« September 2008 | Main | November 2008 »

October 2008

2008.10.28

11/1【土】吉祥寺@BLACK&BLUE RRライブ情報

応援しているRRのライブ情報です。バンド詳細は右バナーのリンクからどうぞ。
お近くの方はぜひ!

ライブ情報はこちら

2008.10.27

感傷の秋

結局、土日と自転車には1mmも乗らなかった。

土曜は前夜までの体力的、精神的な仕事疲れを癒すために計画休。そして漠然観戦を予定していたジャパンカップ。前夜の深酒のせいか、自然起床時間が遅めになった。ネットで時刻表を調べたら、新幹線ならスタートにも間に合いそう。で、だれか連れを探していた矢先...小雨が降ってきた。
これで曖昧な気持ちはすっ飛び、遅出観戦も中止。ネットでTextライブ観戦し、来る11/12のJ-Plus放映視聴に期待する。


土曜日
新車投入による金銭的都合により、ほぼ裸にされたLOOK486、あっという間に過ぎた共に過ごした5年のシーズンを回想しつつ、フレームメンテナンス。といってもヘッドBRGはメンテして間もないし、ワイヤアジャスタや、ヘッドまわり、小キズの点検や手入れがメイン。

かなり大事に扱ってきたつもりだけど、練習からレースまでこれ一台でずっとやってきたから、石飛によるクリア層のチッピング、TD沖縄でトラック搬送で付いてしまったすりキズ、大量の汗に晒されたボトルケージのインサートナットの錆び等々。

486に続いて、
曇りがちで日差しも弱く絶好の洗車+ワックスデーと読んで、A3のお手入れ。ぐるりとワックス掛けたのはいつ以来だろうか。2時間弱ですっかり綺麗になっても出掛けるあてもなく、夕方には霧雨が降ってきたので慌てて立駐ガレージへ...

ヤフオクで整理していたバイクパーツの集荷がやってきて、またひとつ出荷。例年この時期にヤフオク利用回数が増えるのは何故なんだろう?

そして日曜日
ジャパンカップをTextライブや、観戦に行っている友人のmoblog配信でチェックしつつ、楽器機材をヤフオクに代理出品したり、特に何もしないで過ごす。

あーあ、2週間も乗ってないななど、いつもの病に苛まれる。
が、先週の土日はソロやデュオで走ったことを思い出し、少し安堵する。

午後、南浦和のブーランジェリー・K-ヨコヤマでパンを、玉喜で酒類を、AudiさいたまではRS6やS8を買ったり見たり触ったりして、晩は最近では珍しく家族皆で夕食。


2008.10.24

終わった

終わった
今週もちかれた。

あっ、どこ駅でしょう

2008.10.23

お疲れ

お疲れ
急ぐ旅ではない。


JRで行こう。

でかっ

でかっ
ワゴンのお姉さんにカップもらったけど、おおきくね。

これから名へ

これから名へ
夕飯食べそびれ、社内でこれから。

頑張ったから少し豪華に。
あっ、グラス忘れた!

2008.10.22

回文再び

回文再び

この地区では昔から言われていたのだろうね。

今日で今週業爆前半の山場を終了し、明日の午後から後半の山場へ。
明後日は名古屋から、遅くの帰京になる予定。

週末は里山走りたいし、ジャパンカップも行きたい。で、一杯一杯の一週間。

2008.10.19

古賀志林道ピーク(9:58分頃)

相変わらず、きつい登りですが、比較的短いので嫌いではないですよ。
好きなわけでもありませんが、時に登りたくなるのです。

8年前には残されていたという、真紀○の路面ペイントは(たぶん)もうありませんでした。映画のロケのために書かれたと思われる、テルとかYutaとかは登り始めに沢山残されていました。


この日の総距離 63km

Continue reading "古賀志林道ピーク(9:58分頃)" »

古賀志練にて


記念すべき1990年の世界戦は、ここがSGだったことを教えてもらいました。
近年のジャパンカップ(森林公園内)にくらべ、ロードレースのコースとしては良い場所ですね。観客動員数とかの面では難点があるのでしょうが。

いきなり古賀志林道は身体にも良くないので、Burdin...さんにウォームアップを兼ねて案内してもらいました。
その後、昨今のコースで駐車場まで戻り、古賀志へ。今日頑張ったのはここまで。
あとはゆっくり下って鶴カン登ってSG地点へ。2周目はさらにゆっくり、会話しながら登る。
今度は鶴カンはパスして、コーナーのりんご園で、今日の御褒美にリンゴを2個買ったら、色付き悪い小ぶりのを2個おまけしてくれました。

駐車場で片付け、ふたりでリンゴを頬張って、ギョーザへ。

2008.10.18

ソロLSD練

一応チーム練に間に合う時間に目覚めるが、前日まで立て込んでいた仕事の疲労感が残り2度寝。
TD沖縄DNSを早々に決め込んだので、例年に無くこの時期精神的にもだいぶ楽。

翌日は古賀志に行くことを決めていたので、RSにSHAMALを履いてACRをソロでLSD練する。
桜堤公園で折り返し、ホンダAPから対岸に渡り、川岸屋の前からゴルフ場を抜け帰宅。アルミのシャマルも悪くないが、見た目にちょっと時代が合わない。RSに最近のエアロホイール(でもチューブラは×)も履かせてみたい。が、軍資金の目処が立たないので当分は無理だ。

走行50km+α
シャマルだとリムハイトが高い分、ニュートロンより若干スポークがセンタ側になるのでスピードセンサが上手く受信できないこと頻発。エアロシェイプのフォーク断面形状にセンサがピタリと合わないので要工夫。

2008.10.17

休業中のようです

休業中のようです
あの事故以来。

再開は無いだろうというのが通説です。

確か、このホテルもバブルの名残りで、阪急ホテルグループが買ったのだと思いますが、もはやお荷物気味、ガラガラです。

38年前から

38年前から
太陽の塔

シンボルタワーのコンセプトは何だったのだろう

2008.10.16

良い天気ですね

良い天気ですね
本社で終日某講師。

夜には伊丹に移動して、明日は千中で同じ役割。
そして帰京予定。

土曜は早出出来ないかな。

おっ、どなたかのお家が見えますね。

2008.10.15

AKIRAブランド

AKIRA

きっとこの世ではゴルフをやることはないだろうけど、やるならこんなブランドがある。
ちょっと気恥ずかしいけど。

安全帽、安全靴、作業着を入れられるボストンを「ゴルフボストン」で検索していたら、偶然見つけたブランド。

2008.10.13

定峰、裏高篠峠

集合地点での参加者は10名。
岡部さん、宇津さん、細沼さん、志村ださん、志村みさん、山本二さん、山本慈さん、米谷さん、河野さん、そしてわたし。

3連休の三日目ということもあって、とても出入りの多い日でしたが、勝手を知った内輪ばかりなのでNo Problem(でしたよね、皆さん)。

戸守ローで、遠藤さん合流。
清澄坂前で本日直帰組の、山本二さん、志村みさん、岡部さん、河野さんが離脱。清澄亀ロー三段坂で直帰かな。
遠山エリアで対向してきた凸坊の小貫さん拉致。超々お久し振りです。
小川町松郷峠入り口セブンで、膝痛のため志村ださん離脱、松郷経由でソロ帰宅。
白石バス停で、米谷さん離脱。逆走でソロ帰宅。
定峰ピークで小貫さんと。ここまご一緒してくれた小貫さんを釈放。たぶん定峰下ってソロ帰宅。
温泉坂に上がる材木屋のところで山本慈さん離脱。これまたソロで運動公園直帰。

さて、残ったメンバーは誰と誰?
4名で温泉坂を越え、甚五郎で「梅おろしうどん」を食べて、冷たいお水をボトルに入れてもらい南周りで帰還
物見山下エクスプレスで遠藤さん離脱。デポ地の物駐へひと登り。車で帰宅。

アー疲れた。久し振りのロングで満足です。
お付き合いしてくださったメンバーに感謝感謝。
RSのお陰か、疲労度かなり低め。

裏高篠峠、予想以上に激坂多く撃沈。RSでなかったら足付いたかも。
サーベロRS、凡そ判った感じ。なるほど「とても素晴らしい」
インプレは別途予定。

<リンク先の写真は「ひゅーずのblog」からお借りしています>

147.7km、Ave.23.6km/h

2008.10.12

RSの標準付属部品インプレ シートポスト Syntece P6

Picture3695_syntace


Syntace
どこかで見たことあるが、男の良く知らないパーツメーカ。日本には正規代理店無さそう。
そもそも何て読むの、シンテシ?シンテース??

質感はとても良い感じで、調べてみたら、オリジン独魂でした。
径も27.2mmで互換性ばっちり。重量計って無いけど、余計な部分はカットしたので200gは下回っているかも(後日計測予定→計測結果は続きをクリック)。

ストレートタイプなので引き代に限界ありそうだったけど、引けるストレートポスト設計とHPに書いてある。今はSLRサドルで限界まで引いて、丁度寸法出せたので、しばらくは続投予定。
Price 148ユーロ、って結構高いじゃん。

Continue reading "RSの標準付属部品インプレ シートポスト Syntece P6" »

RS手直し

F1000058


真っ白のバーテープ、自宅在庫が無かったので555用に買っておいたSILVAの白地赤文字。

浅倉さんが、半分で両側巻けるかもって言っていたので、いざ挑戦。

うーん、結構難しいです。ブラケット周りを如何にシンプルに短く巻くか。SILVA文字合わせもしないと...流儀に反するし。

結局、市販の半分で両側巻きに成功。
コスト、ハーフカット、すばらしいです。でも逆巻き(この場合、バーエンドから巻き始めず上から巻き始めます。こうすると、上にテープが要らないのでベタベタ、ズレズレしない...筈なのですが。

今度は、真っ白を調達しましょう。赤文字も悪くないですがすこし、シツコイって。
でもSILVAのテープの感触は好きです。

あと、自分はワイヤーラインが美しいので、昔から右レバー後ブレーキ仕様なのですが、ダウンチューブの下のワイヤを交錯させる技を使うと、シフトワイヤーもヘッドチューブ前で自然に交差できることを思い出し、はじめてトライしました。残念ながらアウターが少し短く、突っ張り気味なので断念。次回ワイヤー交換の際には試してみたいですね。

2008.10.11

RSシェイクダウン

F1000057


早速ですが、洗車完了です(泣。


違いの判り辛い男のインプレ。

総合評価:
買って良かったか-◎
今後も乗り続けられそーか-◎
早速組み換えたい所は-△(バーテープの色と巻き始め位置)
新しい発見は-カンパのFB(ダブルピボット、スケルトン)ってこんなに良かったの。もっと早く知れば良かった。

各論
格好:バランスがとても良く見えます。
ポジション:小畑君の技術に敬服。また少し理想に近付いた感じ。腹(横隔膜)を下げて、重心で乗るが少し実践できた。KG486のポジションでは出来なかったかも。
でRSって、どーなの:R3やSOLOISTに比べ、コンフォート系に紹介されていますが、さすがに5年の歳月はバイクの味付けを変えて来たようです。BBまわりの剛性はKG486よりかなり高いのでは。か細いシートステーは、見た印象よりずっとしっかりしてます。表現が難しいのですが、ゆっくり走るととてもConfortableに感じるのですが、車のスポーツサスのように、早く強い入力ではコツコツと小気味良く反応する感じがします。A3に付けたコニーのFSDみたいな感じかなぁ。
登りはどーよ:エンジンがこれまでと同じなので、まったく変化を感じられませんでした。っていうか、今日は殆ど登っていません。明日は定峰行ってみようか。
雨は:雨には滅法強いようです。シェイクダウンの日から結構降られましたよ。うわー、今頃になって晴れてきたよ。

79.5km、Ave.25.9km/h

渋谷クワトロ

F1000055


F1000056


10/10、渋谷クワトロ。
ラビットライダーのライブが定宿としているTAKEOFF7の計らいで、クワトロで実現。
自転車関係の友人に声を掛けて、出演する本人を除いた家族含め9名で応援に駆けつけた。

ここでは正直な評価(趣味も音楽歴も違うので的外れも多数あることを承知で)も批判(HPやコミュではわざわざ厳しいこと書く人いないよね。気に入らなかったら黙ってれば良いのだから)もできるので、本人たちには少し手厳しいかも知れないが、素人から一歩先を目指すようになったのだから、演奏を聴くたびに記録してみようと思うわけ。

ライブハウスの機材差や構造もあるのだろうけど、確かにスピッツコピバンMainの頃より、色々な面で上手くなってきてオリジナル楽曲が伝えようとしている路線も少し見えてきた感じ。一方で学園祭バンドとの差がどこにあるのか、難しいところ。

比較する対象ではないかもしれないが、前の二つのバンドとの明らかな差(が有ると思った)はどこか。

そのバンドは、どうやらメジャーに近いところで活躍しているらしいが、昨夜はじめて見て聴いて、自分の好みとも合致していないのだが、聴かせるところがあり、バックで気持ちの悪い感じがない(風体や動作は別)。好きじゃないけど、聴いていて気持ちが良い。

そういった意味で、彼らの演奏と比べてみると、我らラビットライダーは...

●JUNのボーカルはその独特の声色が特徴。これは好みが分かれるところだが、音程が以前よりぐっと良くなってきたと思う。前と何が変わったのだろう。
●四弦男(シゲオ)とのコーラスも以前よりかなり良くなっているが、四弦男はもっと練習が必要と思う。練習の仕方が良くないのかも。コーラスの部分をアカペラでも聴かせられるようになると良い。演奏スタイルは誰かの真似なのかも知れないが悪くないと思う。演奏技量とスタイルのバランスが悪いと、これまた気持ち悪いので技量も上げなければね。昨夜は自前機材のトラブル?で音が出なくなってしまった曲があったが、仮にライブハウス側に原因があったにしろ、プロを目指すのと同時にこういったトラブルの原因究明、なにより再発防止対策は大切にしないと。
●283(ツバサ)のドラム。これまた確かに成長著しいことは良く判る。上手くなったが、色々なシーンや曲でドラムセット叩かないと伸び悩むか。オケのパーカッションでも、民族楽器の打楽器でも何でもいいから。本来目立たない所でドラムが目立ってしまうと、聴いている側は気持ちが悪い。
●アラさんのギター。今回が最後の出演だったらしいが、今後のギタリストもいるので敢えて。ギターソロが必須の曲なら、コード破綻したソロは気持ち悪い。アドリブで演奏しているわけではないのだから、ソロパートをきっちり作ってそれを完璧に近い状態で演奏する。特にコード破綻は避けなければね。もしかしてチューニングやチョーキング、またはエフェクターが悪い?練習で上手く出来なかったらソロパートを除けばいい。素人バンドなら良く見る光景だが、プロではまずありえない。

演奏はやってる方が楽しいのは当然のこと。でもそれは演奏が生業でない場合。
まずはラビットライダーをはじめて聴く人に、自分達の作った音楽の気持ちよさを分けてあげられるか。お友達、仲間内以外、一般層にもファンを増やし、ライブでCDでネットで配信し、それらに対して代価を得るプロを目指すのであればと思い、今後も気付いたことはこのblogで公開予定。

でも皆を応援しているよ、普通のバカ親なので。

2008.10.08

RS納車

F1000054


これまでも、比較的長く使用したパーツでは縁が多かった3Tブランド。
今回はリコールのあった標準フォークがトゥルーテンパーのWolfから、3Tブランドに変更されたこともあり、小畑君のアドバイスもあって。

ステム(110mm)はこれの-6度。そしてバーはこれのC40。
合わせて公称120g+190g以下=320g以下(後日実測予定→結果、組完で330gでした。誤差10gは良くあること)デザインと重量は十分満足。良さは乗ってみないと判らないけど。

ヘッドチューブが140mmと長い仕様のため、事前に見積もってた通り、標準付属ケーンクリークのトールトップキャップをFSAのショートタイプに変更してもらい、下スペーサ=0mmで、これまでと同じ高さを継承できた。スペーサー無しって、かなりカックイイ。

シートチューブ角が73度(KG486は74.25度)なので、110mmステムでピタリ。
格好を気にする割には、コラム上を10mm残したのは、もっとバーを下げたくなった場合、前下がりのステムに交換すれば可能で、その際には調整代を残さないと下がりすぎるから。


月曜午後を半バケにして、14:30頃から18:00まで、なるしま神宮で小畑君とあれこれ話しながら、それはそれはワクワクな楽しいひと時を独占させてもらう。
サドル位置合わせ(原則旧車実績)から始め、ドロップバーの選定、ステム長さの決定、コラムカット、シートポストカット、BBクランク、RD、FD、チェーンまでで、ここで納品とする。他の艤装は自分でも出来るし、自分にとってそれはそれで楽しいし。そもそもいつも面倒と感じる所は小畑君にやってもらったので◎。駐車代1,700円は高かったけど原宿だからね。

部分組みを小畑君にお願いしたのは結果的には大正解。
コラムにエポキシ接着剤で内装する、表面がブラスト処理されたアルミ製のパイプ状インサート、これで普通のスターナットと、ヘッドベアリングのテーパーコレットそしてステムのクランプ反力を受ける設計だが、これは自分にとって新機構でしんどかった。BBもフレーム側が密閉式のアルミインサートなので、カップ内側のダストシールを取り除くという裏技も行使してもらい、もちろんタップもさらって、フェースカットもして、さらにマイクロロングリースをBBベアリングにトップアップしてもらい、もともと良かったBBはさらに異次元の回転を得ることに...。

帰宅後早速残りの組立て...としたかったところだが、翌日から木曜まで連日続く業爆のために、それ以上いじる間もなく仕事。昨日今日と予定の業務を何とか消化し、明日が終われば少しはやれそうなので、今週末の連休にはシェイクダウンのチャンス到来かも。

ああ、楽しい。


そうそう、キャッシュバックキャンペーンのこと。
対象期間が終了しているものの、あまり詳細を公開するのは何ですが、予定通りには事は進みませんでした。結局ショップで最大の便宜を図っていただけることになったようです。
もしも○キザワ(月末店頭在庫ナシ、キャンペーン適用可と電話で確認済み。この時は確かディーラー在庫も有った筈です)に発注していたら、今頃どうなっていたのでしょう。

2008.10.05

渋谷クアトロの件ですが

お知り合いの方数名から、10/10(金)行けたら行きますと言っていただきました。ありがとうございます。

当日お越しになれるかも知れない方の氏名を、別途メールでお知らせ下さい。

特にお連れの方のお名前は存じ上げ居りませんので、お連れがいらっしゃる場合にはお知らせいただけると助かります。
当日急に来場できなくなっても、費用は一切掛かりませんし、何の事前連絡も要りません。

受付にて、ラビットライダーのライブに来た○○と名乗ってください。前売り券価格【3.000円、One Drink込み】で入場できます。もちろん同日のライブ入場すべてに有効です。バンド毎の総入れ替はありません。入場後の途中出入りも可能と思いますが、現地でご確認下さい。

現地でお会いできたら、もう一杯奢りもやりますので、声を掛けてください。

16年前の勇姿 カックイイ!

Ca45okeh


だれだれ、どこどこのコーナーです。

とても格好良い写真を送ってもらいましたので世界に公開させていただきます。
当時、前走の選手は26歳(現在42歳)、後方は32歳?だそうです。

さてこのお二人、だれでしょうか、そしてどこのバンクでしょうか。

一日遅れですが、ハッピーバースデー

F1000047


今年もお誕生日おめでとうございます。
こうして毎年健康で迎えられる、お互いの誕生日、ご同慶の至りで、何物にも換え難いお宝です。

今日は、先日モリモリから頂戴したお誕生日プレゼントのソックスで走ってもらいました。
何日振りの555練だったのでしょうか。


F1000045


F1000049


ファイナル ランデブー

F1000043


5年も連添った愛車、KG486に暇を出すことを決めたので、とりあえず相棒のKG555とのラストラン。
遅れていた来週のプレゼンを朝から作成。昼過ぎに何とか目処がついたので、ここ数日、急に気温が下がり、服の入換えに忙しいツレを誘って、遅めの昼食後の2時頃スタート。

ルートは、三橋(みはし)から神田(じんで)経由の運動公園。迂回されたACRで秋が瀬、そして道満へ。道中、昨夜から調子の良くないお腹がゴロゴロしてきて、秋が瀬のトイレは我慢して、道満バックのゴール先にあるトイレでゆっくり用を足し、管理橋を渡って、なんとものどかなRCヨットを見てのんびりする。

何と、目の前でRCヨットが沈するという、珍しい光景を見る。
えっ、沈しないようにバラストとフロートが設計されているのではない?あっという間に沈んでしまいました。関係者がゴムボートで救援に向かうが、ダメだったみたい。あの位置なら水位が一番下がれば見付かるかもしれませんが、操縦していたオーナーは諦めたようです。

帰路、ポツポツ始まったが路面が濡れるまでには至らず、セーフ。

結局我がKG486は生涯一度だけの落車、それも土砂降りのGF、急な登りで単独スリップという、RDにキズがついて後日エンドを修正した程度の殆ど無傷のやつ。
危険な場面も沢山あったが、結局は大事に至らず自分を守ってくれた銘車。
F1000040


24.5km、Ave.18.2km/h

2008.10.04

A3 1.8T Sportback燃費 記録更新

F1000039


697.5km走行できた。
満タン法で13.3km/L。満タン法トレンドも10km/Lを越えるようになった。

10/4 内輪で練

F1000037

玉川村の八高線、明覚-小川間の線路沿い(東側)を北上し、突き当たりを左折し、押しボタン式の歩行者用信号で県道を渡り、道なりに進むと正面に雷電山が見えます。
林道はこの山を左に見ながら向こう側を回り込んで、横松郷峠の途中に出ます。近年、ほぼ全線舗装化(ピーク付近、東屋前に50m弱のダートが残りますが)され、車両進入禁止のバリケードが両入り口にあるので、ロードには格好のルートですが、林道をちょっとお借りしているという意識は忘れないようにしたいものです。

秋晴れの8時集合は、宇津さん、細沼さん、恒川さん、杉浦さんそして自分の5名で、この時期この気候にしては異様に少数。今日は気の置けない仲間内だけで、こじんまり練にしましょう。

毎度の清澄経由で亀ロー補給、そしてそこから先の行き協議の結果、恒川さんの物練デビューをフィーチャーして、玉川村の雀川(雲上)林道に決定。もう去年のようにヨロヨロと登ってくれないだろ~な。予想は見事に的中し、お迎えの杉浦さんに引かれ、ドンケツでピークに。

帰宅後、blogアーカイブを調べてみると...1年前と殆ど同じコースを走ったようです。

早いものでもう1年、そして自分は、また1年。
1年前のあの日、10/6の第2ステージは私の近所の小奇麗な焼鳥屋で、殿の送別会+宇津さん退院祝いで祝杯を上げたのでした。
当時の記述通り、恒川さんの前を走れることは早々になくなりましたよ。

そういえば、杉浦さんの物練デビューは1年前の来週、10/13の定峰白石だったようですね。

こちらも1周年記念おめでとうございます。

106.1km、Ave.25.8km/h


« September 2008 | Main | November 2008 »