« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

2006.09.30

練習月報:9月

9月間走行         749km
2006年度9月まで累計  4,097km
200609_2

DateDistance, kmDistination
9/02107.9横松郷
9/0541.6荒川CR朝練
9/062.8朝練、雨で中止
9/1546.8おはサイ 6L
9/1682.6清澄
9/180午後ローラー70min
9/2146.7おはサイ 7L
9/22138松郷定峰白石
9/2450.6川島254BP
9/260ローラー40min
9/28124.8荒川CR全線走破DNF
9/30107.1彼岸花カップ

9/30:物練 彼岸花カップ

P1000002_7彼岸花カップのスタート地点へ向かう荒川遡上隊。定刻6:30に集まったのは7名。奈良さん、松村さん、山本さん、伊藤さん、屋代さん、殿岡さんそして自分。

P1000003_3こうやって見ると、足開いて止まっていると、かなりカッコ悪ぃ。

他のメンバーと亀井ローソンで合流し、おきまりのルート(コースではありませんので、宜しくです)へ。一体何人居るんですか?総勢で13-14名かな?誰がスタートしたか、きっと誰かがどこかにアップしてくれるので割愛。

1周目はルートに不案内なゲストが居るので流して進むことになった。ここで逃げを打ったりちょい掛けでピークを一位通過するのは本来は禁じ手だが、今日の(本当はいつもだけど)濃すぎるメンツなら自分にはこれしか考えられない。山本さんにこのせこい作戦を打ち明けたら「最初の一時間は引きっぱなしで願います」とか、まともに相手にしてもらえません。
結果的には成行き上、一本目の山岳ポイントを戴き、1周目通過ポイントも戴きました。ハーハー息上がってるのは自分だけだったようだけど、来た甲斐がありました。相手にしないようにけん制入れたチームメートに感謝。
でもタイムは平凡(自分比)だったので相当ゆっくりの入りペースだった模様。

これこっちはカップ主催者の撮影によるルート最後の登り。これは集団が県道41から入った鳩川あたり。フラッシュイエロージャージは良く目立ち、レースに不向きですが練習用には最高。こっちまでくると集団はかなり近付いていましたが、ピーク前に山ちゃんがスタンバッテたので、もうひともがきして周回ポイントまで我慢できました。

2周、3周とケンネル先でショートカットしておしまい。
16:50、13:30、13:48(44:08のそれなりに苦しい練習だったが、絶好調には遠い)

P1000004_7後続の7:30組に合流し南回りで帰還。こちらの直帰メンバーは小湊さん、細沼さん、水田さん、志村さん。
往復共、安定したローテーションに乗せてもらい、本当に助かりました。

集合地点から亀井ローソンまで1時間9分。結構早かったのかも。でも清澄坂以外は至って普通に走れた。昨今の乗り込みが効いて来た感じで悪くない。

107.1km、Ave.28.7km/h

2006.09.28

9/28:荒川CR全線走破ならず

P1000029_2ヤジマの先、進行方向遠く先には郷里で見慣れた上州名峰「赤城山」が。空気が澄んでくると近く見える。

秋晴れの休暇、兼ねてからのプランを実行。
天気は最高だが、行く手には荒川峠が出現していた。7~8m/sの向かい風を衝いて延々40km、大芦橋も左岸に渡り熊谷の外れまで進む。


P1000030_3ここでおにぎり一個を補給して河口に向けて折り返す。峠下りならぬ追い風をうけて、ほぼ35~40km/hで一気に上江橋まで戻る。ここから右岸に進路をとって、まずは笹目橋まで。

追い風基調は少しずれてきたが、帰路のことを考えるとかえって都合が良い。河口まで26kmポストを過ぎるころ、土手からの浸水でコースが濡れ濡れのところが多くなる。この傾向はさらに多くなり戸田橋下で断念する。
17号船渡のローソンでガリガリくんを補給し、水とコーラを買って土手上に戻り携行の2個目のおにぎりを食べる。連れがいれば走破は出来そうな予感がする。問題はCRに出現する峠の状況と下流側で補給ポイントがとれない点。予想全行程170km弱か。

あとは笹目橋を渡り、いつものルートで道満経由で帰路へ。
最後は向かい風となって少し疲れたが少しだけ昼寝したら回復していた。

124.8km、Ave.26.2km/h(折り返し板橋までの追い風区間参考32km/h超)

2006.09.26

カペタ 熱い!

カペタ、曽田正人によるカートアニメ。今はフォーミュラトヨタみたいなクラスにステップアップしている。
毎週見ることは出来ないのだが、とにかく熱い。シャカリキと通じる面もあるが、目頭熱くなるシーンが多い。こんな年になってもドキドキする楽しいアニメ。もう52話も放映したんだ。DVD買おうか。

曽田さんと言えば、今年のTDFのゲスト解説をやっていたが、とても普通の感じでだった。

16:30ごろまで仕事が片付かず、それからローラー乗る。
17:30カペタを見る。blogをアップ。今日のカペタが最終回だったことをあらためて知る。
DVDが高いを知り、レンタルを探そうと思う。

9/26:おはサイDNS

疲労感強く、DNS。

昨日は朝から大阪支店に移動。13:00から16:00まで延々3時間も顧客サービスに励み、少しは社会の為に貢献する。その後、技術文書整理で30箱分のリスト作成および倉庫保管手続き。この間休みなし。

18:00から千里中央の駅中の串揚げで同僚と一杯だけ(本当は生と焼酎ロック2杯)呑って、7:30のN44で帰京。社内で爆睡に近い。どっと疲れて、東京駅。駅中でラーメン食べて、帰玉。

この間、筋肉痛が増す。土曜の疲れを日曜に走って取ったと思ったのだが、ただの先延ばしに過ぎなかったようだ。
今日の午後になって癒えてきた感じ。
もう一仕事したら、ローラー乗って、昨日の時間外を取り戻す(つもり)。

2006.09.24

9/24:物練

昨日のダメージが残り、朝から筋肉痛。
アクティブリカバリーになればと思い、物練に出る。走り始めてもHRがいつものように上がらないので、インナーでケイデンスを上げ、先行気味に進む。ATまで上げるのが精一杯。

消防署前でさらに上げてみるが、ダメな感じ。254バイパス交差点でひとり折り返す。

今日は終始ペースを乱す元凶になってしまい申し訳ありませんでした。次回からはこんな走り方する場合は事前に断ってからやるようにします。
多数の皆さんは物見山を目指した様子。

50.6km、Ave.25.9km/h

2006.09.23

9/23:物練

P1000008_5今日のゲストは屋代さん、坂東さん、市川さん。その他メンバーと常連ゲストさんは略します。戸井さんごめんなさい。この写真からは14名?
出発前には珍しくプロによる記念撮影があった。でも物ジャー1名、それも上着だけという珍しくチームジャージが薄い日。何故かは秘中の秘だそうです。
P1000009_6大人数ということで一般道で車への配慮もあって、分かれて進む。今朝は出発前にいつもより念入りに通過地点や補給落合地点をブリーフィング。七重から直帰組み以外はこの成果が発揮されたようです。各人の都合を優先し、足前も考慮し、できるだけ一緒に練習できるパターンとして使えそうでした。
P1000022_3荒川CRでは太平洋側を通過している台風影響らしき、前線雲。これから晴れそうな予感。風は弱くあって欲しい。
P1000023_110:54:46の図 続く予定…
P1000024_210:54:58の市川さん(定峰1.5本目ゴール)、山ちゃん達(七重峠経由組)
P1000025_310:55:44の大浜さん
P1000026_210:57:24の細沼さん
P1000027_310:57:42のしむちゃん。皆さんここまでお疲れ様でした。

138km、Ave.25.4km/h

2006.09.21

9/21:彩湖おはサイ

P1000002_6木曜はおはサイの日。
しかし、5:30集合はとても無理。少しでもと思い、4:50起床5:20出発。この時間頃に急に明るくなるが、車はまだヘッドライトを点けている。途中の小さな堤上の道でご来光だ。

道中は安全第一なのでアップにはとてもならない。彩湖周回路に出てアップとなる。集団が後方から急に現れると瞬殺の可能性高いが、今朝は運良く現れない、9'26"。
2周目の荒川水門側の岡上に戸井奥さん発見。ということは、もうすぐ集団がやってくる筈。ATまで心拍を上げて後方に気を配りながら先行する。まだ来ないがこの周、8'54"。
ホーム側の最後で後方からの集団を発見。徐々に上げて水門前の坂で吸収していただく。今日はFELTの屋代さん、ナイスの谷川さんもいらしてました。

集団は5周目(つまりバックでのスプリントは無し)で、戸井奥様につきいちしたこともあってバックも意外と楽に。男のくせに女につきいちと申すなかれ。彼女のスピードと声色、そしてメットから長くたなびく赤毛は尋常でございませんので。

集団最終の6周目に入る。ここでも身分をわきまえ奥様のつきいちで過ごす。決してストーカーではないのですが許していただく。

バックのスプリットタイムは紛れなく自己ベストの1'37"。一本だけで何だけど、やればできるじゃん。ラップも7"01"8でした。トップ奈良さんから2秒も遅いというより、余裕で万歳ゴールされました。

皆さんは三々五々散っていきましたが、自分は都合7周してから帰還。我家まで100mを切ったところで後輪が派手にバースト。我家まで押して帰り、見るとセンターが大きく切れていました。何踏んだ?どこで?
まだセンターの砂目が見えるほど新しかったのに、あー勿体無い。

9'26
8'54
8'33
7'02
9'58
10'14
9'43

46.7km、Ave.26.3km/h

2006.09.20

今日の浦佐

P1000001_5スキーをやってる頃は、妙に敷居が高く、足を向けなかった。

2006.09.19

9/20:朝練DNS

P1000013_25:10起床。肌寒い風に負けてDNS。
2度寝して普通に起きたら、さわやかな快晴。少し後悔した日。

2006.09.18

バースデー

Dsc02031年々寂しくなるバースデー。、この日の晩は家族3名で祝ってもらった。
ペンネ・ゴルゴンゾーラ、マグロの和風カルパッチョ、ピッツァ・マルゲリータ、バゲット、リオハと好物ばかりのささやかなお祝い。

9/18:ローラー練

午後の暑い盛りに70分間。今年はバースデーローラー。

ヴエルタ

Dsc02022昨夜のライブで全ステージ終了。
後半は契約チャンネルの放送スケジュールと、翌朝の練習のために殆ど見ることが出来なかったが、近年稀に見ぬ面白い展開だったよう。結果はこちらから。


この日のビールはこれ

2006.09.17

一周年

Whatsnewもう一年、経ってたんですね。11日は翌日に控えていた大事なプレゼンに忙殺され忘れてしまい告知忘れました。他人がどうこう言うのも何ですけど、なかなかいい感じのお二人になってきた様子。これからも宜しくお願いします。
去年はこんな感じでワールドワイドに。でも最初の写真は上のやつだったんですが、某局からクレームが入って急遽ネコに差替えた記憶があります。私の中ではもう時効なので再掲。

今日は殿岡さんが物練に復帰した記念日。当の本人はそんなこと忘れて今朝はもう出発した頃でしょう。今日はこれから出掛けねばならぬ用事があるので私は乗りません。

過去の日記を紐解く自分、少しずつお爺ん臭さが出ているかも。

2006.09.16

9/16物練:清澄ノンストップ練

P10000457:30にいつものように集合。
宇津、細沼、水田、志村(以上、物見山)、ニルス山本さん、あずみの志村さん、なるしま森須さん、ゲストIさんの9名。この写真は良く撮る普通のアングル。
今日もミルラムさんとブラールさんは顕在!でした。
数日続いた恨めしい雨を忘れさせるような、気持ち良い秋の日。まだ雲が厚いが晴れてきそうな朝。皆、山を目指すといって嬉しそうだ。清澄越え、西平補給。狩場坂峠からグリーンラインに登り…という大まかなルートが決まった。
自分はまだ自分なりに考えた沖縄に向けた調整を始めたばかり。競る気持ちを抑えて考えたメニューをこなす事に。
今日は宇津さんが自分のメニューに付き合ってくれるという。願っても無い心強いサポートに感謝。
清澄では入りのペースが早く、皆に瞬殺されたが、その後宇津さんと南回りで帰還。向かい風区間が多かった気がしたが、終始いい感じで乗れた。左足のアンクリングを少しでも矯正するために用意したキネシオテープも効果があった。


P1000046_1_1ふと気付いたのだけど、小麦色でつるつるした脹脛が朝日にあたり輝いている。皆、普段の調練で見事な筋肉標本。皮下脂肪も極少。もちろん脛毛も最少だしね。
足フェチで無くてもきっと気に入ると思うの、こんな足。

82.6km、Ave.27.9km・h

2006.09.15

9/15朝練:彩湖

P10000426:26のホーム側。まだまだ遠い…
P1000043ネコ屋敷の前辺りでウィンドブレーカーを着だした様子。こりゃ追い付けるかも…


今日の朝練は何と9/6以来となる。9月は自分比しっかり乗り込みたいと思っていた矢先の雨続きでした。
2周半回ったところで、管理橋上に2台発見。一人はすぐに戸井さんとわかるが、もう一人は誰か?その彼は追い付く前に幸魂大橋のほうへ消えていきました。

ホームでウィンドブレーカーを着込むスキを狙って戸井さんを追うが、追い付きません…やっとの思いで野球場を過ぎた辺りで追い付く。
この直後にOh♪Hamaさんにも会うが、そのまま帰還されたようす。

さっきの彼はFELTに乗り彩湖で良くソロ練を見掛けるYさんという方。始めてまだ半年前後だということ。戸井さんが舌を巻くほどのスピードマンだと言うこと。御木さんから我らチームの案内がされたこと。今度、物練参加希望を出すことにしたと言う事などを教えていただく。

その後、クーリングダウンの戸井さんと3周?程ご一緒してもらい、こっちは結構真剣ですが、だらだら走らずに済み大助かりしました。

10'38 
09'48 
09'12 途中先行2名を発見
09'31
09'09
08'36 戸井さんと別れてAT超で走ってみる
クーリングダウン、結局7周(バック側は内周路)で終了。

5時起床。トイレに少し時間を取られてしまい、5:40出発。

46.8km、Ave.26.5km/h

2006.09.11

週末

やはり少し疲れたか。

土曜練に参加宣言し、一応目覚まし掛け就寝。目覚めの葛藤は、体の物理的な部分の勝ちで、DNS。午後は末息子の学園祭を見学に行く。目のやり場に困る露出度高い女子高生多し。娘がいなくて良かったかも。

日曜は週明け締め切りの仕事。HBOになってから一年が経過したが、休日にこんなに仕事したのは初めてか。水木金と出張が続いたからだけど、この出張はそもそも部外からの依頼でギリギリに決まったから仕方ない。

で今日は夜半から雷雨。5:00には雨はあがっていたけど路面は濡れていたので、とういかやる気が今一だったこともあってDNS。

2006.09.08

那覇にて

P10000386:37.沖縄の朝は遅い。那覇定宿おすすめロイネットから。

P1000039遠くに見えるのは泊大橋。離島へのフェリーターミナルは「とまりん」って言うんですか?それとも地名?タクシー乗って泊港の方へ行ってくださいって言ったら、「とまりん」ねって返された。でも沖縄のタクシー運ちゃん、皆良い感じで好きです。

P1000041羽田行き8:05便。週末なんだから、もう少しゆっくりすれば良かった。昨夜食べられなかったソーキそばは空港で朝食代わりに。これでご当地料理は大体食べたかも。
お土産は、サーターアンダギーと島ラッキョウの塩漬け。

2006.09.06

宇都宮から

P10000379/6 宇都宮17:28。この日のプレゼン聴講者は56名。北方水滸伝は13巻に入った。6/8には読了しそう。何巻まであったか忘れたが、本当に面白い。

なとりの梅干昆布って、美味いねー。
お土産は無し。駅には餃子が沢山の種類あったけど、あまりに多くて迷って結局やめた。

9/6:朝練

P1000035_1明日明後日と仕事の都合で朝練出来そうにないので、坂ダッシュ練2セットを目指し5:33にスタート。
しか~し…行く手には暗雲が。

P1000036_1さいたま芸術劇場前。彩湖のある南西方向は雨雲が。という内にポツポツきた。大宮BP交差点で引き返しを決定。ならば、昨日に続き遡上しようかとも考えたが、北方向も雲が厚く、川島方面は雨にあたるこもが多いので却下。今日は練習したかったが濡れたくはなかった。

最近、秋のアレルギーが醜くなってきた。一日中目の痒み、鼻水も一旦出始めるとなかなか引かない。不思議なことに雨でもあまり症状が変らない。

2.8km、Ave.18.4km/h

2006.09.05

9/5:朝練

P1000032
5:29我家へのご来光。
2週間前は5:24だから、約5分、日の出が遅くなった。

おはサイの日だが、少し気が向かないので、荒川上流側CRへ。上江橋ではゴルフ場内を抜け、沈下橋を渡って、ホンダAPのところに出て折り返す。
日の出時間の関係で、この先残り少ないおはサイにも惹かれるが、濃過ぎるメンツにちょっと退く。

P1000033治水橋の信号も朝は渡りたくなかったので、運動場を抜けたらこんなものが居た。よく見たら星型エンジンはダミーでした。

41.6km、Ave.26.4km/h

2006.09.03

ポール・トゥー・ウィン 36.983

Dsc00241
職場の同志によるカート部創部の初戦。
9/2サーキット秋が瀬に集まったドライバーは正部員6名とゲスト1名。応援の家族2名+1名の総勢10名。
日差しは強いが、秋風を思わせる清清しい日。

Dsc00207リザルト(Mobil SHC800 Cup KART RACE)
TT:
No.2M山さん(カート部部長)予選PP獲得 37.388。
No.1まつい(0.01秒遅れ)。
No.7佑介

予選:
No.1まつい
No.2M山さん(0.465sec遅れ)
No.6SAKU。
予選最速LAP No.1まつい 37.445

Dsc00230決勝グリッド:
ポールNo.1 まつい
No.2M山さん
No.6SAKU
No.4H田さんの順。
No.7佑介は予選の単独大スピンで6番グリッドから。


ファイナルの順位は、まつい、M山さん、H田さん、と佑介は最終週のスピンが祟って2秒及ばず4位に沈む。

ファイナル12周では、6位までが12周回、7位が11周回と、それまでのスピン大会が見事に収まり、また各自のラップも39秒前半まで上がり、レースを盛り上げた。今後に期待を繋ぐ良いレースだった。

決勝最速LAP 1番車まつい 36.983。
自己記録を1.785秒更新する。

Dsc002422本になったトロフィー。最長老はこのまま勝ち続けることは出来るのか。いやいや今後は後進の指導にあたり、皆で熱いレースを目指そうか。

前回、カート部創部の前哨戦はこちらから。

2006.09.02

物練:横松郷

P1000028_27:30スタートリスト。
志村、細沼、遠藤(以上物見山)、森須さん、そして私の5名。

ゆるりとしたペースで清澄ルート亀井ローソンを目指す。

清澄の下りで超々お久し振りの中村、松村さんに迎撃される。

コスプレの日。
ミルラムの後ろを走ると、自分はもうペタッキ気分。
ブラールみたいのは、ケスデパーニュ仏チャンプレプリカなんで、チョ派手(で周りがちょい恥ずかしい)。でもシャンゼリゼまで行けなかった悲劇のジャージ。


P1000031_2物見山クイズ
これは誰でしょう?写真は携帯で撮ったので縦横比は甘いですが、決して合成ではありません。また、丸っこく見えますが、キャラも健在、笑顔も変らず爽やかでした。

107.9km、Ave.26.3km/h

« August 2006 | Main | October 2006 »