« 練習再開 | Main | あと5年は無理でしょうが »

2008.07.29

超絶

F1000016


新譜購入。
そもそも「絶頂」は聞いたことあるが「超絶」って言葉、これまで使った記憶が無い。ならば造語かと思いきや、そうではないらしい。
Transcendental Studyというタイトルの練習曲集があるらしい。


内容は練習曲集であって、実際の楽曲が収録されている訳ではないが、模範演奏とカラオケが交互に収録されたCDが付属する。

本書は、どんな人を対象にした練習曲集なのか?
以下の設問であまりにYesが少ないので、自分向けの練習曲では無いのかと思ったら、ひとつでもあてはまれば楽器をケースから出して吹く準備をしよう!!とあった。

EWIは普段はケースに仕舞っていないので、準備には手間取らないのだが、さて。

<引用>:自分の回答
■アルトサックスを吹いている:N
■初心者と言う/言われるのがイヤ:N
■気がつくと、キイを押さえるように指が動いていた:N
■アドリブでメロディが吹けるようになりたい:Y
■どこからかアルトサックスの音が聴こえると、瞬時に身体が反応してしまう:N
■アルトサックスでプロのミュージシャンになりたい:N
■「曲が吹けるだけ」になりたくない:Y
■アルトサックスを抱きしめて寝ている:N
■願わくばアルトサックスを吹きながら...(略):N
■チャーリー・パーカーやフィル・ウッズが...(略):N
■むしろ、自分自身の身体の何割かは...(略):N

« 練習再開 | Main | あと5年は無理でしょうが »

10:EWI 50の手習い」カテゴリの記事

Comments

ワタシがバスクラリネットをくわえていた25年ほどまえには、既に「超絶技巧」という言葉があったと思います。一日練習しないと三日戻る、なんていわれて一所懸命練習してましたが、昨日始めた人が次の日練習しなかったら、三日戻るなんてありえねー、とかも考えていた田舎の高校生。

tktktk、タンギングkominatoさん。

25年前ということは...高校のブラバンかオケですかね。
自分の技巧には何度も悶絶気味でしたが、当時は今のように専門雑誌も教則本も多くなく、特にジャズ系にはコード理論とか難解なものしか存在していなかったように記憶しています。


バスクラとは渋いですね。
自分がいたブラバンは、当時バスクラ持ってなかったのですが、ビッグバンドのバリサクがそうであるように、B♭クラリネットとは違うフレーズを吹くことが多いのでしょうか。

「超絶フレーズ」。。。ですか。。。ほど遠い。。。

私の先生は娘なのですが、音符の読み方から
違うので、かなり苦戦しています。
(私はドレミ。娘はABC!!)
ハ長調とかの言い方も、C Scaleとか言っちゃってるしw
やっぱ初心者はC Scaleからでしょ?って思いきや、
G Scaleの曲から吹かされているしw

訳わかりません。

つれ子さんはピアノ弾けましたよね?

折角だから、もっと混乱しましょう。
ピアノの前でサックスを吹くとすぐに気付くのですが、実はアルト・サックスとバリトン・サックスはE♭(英語でイー・フラット、独語ではEs<エス>、日本語で変ホ)の長音階をもった楽器で、ソプラノ・サックスとテナー・サックスはB♭(英:ビー・フラット、独:B<ベー>、和:変ロ)となります。だからサックスのC(伊:ド、英:シー、独:ツェー、和:ハ)音はピアノのC音と音程が違いますよね。

つれ子さんは4ヶ国語を駆使して、C(Major)スケールとかツェー・ドゥアとかハ長調をアルトで吹くわけですが、実はピアノから見ればE♭を主音とした音階を吹いているわけです。

ピアノは小学生の頃ちょこっとやってましたw。
それに、私が通っていた小学校では結構大きな合奏団
というものがあって(コンクールとかで有名だった)、そこに所属していたのでー、
トランペットとか、アコーディオン、アルト木琴、その他打楽器等など、
いろいろな楽器を経験してます。


先日。
娘が、「私がMelodyをサックスで吹くから、ママはキーボードで、Harmonyを弾いてね!」と言うので、やってみた時。。。
なんで?? と思った音の違い!!!(G Scale の曲)

知らなかった。。。これで納得!!!
な~るほど。そ~いう事だったのかぁ~。と。。。

でも。。。。CがE♭? (意味わからんw)
サックスの楽譜のままキーボードは弾けない?

って事は。。。。
キーボードで音階合わせる業を持ち合わせていないと
一緒にアレンジメント無理!!

え??そんな技、もってません

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 超絶:

« 練習再開 | Main | あと5年は無理でしょうが »