« August 2008 | Main | October 2008 »

September 2008

2008.09.30

10月10日(金)よるは、ぜひ渋谷クラブクアトロに

先のライブ情報ですが、ここblogではまったく反応が無くて、リーダーのバカ親がしょんぼりしています。

だれか、来てください。

後記
バカ親ついでにPVを紹介します。

さらに視聴はこちらから。

何台目の悩み

アーカイブから検索すると、96年以降、その時なりに考えに考え抜いて購入したロードはこれで6台目になるようだ。


情報をアップデート
1.ブリジストン ネオコッットPRO(2007.10フレームのみオークションで販売)
2.なるしまフレンドオリジナルロード(佑介用→フレームのみアンディーに嫁ぐ)
3.CASATI LASER2000(大事に実働保存。べたペダルちょい乗り仕様)
  LOOK KG171(師匠から嫁入り→宏太通学快速号→フラットバー町乗り仕様後、オークションで行方不明に)
4.LOOK KG486(多くのレースで苦楽を共にしてきた最長不倒レーサー)
5.LOOK KG555(ツレの愛車。最近休みが多め)
6.Cervelo RS

Newフレーム注文しました

とりあえずフレームだけ。RS 51

2008rs

コンポはとりあえず486からフルコンバートの予定。

心底欲しかったかと言えば...違うかも知れない。2003年に486買った時と同じくらいは欲しかったと思う。

あの時は前の年の展示会で見て、それからずっと気になっていて、細沼さんの納車時になるしま神宮で試乗させてもらってビビッと来ちゃって、その場でオーダーしたのだけど、次輸入ロット納入未定とのことで、翌日からネットで在庫を探し回った。

今回は春頃から次のフレーム候補を色々考えていて、これに落ち着いた。
今日は3冠達成キャッシュバックキャンペーンの最終日。30,000円のバックは長い目で冷静に考えればそれほど影響されてはいけないと思うが、根が貧乏性だからだろう、やっぱり惹かれてしまった。


家族にいつ告げようか。


486はどうしようかな。


あと何年乗れるかな...

2008.09.27

謹告!10/10(金)夜は渋谷クラブクアトロに!!

少しメジャーなライブハウス、クラブクアトロ渋谷に出演か決まったそうです。

彼らが今求めているのは、より多くの方々に彼らの音楽を聴いてもらう機会を増やすこと。このblog読者の皆さん友人知人をお誘いの上、ぜひ足を運んでやってください。そして彼らのステージに、音楽に、忌憚の無い意見を。

当日はトリだそうですので、出演は21時20分予定になります。ご多忙で週末の残業や出張があっても間に合うかも。同ライブに出演する他バンド、私はどれも知りませんが時間が許す限り聴いてみたいと思います。

ワンドリンク付き3,000円の前売りチケットですが、ご希望の方はコメントかメールをお願いします。知合いの方で当日ライブハウスでご一緒できた折には、Special ThanksとしてOne more Drink奢ちゃいます。

ラビット ライダーのHP(右バナーのその他のお気に入りにも常設)。mixiにもコミュあり。

どこどこシリーズ帰京編

どこどこシリーズ帰京編

先の交差点を左折すると、博多駅です。

2008.09.26

どこどこシリーズ

どこどこシリーズ
なんと、離陸途中で急に減速。

結局、駐機場に戻って、機体変更だってさ。

1時間40分遅れで再出発予定。
(因みに、駐機場まで戻って携帯電話OKの案内があってから撮っています。代替機は搭乗口108(バス)だってさ)

どこどこシリーズ

どこどこシリーズ
久しぶりの方面。

今後ますます出向く機会が少なくなる予定。

ちょっと残念だけど仕事だからね。

2008.09.24

9/23 スイム練-7 1,800m

わずか10kmのHCであったが、翌日は何も無かったように、そして2日経ってから全身微妙にだるい。
夕方になってコンディショニングのつもりでスイムでリハビリ練、CasatiでGo!。

今日はコースが混み気味で泳ぎ難かった。

アップ:300m
キック:50m×6本(2分サークル、バック以外の3泳法)
スイム:(25mハード+25mイージー)×6本(1分30秒サークル)
強制休憩10分

オーバーディスタンス:400m×2本(10分サークル)
ダウン:100m

その後、ジャグジーで休んで終了。

徐々に距離を伸ばすのに苦労しなくなってきている(気がする)。400mは7分20秒位だったが、3ストローク毎の呼吸、まだまだ上手く出来ない。これは昔もできなかった技なので仕方なし。
バックとブレストは昔より上手くなった(気がする)。ゆっくりだからかも知れないけど。

プル板を使用している方、係りの方から何も注意されていなかったので、自分も今度購入しようと思う。最近はソフトで指の間に水かきがついた手袋みたいなのもあるみたいだが、やっぱハードの方がごまかしが利かないから良いのではないかと思うのですが、どうなんでしょ。
Matchacciさん、Makiさん教えてください。

2008.09.23

9/21 弥彦山HC

008_resize2
ゴールを目前に確認し、あわててダンシング(荒天につき、ピンボケ残念)

生憎の小雨~雨だったが、坂も去ることながら、暑さにも滅法弱い自分にとってはウェルカム。ただ、山頂からの眺望が得られなかったのは残念。

結果
39分06.27秒(約10km、標高差510m)
一般男子ノーマルB(40歳以上ロード):71位/116名完走(クラス首位から61パーセンタイル)
全体総合順位227位/360名完走(首位から63パーセンタイル)

機材
LOOK486、50×34-13×26、Campa Neutron、VeroFlex Brack 8.0bar

予想タイムは河野君から聞いていた、定峰2本と想定し、定峰の過去ベストラップの18分30秒(遅っ)×2+α=約39分となる。結果は限りなくこれに近かった(マスドスタート方式なのでスタートロスを差し引いた手元計時は、38分39.2秒)。
平均HR=173bps、最大HR=182bps、Vmax=36.7km/hを見る限り、弱いなりにもしっかり走れたと言える。初コースで頑張るべき場所も、ゴールもまったくわからなかったので、少しだけ足を残してしまったのでタイム改善の余地はありそう。

HC(ヒルクライム)は昔も今も苦手な分野だが、何故か自転車では登りたくなる。どうしてなのか、今も良く判らない。皆より明らかに遅いし、心拍も足も苦しいだけなのに...

コースは約10kmで510m、弥彦山スカイラインを観音寺口から登る。コース高低図からはほぼ一定の斜度で登ることになっているが、実際はわずかにほぼ平地区間や下り区間があり、そういった意味では最大斜度は5%を越えている筈だ。実際に登った感覚では、確かに定峰峠の白石バス停から先を2本分といった感じで、どちらかといえばめげずに登り易い。
残念なのはコース道中の景観があまり良くないこと。まるで沖縄の普久川ダムに向かって登っているような錯覚になる景色。ダイナミックな新潟平野や、裏手に迫る日本海などが眺望できれば最高だろうに。尤もHCの競技中は景色を堪能する余裕などいつも無いのだけど。

今年で第3回目となる歴史の浅いHC大会で、圧倒的にジモティーが多い。今後人気が出てくるかも知れないが、折角マトリックスタグを導入しているのだから、マスドスタート方式はどうなんだろう。2車線道路でのスタートはエキスパートエントリー選手以外は並んだ順なのでスタートが大変だ。

レース全結果はこちらから。

翌日A3でコースのおさらい。ハンググライダお立ち台から寺泊港の方を望む。
032_resize

2008.09.22

今ここ

翌日、A3で登ってみたがこの日も佐渡は見えず、残念。

2008.09.21

貸し切りの露天風呂

貸し切りの露天風呂
何もあたらなかったが風呂は結構。

弥彦HC

弥彦HC
4時に出て、7時30分到着。受付に10分遅刻してしまいました。

天気は小雨/雨でした。

結果はロードBの71位。39分台はほぼ予想通り。

せっかくだから何か当たってほしい。

2008.09.20

新都心の炭八

新都心の炭八
参加者募集、電話ください。

新都心けやき広場


彼岸花 台風一過 ソロ練

F1000028


予報より早い時間に、台風一過のすがすがしい気候に。
今日のチーム錬は皆出鼻を挫かれた様子でまとまらなかった。明日の弥彦HCも晴天が期待できるが、どちらかといえば主目的は弥彦温泉なので、HCの方は安全に、そしてすこしの頑張りで走る。

ACR沿いの雑草が伸び放題になっていて、西遊馬(にしあすま)の土塁のところはオオブタクサに視界がふさがれ危険な状態。また、上江橋への歩道も同様で危ない。ACRは部分的に草刈されていたが管理区域による管理の違いなのか。

往路に松村・原田組、復路に山ちゃん夫婦。その先に岡部さんがいたようだが、入間大橋の信号で離れてしまった。

これから、けやき広場にビッグバンドを見に行く。

41.9km、Ave.25.7km/h

2008.09.19

チームステッカー試作中

F1000026
A4に出来るだけ配置して、カッターで切り分ける。

F1000027
メットに貼ってみた。

PCとプリンタと市販フィルムシートで試作。
インクジェット対応ポリエステル素材の汎用フィルムシート。耐候性向上させるために、印刷後のフィルム表面に図書館などで使用されるUVカット透明フィルム(t=0.07mm、ピッチンPL-35)を重ね貼りする。これは以前も使用して好結果(退色防止、薄さ、密着性、正反射し難い細かなしぼ模様、やや艶有)のお薦めグッズ。

今回使用したフィルムラベルはエーワンの29293
防水素材でインクジェットで発色が良く、仕上がりも薄く、多少伸ばして貼れるしなやか素材ってなかなか見つからない。写真のようなデザインでは下地が白や黄色の場合には綺麗だが、その他濃色系では乳白色系の透明素材なので、下地色を綺麗に透過出来ず不自然な感じになってしまう。今回のように全面べたなら29282など光沢白色フィルムの方が良い結果になるかも知れない。次回はそれで試作してみたい。

自転車用ステッカー、小さくまとめないと貼る場所が無くなる。

2008.09.18

最終ステージ

最終ステージ
やっとゴールに向かえる

TDどこだ第三ステージ

TDどこだ第三ステージ
始発便で移動

2008.09.17

一人まつじん

一人まつじん
TDどこ第二ステージ補給ポイントはどこのまつじん

TDどこ第二ステージ

TDどこ第二ステージ
280km、16・3L

TDどこ第二ステージ

TDどこ第二ステージ
今日は長丁場、安全運転

2008.09.16

TDどこのどこ第一ステージ補給

TDどこのどこ第一ステージ補給
腹減った。

TDどこどこ第一ステージ目的地

TDどこどこ第一ステージ目的地

TDどこどこ第一ステージの2

TDどこどこ第一ステージの2
これはもう簡単でしょう

TDどこどこ第一ステージ

TDどこどこ第一ステージ
手始めは簡単に

2008.09.15

9/15 スイム錬-6 950m+水中ウォーク30分

シャカリキに感化されて、三日連続閉めて300km練の筈でしたが、まったく感化されなかったし、身体もそれなりに疲れてるって言っているようだったので、物練はパス。

午後になってツレとプールへ。

アップ:400m
キック:50m×8(2分サークル、バタ・バタ・ブレスト・ドルフィン×2)
スイム:50m×3(2分サークル、25mハード+25mイージー)
ここまで約30分で休憩時間になってしまう。

今日は月曜日だったので、3時から30分の無料レッスン「水中ウォーキン・グゥ!」を二人で受講する。

なるほど、歩き方メニューを覚えると、ただ漠然と歩くよりエクササイズ効果高そう。何たって浮力に助けられ地上で出来ない歩行運動が出来る。あらためて左右の股関節可動域が結構違うのを再認識する。
その昔、スキーで痛めたのが原因の筈。これを少しでも改善できればバイクで、もう一伸び出来るかも。

ジャグジーで休んで終了。

夫婦50歳割引でシャカリキ

F1000010


昨夜観てきました。
HPでは「大ヒット上映中」とありましたが、数あるシアターの隅っこでひっそりと。MOVIXさいたまでは1回/日上映だし、写真に撮ったパネルも、一番目立たない柱の裏側にやっと探しあてたという始末。


映画版からは曽田正人らしい熱さも、ほろりも伝わってこなかった。ロードレースを2時間のストーリで伝えるのはつくづく難しいと思うが、ストーリも映像もとても中途半端な感じで残念。

アニメの「茄子...」や短編サクリファイスで描かれるストーリの方がロードを題材に仕立てるなら良いと思います。
近い内にテレ朝あたりで放映されるでしょうから、焦って劇場で観ることは...

2008.09.14

9/14 物練

Cocolog_oekaki_2008_09_14_14_30

昨日の120kmはそれなりに効いているが、定刻の錬に向かう。
昨日よりはだいぶ気温が低く走りやすそう。
ところどころポツポツあったが、路面が濡れるほどではなかった。

明日も走る予定なので、山行きは自重し、清澄手前から裏養護園坂の短い激坂を34×23で越え(殿岡クラッシックコースの逆走ショートカット)をノンストップで帰還。

今日はボトル一本で完走。ACR離れてから住宅街でコーラ補給
ボトル1本(CCD)+120円増量サービスコーラ=約1.2L

宇津さんから約1年前に新品で頂いたPanaのタイヤ、そろそろ賞味期限と思しき様子なので帰宅後HC用タイヤに交換する。
一度もパンクしなかったので、少し引張り過ぎたかも知れない。細かいひび割れが増えたし、方々に小さなカットも入ったが、周囲が膨らんだりしない。丈夫なタイヤだった。

71.6km、Ave.26.3km/h

2008.09.13

ダブルトーションばね 完成

F1000035

F1000036

少し前に注文した特注ばねが20個届いた。
近隣の希望者に頒布するまえに、早速我家のドアに取り付けて試運転。

完璧です。ドアの取り外しはひとりで出来ましたが、再取り付けは佑介の手を借りずには無理でしたが。

寿命はこれから先数年掛けて様子見しないとわかりませんが、壊れたものがSWP(-Aか-Bは未調査)クロメート仕上げで、今回のは奮発してばね用のSUS鋼線(たぶんSUS304ーWPBあたり)にしたので、もしかしたら良い方向になるかも。

今日のライド中の雑談で、遠藤さんもSWPのクロメート過程での水素脆性を疑っていましたが(お見事!)、機械製作法で各種メッキによる高炭素鋼の水素脆性は確かにポイントのひとつ。クロメートも亜鉛メッキ程ではないでしょうが処理によっては水素脆性アリエールのです。

9/13 物練 館川ダム

F1000033

今日は内輪練。参加者は沢山で10名前後。
物練メンバーばかりの練習会なので、骨折治療中のリハビリメンバー2名も参加。安心してリハビリ走が出来たのでは。
今日のルートは取りあえず亀ロー、現地協議で亀井裏道から明覚、西平、表松郷、館川ダム、西平のルート

上の写真は松郷峠を越えて、下りきる前を左折して落合橋に向かうルート。
落合橋から左折して川沿いに峠まで。今日はダム右ルートが法面工事で通行止めだったので、左ルートを進む。


これは、亀ローで遭遇した屋代さんのNewバイク。
何と何とチーム愛と世界の願いでオリジナルバイクになってます。驚きはステッカーでなくすべて塗装で仕上げられていること。左側は「ポンズ&物見山」と、ポンズ上位ですが、右側は同じ「ポンズ&物見山」でも物見山が上位ですね。この辺も屋代さんらしい気の遣いようです。ポンズと物見山のコラボを上手く表現していると思います。

色合いやデザイン、賛否両論ありますが、すばらしいです。何処に止めても施錠は要らない(だろう)ことも話題になりましたが、窃盗団が日本語読めればですね。
F1000031

トップチューブは左右同位で「交通安全」と思いきや、もしかして左は「健康第一」かな?
F1000032


F1000034

何故か知らぬが、裏道からACRに出るすぐ手前、農家の前にたった1台あるしむらだ贔屓の自販。皆で最後の補給。
今日は予想以上に蒸して、摂取水分も多く、皆のボトルも直ぐに軽くなっていたようだ。


120.4km、Ave.25.9km/h、登りは足なりで控えめに登ったけど、少し頑張りすぎかも...

Continue reading "9/13 物練 館川ダム" »

2008.09.09

ここは

ここは

ひゃー、これも何だか判らん。
ヒントにする筈の景色だったのですが、背景が写りこんで被ってしまいました。
失敗です。

どこまで

どこまで


あとで自分で見ても、こりゃ難しいです。
気動車の特急先頭列車の最後部席からです。

実はこの後16:30頃、続どこどこのつもりでこれもアップしたつもりですが、上手く投稿できませんでした。
先程降りた某駅で、今度は電車の特急を待っています。
F1000026


また辛い季節

Cocolog_oekaki_2008_09_09_08_20


先週末から徐々に重症傾向。寝ていてもくしゃみと鼻づまり鼻水のサイクル。時に呼吸困難で目覚めて鼻をかむが、当然鼻づまり。
今日の出張先にはブタクサ無ければ良いのだが。

2008.09.07

9/7 個人TT練 物練スタート召集まで

7:00スタートの場合にも間に合う時間に掛けた目覚ましで起きる。
先週と打って変わって、寝苦しい夜が続いている。

外は薄曇から晴になるような兆し。
早速メールチェックすると、ドイツ帰りの岡部さんが7:30酒抜きランを募っていたので、ツレに「今日は何時に送れば良いの?」とその場で確認。
「8:40、ひとり途中で乗せる約束だから」

ならば、このまま寝ようかと一瞬だけ思ったが、早出個人TT練ならできるだろうと急いで準備。
上峰からジモティー以外は利用しそうも無い裏道を行くと、野田ナンバーのハイエースに抜かれる...何となく山ちゃんっぽい車だが、今日もまきさん単独アクセスも無かろう。

で、集合場所に近い駐車場で、やっぱり山ちゃんが準備していました。あれれ、全日本?宮杯?
ソロることを告げ、6:40土手下から計測開始。7:30まで50分だから、25分×2でどこまで行ってこれるか。

今日は50×17(53×18近似)縛りの筋トレモード。
CRは僅かに上流に向かって向かい風の感じだが、微風か静止に近い。30km/h超は何とか維持できるが、それから少し上げるだけで妙にキツイ。でもHRはATより低めで、疲労か筋力落ちか、など思いながらも進む。
そんなこんなで以後もまったく伸びず、手元の時計で(自分のPolarはラップ計測中のスプリットが見られないので不便)スタート25分より少し前に入間大橋に到着。信号も赤だし、ソフトボールコートに降りてくる車も多く、キリが良いので即折り返すことに。

復路は風の影響で少しだけ早く、メーター読みで33-34km/h。
汗だくになって集合場所に戻り、岡部さん、志村君、山ちゃん、米谷さん、市川さん、杉浦さんに「では気を付けて行ってらっしゃい」などと挨拶して帰宅。
TTの結果は以下のように、とてもTTと呼べない遅さであって、今後の動機付けにはなったかも。
ところで、なぜ距離が300mも違うのか?まったく同じコースをトレースした筈なのだが。

  ラップ 平均 距離
往 20:57 29.3 10.2km
復 20:39 29.8 9.9km

31.1km、Ave.26.1km/h

2008.09.06

ヘルメットコレクション 久々

F1000033


LAS SQUALO ラス・スクアーロ...イエロー/シルバー/ホワイト
一時期仲間内でも人気を博したクリプトンの上位モデル。

9/6 物練 やっぱ川島で濡れた

参加者は自分とマキさんとこの写真の被写体の皆さん(全員物ジャーです)+先行グループの数名(ゲスト小野口君、原田さん)
F1000037

7:00発の物練、今日も大盛況。
ツレがPTAのお仕事で三男の文化祭に参加するので、少々機材を運ぶ役目があって、時間を読みながら途中離脱。
といっても勝手知ったるいつものコース。帰宅予定時間±5分前後で持ち時間を走り切る。路線バスより精度は高いと思う。

コースは殿岡クラッシックから最後の坂を除いて、戸守ローで水分補給するパターン。
終始一緒に走ってくれたのは、宇津さん。

山本さんも同じコースでしたが、清澄お出迎えや自然連結解除などで少しお話ししただけ。
宇津さんの回復も凄いですが、マキさんに平地のスピードがついてきたのにビックリです。この練習会、ハエーオンナ(の方々)ばかりで...はるな愛なら「いうよねぇー」って言いながら、結構ゆっくり走ってくれるかなぁ。

80.9km、Ave.26.7km/h

2008.09.05

カペタ16-17

F1000032


息子が買ってきた。
やー、カペタって本当にいいよ、熱いよ。車好きには絶対お薦めと思うんだけど。

各巻あっという間に読めてしまう短い内容だけど、必ずドキドキさせられるし、ホロリもある。
冷静に考えれば、こんな親父もそうさせる「ツボ」があるんだろうな。

もうカペタも17巻そしてF3になった。
元祖シャカリキ!期待はずれになってもいいから実写映画版を見に行こうかと思う。

続どこどこ

F1000031


10:30頃、この写真を携帯からアップしたのだけれど「プロフィールの写真の投稿に成功しました」だって。
誰もそんな投稿をしてねーよ、ココログ。相変わらずメンテナンスやバージョンアップの後はトラブルの絶えないココログだ。エラー報告なんかしてやらないもんね。

というわけで、予想に反して下の場所が難しいようですね。ドアの向こう側に色が写りこんでしまったので簡単だろうなぁと、思っていたのでした。

どこどこ

どこどこ

プチ流行 新機能

Cocolog_oekaki_2008_09_05_07_58

字面だけじゃだめね、やっぱイラストとかじゃないと。

2008.09.03

復活なるか彩湖朝練

F1000029

5:56 管理橋上から北側を望む。

宇津さんと示し合わせての朝練。
例年9-10月はTDOに向け練習量を増やす目的で、彩湖周回(道満朝練とも)も積極的にやってきたが、今年は参加を断念したので、モチベーション+走力はかなり↓中。

とは言え、ローカルHCも再来週に迫り、何たってこの1週間は大雨に祟られ朝練の出鼻をくじかれた感強く、時間と場所さえ示し合わせれば、寝床から這い出せるという理由で朝練再開。

火木であれば、ほぼ定例の朝練が開催されてはいるが、正直言ってあのメンツ、あのタイム、それに2周毎のスプリント合戦では即死以外なさそうなので、ここはリハビリ中の宇津さんの背中を借りるという算段。

少し早く着いて管理橋上で待っていたら、早朝から屋代さんに引き回されたという杉浦さん、そして植木の陰から通勤用デイパックを取り出す松村さんに会う。

徐々に周回タイムも更新するでしょうが、今日のところはこれでも一杯一杯で、帰路は廃人のようにソローッと裏道繋いで帰宅。
次回の示し合わせ練習会は8日か10日、6:00かも。

10:15-08:56-09:18-08:57-08:40

41km、Ave.25.5km/h

2008.09.01

ソロでリハビリ練

F1000028
10:51頃。清澄坂に向かうアプローチ。この辺りの景色も好きです。

今年の計画有給は月初に設定した月が多い。8月は仕事の都合で流してしまったので、防災の日の今日は休暇。
ここ一週間、異常なほどの連続大雨模様で自転車乗りの多くがいわゆるメンタルにうつであって、その精神的リハビリはやっぱりのんびりいつものルート。最高気温は32℃予報だが、少し前に比べたらかなりマシ。

9時過ぎにのんびり用意して出掛ける。HRも坂以外は150未満を守ってのんびり走る。
開平橋-入間大橋間で、前方から見慣れたポジション+オーラのレーサーが来るなぁと思っていたら、やっぱしむちゃんでした。早朝から走ってるんでしょうね。彼女もきっとメンタルリハビリだと思います。

コースは、定番殿岡クラッシックコース。
去年TDOの前に何度も走ったコース。基本NonStopのメニューが理想のコースだけど、ポラーボトル一本で来たので今日は戸守のローソンまでのNonStopにする。
亀井エリアは清澄下って、バス通りに出る手前を左折して小さな岡越えで蕎麦屋坂をパスする裏道。養護園裏激坂を下ったら、山沿いの廃線跡裏道で、葛袋交差点手前まで出る。

時折、雲の合間から忘れかけていた夏の終わりの日差しが差すが、それ以外は大方曇り。湿度が高く湿気が纏わりつくような感じで、ジャージの汗が乾かない。時折、田圃や川面から吹いてくる風が冷たくて気持ちいい。

戸守ローで水+リンゴジュース+赤飯のおにぎりを補給して帰路に着く。
摂取水分、600+500+370=約1,500ml、帰宅時体重62kg台なので水分不足だった。でも、抑え目に走ったので疲れもなく、メンタルリハビリの目的は達成。

西遊馬あたりではオオブタクサ(葉っぱが桑に似ています。上州育ちにとって桑はとてもポピュラーな草木です)がさらに大きく成長して、穂が出てている。帰宅後目が痒いのはこのせいだ。例年より少し発症が遅れている感じ。毎年、綺麗に開花するセイタカアワダチソウも大きくなっています。もう少しで一帯が黄色くなるはず。

82.9km、Ave.23.5km/h


« August 2008 | Main | October 2008 »