中という位置づけ自分にとっては、やっぱり天文学的速さで、いきなりブッチ切れそう。メンツを見ればなるほどTR様がチラホラ、厳しいわけです。まずは入間大橋までは頑張ろうと決めた。
全日本モトクロスの決勝日もあって土手上には左の駐車場から上がってくるギャラリー多数。このお陰で後半ペースがぐっと下がり救われ、何とか橋までは連れてきてもらう。

でもその先、ACRに駆け上がって右手に沼がある辺りでブッ切れました。集団のケツの方でも、ほんの僅かな速度差にまったく対応できません、あー無念。インタバル的な走りはまったくやってないから当然と言えば当然ですが、これじゃレース参加はとても無理。

でもトイマリの姿も見えませんがどうしたのでしょう。

県道に出て運が良ければ信号で追いつくだろうと、集団を見送りつつも流して走っていると、集団はみるみるうちに視界から消えてしまい、後を見てもトイマリも見えず...三叉路で県道に合流するところが視界に入ったときは集団は既に県道に出てました。
表の交差点で集団が一瞬止まったように見えたが無情にも信号が青になったのか、また見えなくなってしまった。自分が着いたらちょうど赤信号。時間差にして1分ちょっとかな。さてこの先どこまで行こうかと思いを巡らせていたら、後方からトイデュオがやってきて連結させてもらうことに。トイ旦那が35km/h前後の良いペースで引続け、番手はトイマリ、ケツは自分ですが、何度か付き切れしそうになりながもトモローまで引いてもらう。

ここで終了決定。朝食代わりの少量を補給しソロで帰還。
物練はこんなペースが普通だったのかも。一緒に走れる日がこの先来るのだろうか。

53.8km、Ave27.9km/h


今日で練復活宣言後、第三クールを終了。
毎日触るという目標も、朝一から出張に出る日など厳しく、これまで5日完全休みになってしまった。
誤差多いデータだが、自分には低負荷なローラー練が減量には効いているような感じ。物練の強度は(自分にとって)高いが急発汗による水分減だけが顕著で、ローラーでの脂肪燃焼系の発汗とは違う。
April3


« デュオ練で甚五郎 | Main | 老後の楽しみ »

02:練習日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 物練 強く短く:

« デュオ練で甚五郎 | Main | 老後の楽しみ »