« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

2008.11.30

ヘルメットコレクション SPUIKSPIUKの退色

およそ2年前に購入したSPUIKSPIUK。
その約半年後、チームメイトも購入

最近、黄色の退色が目立ってきたなと思っていたが、ここにきて急速に退色が進んでいる。
黄色は退色しやすい筆頭色であることは知識として知っているが、塗料も改良されてきている筈。ましてやヘルメットは戸外で使用するものだし。浴びた紫外線だって他のメンバーから比べたら明らかに少ない筈。

スペイン製ってこんなものかな?比較的安価だったから2年でおしまいも仕方ない。でも勿体無い性分の自分としては今時許せない品質。

SPUIKSPIUK。そもそもバルベルデが被っていて惹かれたのだが、自分の中では次は無い選択肢に入った。さて、何に変えようか。

紫外線防止フィルムの入った楕円形のステッカーを剥がした部分(物見山シールの左上)は退色が遅れているのが良く判る。面白いことに剥がした時はまだ差が無かったので、紫外線の影響は深部に刷り込まれているのだろう。
直射の当たりにくい部分も退色は少ない。一度退色が始まると、加速度的に周囲に飛び火するかのよう。この先どこまで白くなるか、楽しみではないが興味深い。
F1000135


F1000136
光の具合ではなく、明らかに白くなってきているのがわかる。
後頭部バックルのプラスチック製の赤色も退色してみすぼらしい。ここもかなりポイント低い。

2008.11.29

デビュー

デビュー

珍しく、二人だけで夕食時間になった。
すこし高い外食になったが、息子と二人ガード下って機会もそうはないだろう。

余市と宮城峡

ニッカは偉大だ。アサヒビールは嫌いだ。

F1000132


F1000131


ちょっと写真が変です、気付きます?

11/28と11/29まとめて

今日11/29
朝が辛い。目覚ましは掛けたが自信がないので物練に参加宣言せず。
甚五郎直行という手もあったが、結局昼過ぎに用事もあるようだったので、普通に起きて朝ドラ見てから物見山方面に。
誰か帰ってこないかと対向を見ながらのんびり進む。ACRでフィッツジャーが引く4-5名の集団が2列でやってくる。そのしんがりに屋代さん。101万ドル級の笑顔で手を振ってもらってこちらをとてもハッピーにしてくれる。
チーム練メンバーでは、トイオクと体を張る笑顔である。
消防署の信号で、モリモリと山本さんのデュオがやってきたので、彼らと一緒に引き返す。
急激にペースが上がるが、ここまで流してきたので丁度良い感じ。

47.2km、Ave.24.3km/h


昨日11/28
天気があまりに急激な回復を見せたので、路面は濡れ気味だが、EWIの練習も、スイムの練習もそっちのけで彩湖に出かける。
やっぱ濡れ気味の路面が方々に。幸魂大橋下坂を何度かクルクル練。
帰路図書館で予約本を受け取り終了。
16:30目安で帰宅しないと、辺りが急に暗くなるこのごろ。

25.1km、Ave.20.3km/h

帰宅後EWI練。(お気に入り順番はバイク>EWI>SWIMなのかな?)
I remenber clifford、うーんムズい。バラードは譜を追うのは簡単だけど、聴かせるように吹くのはやっぱり難しい。
ペット特有のパラッパラッパラッというタンギングとバルブの感じが出せない。音色もペットには遠い。
そもそも奏者の技量も足らない...

EWI4000Sには本体に100種のプリセット音(実際は81-100が重複しているので80種類)が設定保存されているのだが、そのまま使えるのもが少ない。
Tスクエアの演奏などで使われている音色は当然入っていない。UniQuestというバンドルされているソフトで編集保存が思いのまま...の筈なのだが、これまた波形を選んだりいじったりで、敷居がちょいと高いのでまだやってない。TAKARAJIMAとTRUTHのパラメータは雑誌記事で公開されてるのだが。

管楽器の音色を忠実に再現する音源?もあるようだが、EWI4000s入力で使えるのだろうか。いまだ音源とかMIDIとかの方面、滅法弱く手も足も出せない。MIDIケーブルはIN/OUT2本買ってあり、IFは息子のが使えるみたいだが。

2008.11.28

ビアンキ

という訳で、今日も有給を有意義に過ごす。

つもりが朝から強い雨...

なので、昨夜ビアンキに乗って浦和まで出掛けた際、変速機の調子も今一で、外観も薄汚くみすぼらしかったので、メンテの日とする。
午前中の殆どを掛け手入れしたので、調子も上々で気分もさっぱり。
ブレーキシューもかなり減って、ワイヤーキャップの割れも方々に。タキザワカタログ来たら、小物パーツを集めてオーバーホールしようかなどと思う。
チェレステカラーのタッチアップペイントって無いものだろうか。


BBの後に、杉並区の防犯登録証と、OKシールを見つけ、懐かしさが湧いてくる。
今でこそビアンキに胸をときめかせる事は無くなったが、当時はもの凄く思い入れがあったブランド。1996年の年末にツレへのクリスマスプレゼントとして杉並のフレンド商会で購入したもの。
96年12月OKのステッカーはおそらくショップが貼ったものだろう。メーカー完成車仕様だが、部分組立てで入荷したものを、ショップで組上げ、組完点検完了のマークと思う。

F1000126

ヘッドマークも好き。シールなのはちょっと残念だが。
いずれにしても、これからもずっと持っていたいバイクだ。
F1000127

そんなこんなをしている内に、雨は上がり外は急激に天気が回復し、強い日差しが照り始めた。
路面が乾けば、これから外乗りできるかも知れない。
バイクはちょい乗りにして、スイム練も良いな。


だめなら絶対EWIの練習。

雑誌の最新号に「アイ・リメンバー・クリフォード」がカラオケCD付きで掲載がある。
クリフォード・ブラウンを追悼して作曲されたバラード。綺麗な音色で吹ければそれなりに格好良い。当然楽譜はB♭で音色もペットでなければならない。この点EWIなら転調簡単、音色は誰が吹いてもほぼ同じで、音色も完璧には程遠いが、ペットっぽいものが選べる。
F1000128
F1000130


話は前後するが、どういう訳で有給かと言えば、ありがたいことに年間の有給消化が必須の会社に雇ってもらっている。
TD沖縄のために11月にとっておいた有給を消化するために今月は金曜や月曜で4日の休暇を消化したわけ。暦上の連休やドックもあったので、何と13日勤務の11月となった。12月も3日消化しないと大変なことになるが、師走にそんなに休むと大変なことになることもあるので、最後の手段は休んだことにして仕事する。

2008.11.27

げんさん@浦和

げんさん

ちょっとした訳あって、ツレと就業後に自転車で。
お値段安め、美味さ高め、お店の感じ良い感じ。


基本、中華なので甕だしの紹興酒をぬる燗で頂く。かなりドライな味。
F1000123


白湯と薬膳の2色なべ(2,900円/2人前)
薬膳スープの香りが良い。白湯は濃いせいかすこし白湯臭が香る。この日の〆は中華麺にした(+250円)。
F1000122

ピータンも美味かった。
写真を撮りそこなったが、ピータン盛り付けの参考にもなった。(覚え、素揚にんにく、白髪葱、たかのつめ、ドレッシング、ごま油)


2008.11.24

名車KG486その後

当面の居場所を色々考えたが、居間の西側の天井近くに木製のラックを少し加工して。
美しい造形のフレームなので高級インテリアになると思うのは自分だけかな。時計を見るたびに視界に入る。

撮り直し
F1000125

TYRCONNELL, Flaming Cask 2001

ティルコーネルとフレイミングカスク2001。
前者はシングルモルトと書かれています。後者はArdbeg, Laphroaig, Bowmore &Caol lla(アードベッグ、ラフロイグ、ボウモア、カリラって読む?)が入っていると書かれている。61.3%Alc.というのも?
これまでこの分野にはまったく足を踏み入れなかったので、知識も薀蓄も皆無。違った味に出会えるのが面白い。
自転車も良いけど、酒が美味い季節だ。

F1000119


<後記>
12/24 ティルコーネル完飲姦淫。次に出会ったら買う度=2点☆☆★
12/26 フレーミングカスク完飲。このシリーズ他に2種ある様子。再買度=3点満点☆☆☆

2008.11.23

手直し

下の写真はずっと以前に組み直した手組みホイール。

リムはタキザワの並行輸入によるMavicオープンプロ32Hの赤。赤いオープンプロは珍しいと思う。スポークホール数が違えば完組のヘリウムのリムと同じ。これを入手したのはもっともっと以前に遡り、アメクラの前後ハブとDTのバテッドスポークで組んだ佑介用のホイールだった。
2006年3月に555のホイールにすべくケンタのグレーハブを手に入れ、DTのプレーンスポークでフロントラジアル、リヤフリー側タンジェント+Lラジアルで組んだもの。
手持ちのカンパ10Sのコグは2セットしかないので、最近はもっぱら留守番だった。

メカ好きの方はよく見てください。どこか変ですね、わかりますか?
自分は前々から気付いていたのですが、どちらも大差がない(筈な)のでそのまま乗ってました。

F1000112

で、本日の暇に任せて流儀にそって組み直してみた。
F1000115

「ロードバイクの科学」にも掲載されていたのでつい遊び心で、手組みのG3風にしてみた。
なるほどスポークテンションのバランスは悪くなさそうだ。剛性も問題なさそうなので、後日実走予定。
フロントも変則にしようかと迷ったが、32本ラジアルでは間引きに良いアイデアが無いのでヤメ。ノーマルリムで16本ラジアルは冒険だ。


G3っぽい
F1000116


2008.11.22

八年古酒 まるだい

F1000111


泡盛といなだの刺身。
今帰仁酒造の沖縄限定品だったかな。長男がちびちび呑んでた彼自身への土産を謹んで完飲。

麺食い隊 甚五郎編

F1000110_2


すみれうどん(小盛)@甚五郎。
少し塩っぱいのが、運動の途中には丁度良い。煮込んだ牛肉と葱、シンプルで美味い。ご飯も欲しくなる味。

メイタンGDRの宮澤選手(本物ですよね)、何故かノーヘル。一度見逃したがやっぱACRの掟として一言注意しようと後半マジで追ったら、信号の協力もあってあと一歩まで追い詰めた...が逃げられた。

89.3km、Ave.24.6km/h

2008.11.21

静かな週末

F1000109

ひとりの夕刻はとても珍しいこと。
ツレは隣の部屋で寝てます...風邪ひいちゃったようです。
ここのところ、朝食は早朝からそして夕食は深夜まで、家族の食事時間が開始から完了まで長く掛かり、その名の通り昼前後のパートタイムのはずのパートも何故か多忙気味で、その上最後のPTAも頑張ってる。

そんな疲れが徐々に溜まったのでしょう。

でも滅多に無いのだが、そうやって具合が悪くなると家族、特に子ども達は敏感に反応してしっかり者になる。今夜は皆それぞれの用事があって、もう暫くは帰宅しないが。

アテは、昨夜のおでん、チーズ盛り合わせ。
ブルーは匂いがきつくなってきたのでそろそろ賞味期限か。でも外周を薄く切って中身にすれば普通になる。きっと外周に違ったカビが付いたのだろう。雪印のカマンベール(wはたまたま冷蔵庫にあった。明治十勝のブラックペッパーはプロセスチーズだけど、最近ではお気に入り。安物だけどゴーダのようなパサパサ感が良い。

メインは大宮駅中(エキュート)のPAULで買ったフィグ系のパンとベリー系のパンをオリーブ油で。
そして開栓3日目のシチリアワイン(シラー種)。好きな品種はテンプラニーリョ、モンテプルチァーノ、シラー、カベルネ/メルローブレンドなどであるが、シラー100%も好き。前者の二つはスペインのが好きで、シラー種のはシチリアが好み。でも本当は良くわかっていなく、美味かった記憶がそうさせているに過ぎない。

実はそのワインが空いてしまったのでこうやってblogを打てるわけ。

さて、次は何にしようか...アイリッシュのシングルをソーダでなんてどうだろう。
あー俺もサイフォンが欲しくなってきたぞ。

バリウム後遺症、まだお腹がグルグル言ってるのでもう少し水分をアルコール分と一緒に採ろうと思う。

ドックのお供に

F1000107


今日はこの時期恒例の人間ドック。
待ち時間潰し用にと、数日前に立ち読みしたムック本を昨夜中に購入。興味深い内容がちらほらあったのに、その場で買わなかったのは、何となくスラスラ読めなかったから。

最近のドックは毎年回転重視に改善が進められ、殆ど待つことが少なくなり、まるで被検者が回転寿司のコンベヤに乗っているようで読書には適さないのだが、立ち読みよりはまし。結果、少しだけ拾い読みした感想として「なかなか面白い」という評価に。自分も憚らずに言えば機械屋だが、本当の機械屋頭は1995年以降、ほとんど休止しているも同様なのでスラスラ読むには少し時間が必要だ。でも、書いてある理論、理屈は良く判っているつもり。

実験や検証を含めて、こんな面倒な要素を良くまとめるなと思う。そしてそれらを一冊の本にするのはさぞ大変な作業だろうと思う。これが仕事ならいざしらず著者の本業は本田技研のエンジニアだそうだ。年齢も近いので親近感が湧く。彼は栃木辺りを走っているのだろうか。

肝心のドック、今年も優等生とのこと。
飲酒パターン。問診票に毎晩日本酒換算で2合と書いたら「少し多いですね」と、若くて可愛いくて、ボーイッシュな(色気無し)女医さんに指摘された。良く考えたらそんなに飲んでいないことに気付いた。晩酌2合なら5日で一升瓶が空くことになるはずだから。

バリウムだけは好きになれない。あの分野で何か技術革新を期待したいのは私だけでないはず。

2008.11.17

11/16 炭八@新都心でチーム飲み会

チーム恒例BBQは荒天予報のために中止。
結果的には「やれば出来た」天気だったが、前日の予報で気を殺がれたのが大きい。あの手のイベントは乗りが不可欠だから。

当初より代案だった炭八。最近この界隈で勢いのある炭焼きホルモン店。それでも午後から焼いて飲める店は少なく、新都心店で。大方の皆様には少々アクセス悪く恐縮です。またホワイトカラーな家庭で健全に育てられた方々には「ホルモン」は未だ敷居が高いと見えて、参加者はそれなりのメンツ。

でも楽しかったさー。早めの帰宅で翌日の影響もなかったのでは。
自分はしっかり下痢して体重増加に歯止め掛かりましたけど、原因は帰宅後少し横になって腹冷やした模様。

良く飲んで、良く食った明朗会計。今回は計算が出来た。飲兵衛からすると下戸さん達が沢山食ってくれると安心していられます。それでも一部の方には割り勘負けさせてしまったかもしれません。次回は勝ってもらいますのでお申し出下さいというか、次回はオーダー頑張ってください。

F1000104
まずはTD沖縄2008市民200km3位入賞選手の脛を激写。
手前の丸いのは私のあたま...ではありませんから。

F1000101

この先、関係者外クリック禁止。(クリックするとログが残ります)

Continue reading "11/16 炭八@新都心でチーム飲み会" »

物見山の紅葉

今日は有給。
日中気温約20℃の予報。ニーウォーマ、夏生地長袖、半袖ウィンターアンダー、指きりグローブ、ベストという初秋の装束でも暑い。

平和資料館、今日は休館日だったが、紅葉が楽しめるのももう残り少ない。
F1000106

F1000108


F1000111
上の写真。現地では気付かなかったが、心無い落書をされ、上手く消した形跡が残っている。よく読みとれないが、川口キタ?と読める。特定は出来ないが続くのは○○学校だろうか。ならば学校行事で来た折にヤッタのだろうか。

物見山山頂はこちら。標高135mには小規模ながら広場と展望台と水場がある。
周りの木立が少し高く、それゆえ最上部からでも展望は部分的で、眺望遥かとはいかない。きっと昔は木が低かったのだろう。
2001年設立の我ら「チーム物見山」。名前の由来は正にここだが滅多に来ない。平和資料館側からすぐ下までバイクで登ってこれるが担がないとここまで来れない。最後の舗装部は苔むしていて、コケずに登る難易度大。
岩殿観音の県道沿いの公衆トイレ裏の階段上がればすぐ。
F1000110

こちら、いつもの景色。平和資料館駐車場から。
F1000109


帰路は南風で少し疲れた。週末はドックなので少しだけ好成績になるように配慮して練習。
70.1km、Ave.24.1km/h

2008.11.15

なになになに

なになになに
送り状入れの右にある上下ふたつのループ、何のため?

初日のサイクリングは最高だったし、その後の会議も宴会も無事終了し、輪行であったこともホテルスタッフ以外誰にも知られず、癒された那須アンダルシア。
さらに、志村夫妻が子育て前の思い出旅行に来ていたりしていて、我ながらとても良い企画だった。

那須高原を走ったのは初めてだったが、その地形からも予想されたとおり自転車乗るのに最高のロケーションのひとつだ。

77.6km(2日で)、Ave.23.3km/h

2008.11.14

イタリア小僧のテラスでペスカトーレ 那須アンダルシア3



世間は狭い
なんと志村夫妻に遭遇した。

<後記>
この日はすっかり忘れていたが、結婚記念の日だった。
ひとりだったけど、ノンアルコールだったけど、我ら夫婦に乾杯!ということで。

なごむ 那須アンダルシア2

那須ビレッジの少し手前から那須岳を望む
なごむ

ビレッジ内の紅葉
F1000089

戸田あたりの芝生畑から
F1000091

この携帯はレンズの位置が悪く、横位置がとても撮り難い
F1000093

那須高原大橋から深山ダム方面
F1000095

橋の上から、黒尾谷岳
F1000097


部屋の窓から
F1000100_2


ホテルのレストランから
F1000099


出張で紅葉狩りに 那須アンダルシア1

出張で紅葉狩りに
昼集合の会議出張。
沖縄に備えて買った輪行バックの出番が早くもやってくる。最寄り駅からのアクセス悪いこともあるが、話題になりたくないので、他の参加者に見つかりたくない。

那須塩原からホテルまで、黒磯市内で少し迷ったり、遠回りして約20km。
も送迎バスで約30分とのことで、もっと近いと思っていたが...市内ぬけると信号殆ど無いからね。1時間ちょっと掛かってしまう。
F1000088


2008.11.10

一本杉にて実案発見

F1000086

後日、先使用権を主張する時のために敢えて掲載。もしかして既に他人の権利を侵害しているかもですが、現状は営業目的でないのでOKでしょう。
発明者:上村 立一
試作品の立会い者:今日の練習参加者全員
尚、発明者本人により、パー○イズ○の長袖ボンディングジャージで試作されましたが、当該メーカーとは関係有りません。


大風呂敷160kmLSD練案は今回は却下されたが、遠く沖縄で頑張っているであろう仲間と同じ時間帯にサドルの上に居ることを共有する。
参加者は米谷さん、上村さん、みっちゃん、トイマリさん、マキエさん、松村さんそして原田さんの合計8名。

とりあえず清澄経由亀ローへ、その後一本杉。
自分とマキエさんはゆっくり目にアプローチして、先行隊がピークから下ってきたら折り返す算段。当初黒山鉱泉あたりで合流するつもりだったが、序盤の杉木立を抜ける激坂区間を抜ける頃、民家の前で先行が下ってきた。

その後、猿岩登り返し帰還の松村、原田両名と別れ、皆で(実は米谷さん置き忘れてしまいましたが)越生駅側から南ルートで帰還。風も無く、走っている限りは寒くも無く、中々走りやすい日和でした。

帰宅後、普通にしていると、とても寒い日で、今シーズン初のユニクロインナーを着用する。

107.4km、Ave.26km/h


2008.11.08

サイクルモード in 幕張

招待状も頂いたし、ここ数年はTD沖縄の時期に重なるので出掛けていなかったので、沖縄のために取っておいた有給を利用し幕張まで。

我家からだと、武蔵野線を利用すると最寄り駅から70分前後で海浜幕張に辿り着け、イメージしていたよりずっと早い。

今回の目当ては特に無く、敢えて言うならカンパの11Sシリーズ、特にスーパーレコードなる十数年振りに復活した夢のグレード。それとシマノのニューデュラ。フレームは色々考えたあげく、先月RSをおろしたばかりで、その具合もすこぶる宜しいので特に目移りする気は無い。

会場では、人気ブランドの試乗はどこも長蛇の列で、試乗まで1-2時間は待っていた様子。それでも試乗している方々は外見上二派に分かれていると思われる。
興味本位での高価なバイクへの試乗と、次期候補モデルの検討の一環での試乗だ。後者にしてみれば前者の輩は迷惑何者でも無いのだろうが、後者にしたって僅かな時間でサドル高さだけを調整した程度のべた踏みペダルのバイクで違いが判るのかどうか疑問でもある。

結論的には、展示会の試乗は殆ど無駄だと思うのは私だけか。


スーパーレコードの触れる展示。隣にはレコード11Sもコーラス11Sも並んでいた。気になる存在だがその価格や互換性などで当面は検討の土俵外だが、質感や仕上げは垂涎もの。
F1000085


ギブリの新ディスク。前モデルがついにことなる構造で刷新された。一度でいいからゴーゴーと音を立てて乗ってみたいが、チューブラなので...。
F1000080

RSの2009カラー。CSCカラーからオリジナルになってこれはこれで地味カックイイ。やっぱりイーストンのカーボンディープが似合うバイクだ。でもチューブラだから...
多くの来場者に嘗め回されるように見られているのを傍らで見て、少し優越感みたいな気分。
F1000084

R3SLの完成車実貫展示(ペダルレス)。何と5.68kg。自分のRSは何キロで仕上がったのか?
F1000081


こちらは、LOOKブースのTT車、KG596。これも一度乗ってみたいが、買え(わ)ない。
F1000082


F1000083

この日一番の収穫は、カンパの分厚いカタログ(無料頒布)と、KTC工具の総合カタログ(無料頒布)。SIDIの靴が各サイズ用意されていて一番しっくりくるのが40.5サイズであることを再認識したり、変わったところでは都内全域の地図に自転車お薦めルートが入ったもの。

ニューデュラは体感できるようにローラー台への展示車が3台用意されていたが、希望者が列をなしていて、多くの風体がちょっと違うイメージの方多く、敬遠する。自分もあそこで跨ったら何だこのジジイって思われるのだろうけど。
新しいデュラのカーボンアルミコンポジットのディープ、なかなか良さそうな感じ。唯一大きなレタリングデザインが×。


2008.11.07

会場10分前

会場10分前

吊り広告

吊り広告
ブームを感じさせる。
何年か振りの展示会に向かう。

NW-7AX 修理

F1000077


2002年8月購入の洗濯機。最近エラーが頻発し洗濯ができないとの苦情。エラーコードは「扉が閉まっていない」時に出る「C3」だ。
外から見る限り、扉の開閉を感知していそうなのは、ヒンジの部分なので、取り敢えずいちがばちでばらす。

上のカバーの外し方が難しかったが、判ってしまえば簡単で、左側水準器近くの隠しネジを緩め、操作部を左にスライドさせると...そして左右の上面カバーは手前にずらし、後部角のネジを外せば写真のように上面全部が裸になる。もちろん最初からそんな知恵の輪のような組立ては判らず、緩められるものはすべてゆるめ、試行錯誤の結果に判るのだが、2002年購入来、ほぼ毎日一回以上は働いてきたものだから、買い替えも止む無しという、いちかばちだから何でもできる。

しかし、予想された扉閉検出スイッチがヒンジ近くには見当たらない。あちこち探していたらツレが「これなに?」と扉の裏の黒い部分を指差す。
F1000076


よくやったね。
紛れも無くマグネット。ならばこの下にリードスイッチでもあるだろうと、操作パネルの裏をさらにばらす。ありますね青いケースに保護されたリードスイッチっぽいものが。良く見れば保護管が黒ずんでるし。
F1000074


F1000075


念のため、強力なネオジム磁石やテスターで導通をチェックし、リードスイッチのご臨終を確認。念のためワニ口で短絡して試運転。
おっー我ながらお見事!と言ったら「探したのは私です」と念をおされました。
手持ちにリードスイッチはあるにはあるが、自転車の速度センサー用だから許容電流がわからないので短絡に決定。
以後残された寿命までC3は出ませんので、危険の無いように使用してくださいませ、奥様。

家電のうち、まったなしの筆頭と思う冷蔵庫と洗濯機。これで臨時出費が先延ばしにされ、メデタシメデタシ。

Continue reading "NW-7AX 修理" »

短納期

F1000078


何とか希望納期に合わせたけど、問題点も多々判明。

・メーカーマーク、300dpi程度の解像度のデータ、またはベクターでないと輪郭がきちっと出ない。
・色の発色が悪い。染料系インク対応のフィルムに顔料系を使用せざるを得ない(Canonの黒は顔料系)せいもあるが、もとデータの黒が、厳密に黒でないことの方が大きそうだ。
・今回購入した表面を覆うPP製のカバーシート(ピッチンからニチバンに)の透明度がやや低い。表面のグロス具合はニチバンの方が上だが、接着剤の問題と思う。

次ロットではもう少し工夫し、持ってる道具の組み合わせで最良の結果を得るようにしたい。

Continue reading "短納期" »

2008.11.03

11/3 文化の日 癒し物練

F1000073
帰路、錦ケ原(治水橋東詰め)の横断を待つ、この日の直帰組。トイマリさんとモリモリが、メットだけだけ。モリモリいつから居たの?残念ながら若干名はフレームアウト。

今日は内輪。
早々にDNSを決めた今年のTD沖縄。それゆえに体たらくを晒し続けている感が強い。例年沖縄後に予約するドックは今年も健在なので体脂肪燃焼系の運動は続けなければどんな結果になるやら心配ということもあって皆と走る。

多くのメンバーが、シーズン最後のレースに向けてこの2日連続で追い込んだ様子。なので、今日はテーパリングというか、癒し系練が内輪で事前に提案され、BR-1の面々がいても、50過ぎのサンデーライダーがストレス無く一緒に走れるすばらしい練習日になった。

自分としては2週間ぶり、チーム練としては10/13以来となってしまったが、皆と一緒なので楽しく走れた。
唯一、晴の特異日だった筈の「文化の日」、曇りでちょっと肌寒く山行きメンバーには残念な天候。

77.9km

2008.11.01

西原にて

紅葉には少し早いが、楓は綺麗に色付き始めてます。
羽置の里、入り口にて。

学祭

二男の最後の学祭。
昼から相模原の義兄の新築祝いに呼ばれているので、ついでと言えばついでだが、A3も乗りたかったので出掛ける。

自宅から遠いので、これが3度目で、たぶん最後になるか。
受験前のオープンキャンパスの時は745で、去年A3の慣らし兼、DC5のドライブがてら、圏央道開通ルートで学校まで送って行ったのが2度目。

学祭は10時頃から始まるので、棡原<ゆずりはら>地区まで里山風景と紅葉具合を見にドライブ。数年前にロードで来て以来の棡原界隈、里山の雰囲気がとても好きなエリア。また鶴峠まで行ってみようかと思う。

« October 2008 | Main | December 2008 »