« 御茶ノ水は日立の地下駐が安い | Main | 新工具セット調達 »

2008.03.10

新カテゴリー EWI

カテゴリーに「EWI 50の手習い」を追加。お好きな方々宜しくご贔屓に。
EWIはイーウィと読む。

そもそもは1月13日に気になりだしたEWIだったが、その後も流行熱らしからぬ気になり度が自分の中で継続。思い立ったら吉日とは言うものの、衝動買いするには少々お高いので念のため冷却期間を置くことにしたが予告の1ヶ月は過ぎ、さらにおばかな落札の後遺症も癒えつつある昨日、思い切って試奏に。

まずはYAMAHAのWX5。単音楽器用に作られた音源と、KEY操作系がSAX準拠でとてもとっつきし易い。またマウスピースも偽リードも違和感少ない。生楽器よりも息の閉塞感は強めに感じ、あらためて腹式呼吸を意識し、何とか鳴らす。生楽器でなく、コードも要るので試奏用の防音室が利用できず楽器屋のフロアロビー。店員も要るし他のお客さんも要るので少々気恥ずかしくあまり冒険は出来ない。

次は本命、EWI4000S。これは前触れ通り不思議な楽器であり、SAXとは別物。音色も生楽器を模したものでなくシンセサイザそのもの。タッチキーゆえに、指換え時のタッチがそのまま移行音となって出てしまったり、吐息はWX5よりさらに閉塞感を強く感じ(いずれもそれら程度は微調節できそう)リーコーダと同じとはとても行かない。取りあえず誰でも音が出せることには違いなし。リコーダで半音階の運指を覚えている人はほとんど居ないだろうけど、ハ調の譜面ならたぶん簡単。

兎にも角にも、基礎練習からじっくり取り組もうと思う。
早速今日からは定時終了に努め、練習あるのみ。

休日の午前中や、暖かくなっての朝練は自転車がメインであることに変りはない予定だが、EWIの練習は腹筋の鍛錬にはなる予感。

« 御茶ノ水は日立の地下駐が安い | Main | 新工具セット調達 »

10:EWI 50の手習い」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新カテゴリー EWI:

« 御茶ノ水は日立の地下駐が安い | Main | 新工具セット調達 »