« 行ってきました、都幾川 四季彩館 | Main | 物練 »

2007.08.21

JCRC 埼玉チームTT

P8191761_2


2007.08.19 JCRC第1回埼玉県タイムトライアルロードレース大会
チームTT(未登録の部) 20km
チーム物見山A、松下、小湊、松井
結果:10位、30'41.08
(参考記録個人:31'02.774、Ave. 38.65km/h)

生涯3度目?のTTT。下総で2度、群馬CSCで1度、いずれも短距離か、変則ルールであって、今回のが正真正銘のTTT。
出場を決めてから僅か2週間の準備だったこともあり、予想通りの厳しさだったが、独特の雰囲気と展開が楽しめた。今回チームを組んでくれた松下さん、小湊さん、チームサポート含め感謝感謝。

チームTTはチームで協力してタイムアップに努める。しかして終始自分を抜きにした2名の方がゴールタイムが良かったかも知れないのだが、やってみなきゃわからないので結果がすべて。

正直言って、入賞圏内には残りたかった。控えめに見積もった筈の30分だったが…それも叶わず残念。

ゴール前、約1km、埼玉大橋の下あたりまではチームTTである以上出来るだけ貢献したかったので、切り離しポイントは前もってそこでと松下にお願いしておいた(実際は橋より少し下流の18.5km地点で一杯になってしまったので先行してもらった)。

結果からは、さらにその約3.5km下流、東武線鉄橋下の方が良かったのかも知れない。今回は残り距離が少なすぎて、それまでの借金を流石の2人でも回収出来なかった感じだ。

Polarのデータからは、個人的には限界に近いHR領域で走れたように見える。最近のHRmaxは185bps前後の筈だから、第1ターンまでを除いて、終始94~95%で走っていることがわかる。しかし、100%まで一度も達していないし先頭交代によるHRの回復も見えず、連結解除した地点で自分は本当に一杯だったのか?と怪しい。残り1.5km死ぬ気で(死んでは元も子もないが)、連結解除地点まではもっともっと頑張れたのではないかと反省。

ゴール後に足を残してしまった感覚からは、もっと重いギヤを踏まないとダメだったのだろうか。平均ケイデンスを見ると、95-94-91-98-86と、ペース走でありながら、軽めのギヤで終始している。

スプリット区間
1:第1ターン、2:SG地点、3:第2ターン、4:18.5km地点(連結解除)、5:ゴール
Jcrc_ttt_polardata


« 行ってきました、都幾川 四季彩館 | Main | 物練 »

03:レースレポート」カテゴリの記事

Comments

当日は何から何までありがとうございました。足は残ったかもしれませんが、38℃(現場での体感はもっと上かも)のなか、100%行っちゃうとどうにかなってしまったかもしれません。これからまた、オキナワに向けてあげていきましょう。

こちらこそ、ありがとうございました。

参加の皆がTTTの難しさやを、それぞれ実感してくれて、そしてそれぞれのblogなどで表現してくれているのが、何よりの救いです。

Naraさんの高評も、冷静に見た評価として嬉しいですね。
また機会がありましたら、調整して臨みましょう。

今回のメンバーでは松下の力を100%以上駆使し、小湊の遠慮を排除し、自分がも少し諦めなければ…って感じです。

やっぱ、自転車って楽しいです。

沖縄にも上げて行きますよ~

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JCRC 埼玉チームTT:

« 行ってきました、都幾川 四季彩館 | Main | 物練 »