« RS納車 | Main | RSシェイクダウン »

2008.10.11

渋谷クワトロ

F1000055


F1000056


10/10、渋谷クワトロ。
ラビットライダーのライブが定宿としているTAKEOFF7の計らいで、クワトロで実現。
自転車関係の友人に声を掛けて、出演する本人を除いた家族含め9名で応援に駆けつけた。

ここでは正直な評価(趣味も音楽歴も違うので的外れも多数あることを承知で)も批判(HPやコミュではわざわざ厳しいこと書く人いないよね。気に入らなかったら黙ってれば良いのだから)もできるので、本人たちには少し手厳しいかも知れないが、素人から一歩先を目指すようになったのだから、演奏を聴くたびに記録してみようと思うわけ。

ライブハウスの機材差や構造もあるのだろうけど、確かにスピッツコピバンMainの頃より、色々な面で上手くなってきてオリジナル楽曲が伝えようとしている路線も少し見えてきた感じ。一方で学園祭バンドとの差がどこにあるのか、難しいところ。

比較する対象ではないかもしれないが、前の二つのバンドとの明らかな差(が有ると思った)はどこか。

そのバンドは、どうやらメジャーに近いところで活躍しているらしいが、昨夜はじめて見て聴いて、自分の好みとも合致していないのだが、聴かせるところがあり、バックで気持ちの悪い感じがない(風体や動作は別)。好きじゃないけど、聴いていて気持ちが良い。

そういった意味で、彼らの演奏と比べてみると、我らラビットライダーは...

●JUNのボーカルはその独特の声色が特徴。これは好みが分かれるところだが、音程が以前よりぐっと良くなってきたと思う。前と何が変わったのだろう。
●四弦男(シゲオ)とのコーラスも以前よりかなり良くなっているが、四弦男はもっと練習が必要と思う。練習の仕方が良くないのかも。コーラスの部分をアカペラでも聴かせられるようになると良い。演奏スタイルは誰かの真似なのかも知れないが悪くないと思う。演奏技量とスタイルのバランスが悪いと、これまた気持ち悪いので技量も上げなければね。昨夜は自前機材のトラブル?で音が出なくなってしまった曲があったが、仮にライブハウス側に原因があったにしろ、プロを目指すのと同時にこういったトラブルの原因究明、なにより再発防止対策は大切にしないと。
●283(ツバサ)のドラム。これまた確かに成長著しいことは良く判る。上手くなったが、色々なシーンや曲でドラムセット叩かないと伸び悩むか。オケのパーカッションでも、民族楽器の打楽器でも何でもいいから。本来目立たない所でドラムが目立ってしまうと、聴いている側は気持ちが悪い。
●アラさんのギター。今回が最後の出演だったらしいが、今後のギタリストもいるので敢えて。ギターソロが必須の曲なら、コード破綻したソロは気持ち悪い。アドリブで演奏しているわけではないのだから、ソロパートをきっちり作ってそれを完璧に近い状態で演奏する。特にコード破綻は避けなければね。もしかしてチューニングやチョーキング、またはエフェクターが悪い?練習で上手く出来なかったらソロパートを除けばいい。素人バンドなら良く見る光景だが、プロではまずありえない。

演奏はやってる方が楽しいのは当然のこと。でもそれは演奏が生業でない場合。
まずはラビットライダーをはじめて聴く人に、自分達の作った音楽の気持ちよさを分けてあげられるか。お友達、仲間内以外、一般層にもファンを増やし、ライブでCDでネットで配信し、それらに対して代価を得るプロを目指すのであればと思い、今後も気付いたことはこのblogで公開予定。

でも皆を応援しているよ、普通のバカ親なので。

« RS納車 | Main | RSシェイクダウン »

01:新ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

久々のクラブクアトロ、とても楽しいライブでした!シゲオくんを始めメンバーの「音楽が好き」という気持ちが伝わってきて、聴いているほうもハッピーになれる、そんなライブだったとおもいます。おっしゃるようにに、一つ前のバンドは確かにラストの曲などとてもよかったとは思いますが、上手い分、変な自意識?のようなものが感じられて、個人的にはラビットライダーのほうが好感度が高く、私は好きです。暗いニュースの多い昨今、そんな現実をひとときでも忘れさせる爽やかな清涼剤のような音楽でした。演奏中のトラブルも、ボーカル始め他のメンバー動揺することなく乗り切っていたし、シゲオくんの性格の良さがよく分かる一幕でもありました。オレンジジュースごちそうさまでした!ファミリーの温かさも垣間見ることができて、楽しい時間をありがとうございました。

つ内さん。
当日はお越し頂いた上に、コメント投稿までして頂いて、ありがとうございます。

彼らがこのblogを読むことはあまりないかも知れませんが(存在は知っています)このようなご意見は貴重なものだと思います。

きっとメンバーがamatの辛口(的外れ)コメントや、つ内さんの暖かな励ましを読んだら、何かコメント残してくれるでしょう。

お世話になっております。ヴォーカルのJUNです。
遅ればせながら、片仮名の「ラビットライダー」で検索してたどり着きました。

クアトロご来場、そしてブログまで綴っていただいて本当にありがとうございます。
仰せの通り、厳しい意見はなかなか耳にすることができないので(その分なるべくライブハウスのスタッフの方や、同業者の方にアドバイスを頂くようにはしています)、むしろ貴重なご意見として拝見しました。

前のバンドとの差、僕自身はそれはバンドのアンサンブルになっているかということだと思っています。
各楽器の音量バランスや音色、曲の大きな構成から細かいキメの部分まで、人にエンターテイメントとして提供するわけなので、本来ならそういった音楽を音楽たらしめる部分、バンド全体で考えるべき部分をもっとプロ意識を持って煮詰めていかなければいけない、
しかし僕らはまだ、各々自分の演奏で手一杯で、各パートが個人レベルで止まってしまっているのだと思います。
ギターも新しくなって今後はそういったところにも着手していこうと思っています。


僕個人の話で、音程ですが、技量が上がってきていることもありますが、演奏しているステージ上の音響環境への意識改革が大きいです。以前は皆爆音で鳴らして、いくらモニターを使っても自分の声が聴けなかったので…
ボーカル的本音を言わせていただけば、最近でもまだうるさいですけどねw今の7割くらいの音量でダイナミクスを失わずに演奏できるようになってくれれば、自由に歌えるようになるのですが。


つ内さま
暖かい励ましのコメントありがとうございます!僕らもまだまだ至らない点が多いですが、それでもやっぱり演奏者である僕らが楽しくやらなければ始まらないと肝に銘じて、常に「楽しい」ライブというのを意識してやっております。僕らのライブが少しでもプラスの何かをお届けすることができたなら幸いです。

まさに飴と鞭w精進します!
今後ともよろしくお願いします。またお時間ございましたらライブにお越しください!
僕もまた遊びに伺います(*^_^*;)

JUN

ようこそいらっしゃいませ。あれれ、コメントまで3ヵ月掛かりましたか。このblogは知らなかったっけ?
mixiコミュから日記RSSですぐにわかると思ってた。

RRについてここで書くネタはまだまだ少ないけど、今後はJUNが時々チェックしにくるだろうから、面前で直接は言い難いこともここでなら少し書けそうな気がする。

31日は久し振りに行こうと思ってるので宜しく。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 渋谷クワトロ:

« RS納車 | Main | RSシェイクダウン »