« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

2006.07.22

7/22:物練とレスキュー

主要メンバーが修善寺の5耐に出ているので、内輪でこじんまりと…の予定だったが、前夜のアップにも関らず多くのゲストに支えれれ、いつものように物練。
参加者:細沼、殿岡、米谷、松井、松下さん、小湊さん、伊藤さん、我妻さん(○○さんは毎度ゲストの方々)そして森須さん(後日追記)

コースは取敢えず清澄経由、横松郷峠、西平7-11で補給と決定し7:30にスタート。日中の気温が30度との予報だが、涼しくて走りやすい。
入間大橋手前から殿が積極的にアタック!と思いきや、お決まりの場所でマーキングしたくなったので先行するとか。マーキングは無事終わったみたいだけど、激走によりパンクもしていたみたいで即復帰不能。皆で修理を待ち再スタート。
路面は濡れていて、ついさっきまで降っていた感じ。裏道を繋いで川島の通りに出る頃は霧雨。西行きに従ってだんだんと雨らしくなってきたが、止まって見ればまだまだ小降り、には違いないが西の空が薄暗くブルーに。254バイパスを過ぎて、旧254の交差点で嫌になってきたので、ヤンピー決定し独りで帰還。

引き返してみたら、直ぐに雨からは開放されたのでどうも雨と一緒に進んでいたのかも。帰宅後調べたらごく一部の地域に雨雲があったので川島はやっぱり雨の特異地区なのかも。
入間大橋上流の土手下CRで自転車部らしき高校生がとぼとぼ歩いて来た。

「どうしたの」「パンクしちゃって」「工具はあるの」「ポンプが無いんです」「じゃあ貸してあげるから」「○×△□っす!」
聞けば大宮工業高校の自転車競技部だって。体格からして1年生かな。
「大宮工業ってどこにあるんだっけ」「さいたま市です」「(さいたま市は分ってるので)さいたま市のどこ」「(ふたりとも)…」
きっと自転車部だから電車とかバスとか使わないんで、説明できないんだろう。

見れば修理の手際も悪い。何とタイヤレバーも無いとのこと。レバーも貸してあげて、パンクの原因をチューブから探させたり、タイヤをチェックさせたり、それと思しきカット底からガラスの破片を除いてあげたり、交換チューブに少しだけ空気を入れてから納めさせたり、ミニポンプでのポンピングを教えてあげたり…。やっぱ1年坊主だろうね(違ったらごめんなさい)。

明日が実業団小川という山本さんが通過した頃も、彼の作業は続いている…。暫くの後すべてが終わり、ミサカの練習会に向かうという二人と「どうも、○×△□っす!!」の言葉を背中に別れ、帰宅。
前途有望な自転車好きの若者に、良い事をしてあげられて、おじさんも幸せ。

集合地点に着く頃には雲切れから日が差してきた。
55.5km、Ave.26.1km/h

2006.07.18

7/16:与野祭り

P1000010_3

今年も息子夫婦と。
ベビーカステラ、カキ氷、杏子飴、居酒屋で皆で1杯と、今ひとつ乗り切れないもので終了した。
御輿がメイン出し物ですが、あの若衆(担ぎ手)達はどこから湧いてくるのか。あの商店街に普段あれだけの若衆が居る訳ないです。
それと、どう見ても柄悪いのが少なくない。

2006.07.16

絶対おすすめ、与野「黒龍」

金曜、最寄り駅を降りる。いつもの駅高架通路、階段手前の真正面に手書きの宣伝ポスターを見つける。
「黒龍」名前も場所も記憶が有るが、ここに住んでから一度も寄ったことは無い飲み屋。
ポスターには、ランチもある本業「飲み屋」というメッセージ。

ここまでなら何も珍しくないのだが、飲みの情報が「沖縄・奄美からの食材メニュー云々」
もともとはTD沖縄で知った味であるが、それを肴に呑める店は本当に少ない。なんちゃってチャンプルーとかチェーン居酒屋にはそんなメニューも無くは無いが、本物の味からは遠い。

場所はここ
昨夜は子供達が祭りや何やで出掛けていたので、飯がてら連合いと出掛けた。
聞けば30年来、この規模でやっているとのこと。宴会が出来る居酒屋として地元企業にはご贔屓にされてきた様子。故郷奄美の食材やメニューになったのは2-3年らしい。昔なら物流面で小規模店では出来なかったことも今は容易にできるようになったという背景もあるらしい。

我家から歩いて行ける場所で恐縮だが、泡盛や黒糖焼酎で美味い南の肴があって、お薦めです。今度どなたかご一緒しましょう。カウンターでの一人酒から、40名程の宴会が出来る座敷もある。

ラム酒のような黒糖焼酎「奄美」は一升キープもできる。

2006.07.15

至極の時間

Dsc01722

家族は皆でイオンに買い物に。
水滸伝は4巻目に、益々面白くなってきた。
アテは、よっちゃんとクラッカー、チョコ、6Pチーズ…

今夜は与野夏祭り。

7/15:物練にて

TDFからフランス人と思しき方が紛れ込んだ日だった。

生憎フランス語はまったくダメなので、会話はおろか、持ち物をじっくり検分することも叶わなかったが、ライブで飛んでくるTDFの映像でしか見たことの無いような、世界最先端の技術と後端の無許可撮影を特別公開。

良く見ると、先端の方は品質検査に合格しているらしく、OKと書かれていました。きっと難しい製造技術が詰まっているものと思います。

63.2km、Ave.28.5km/h

2006.07.13

メンテ終了とは言うけど

無事、大規模メンテ予定時間が終了したらしい。
有料ユーザーが、この使用不能時間の補償を誰も求めないのが不思議。

2日間にもわたるメンテご苦労様などという、ノー天気なコメントも見られるが、お人好しもいい加減にしてほしい。
従業員、契約派遣の方々含め、きっと徹夜作業だったんだろうなという推測は付く。実働に対する礼(同情)には同感しないでもないが、ユーザーはプロバイダと契約しているのであるから、会社組織としてのお詫びが文字だけで済まされているのも嫌悪感が残る。

2006.07.10

ココログの行方

永らくお世話になったniftyで、正直言って愛着もあるけど、主用途がココログになってきた以上、もう我慢の限界。向こう2日は大規模メンテらしいので、この書込みがいよいよ最後になるかも。

でも面倒だから、どうか宣言通りメンテが功を成して欲しい(もう期待はしてないけど)。

タイヤを替えた。定番EVO-CX。
Dsc01717
プレミアムな甲類+ホッピー。美味いが赤提灯の味には遠くなる。
キンミヤ焼酎が飲めるお店情報。
Dsc01720
無性に天丼が食べたくなって、ネットで検索して浦和まで家族で出掛けた。まずはビールだ。
P1000004_4
塩天丼。クーポンで海老一本サービス。これで580円。
P1000005_1


2006.07.08

7/8(土)物練 LOOKの日

やる気はまったく出てこない土曜日だが、明日は雨かもしれない、なまったまま週末を迎えるのも良くないと思うので皆と走る。
こんな時、一緒に走る仲間がいると助かる。

今日はLOOK5重連という珍しい日だった。
奥から、486、486、585、585
P1000002_2

そして555
P1000003

LOOK代理店の方とも親しくお付き合いさせて戴いているので、勘繰られそうですが、当然ながら一切の便宜提供や贈収もございません。清廉な大人のお付き合いです。LOOK車が多いのは結果としてこうなっているのです。優れたモデルを提供し続ける限り、こういった構図は有り得るのでしょう。

荒川CRではさらに2台の565、555?を追い越す場面があって、瞬間7台を記録しました。ちょっと売れ過ぎでしょうか。

そうそう、カンパ(コンポ)がフルに近いモデルチェンジするそうですが、まだ見ていないのでワクワクです。

81.5km、Ave.26.5km/h

2006.07.07

なまってます

Dsc01715


大宮DONQで、相方が買ってきた。TDF開催中という表示もあったそう。

とにかく静かな一週間だった。
先週土曜に乗った以降、1mmも乗っていない。月曜は会社記念日で休暇だったけど、何もする気が起きなかった。その後も出張が無くずっとHBOに篭り、朝練はおろか夕連も、ローラーも無い。

おまけに晩酌が美味くない。恐らく殆ど動かないでいるからだろう。欠かさず呑んでるが量も少なめで、途中で呑み疲れる感じ。
J-PlusでTDFライブを1,3,4,5ステージは見たが途中で風呂入ったり、見てる振りしてウトウトしたり、最後の5分ぐらいだけ見てる。何ともブルーな1週間だった。

2006.07.03

ココログ

更新不調が続いています。
色々やってみたのですが、レイアウトまでおかしくなっています。ご不便をお掛けします。
7/11からメンテのようですが、本当に大丈夫でしょうか。
有料ユーザーに対するサポートリンクも繋がりませんが、意図的なんでしょうか。

2006.07.01

7/1:遅出物練 与作

予報では朝の内雨らしいので日和る予定の日だった。
起きたら少しだけ降っていたがすぐに上がってきたし、予報もそのように伝えている。

MLを覗いたら水田さんが10:30通過宣言をしており、宇津さんもそれに乗るらしい。集合まで50分しかないけどバイクはスタンバってるし、スクランブル決定。

自分の提案が採用され、懐かしいルート+宇津さん希望の与作ルート。CRを大芦橋まで-森林公園-滑川-嵐山-小川-与作(蕎麦屋)-南回り-図書館で水滸伝受け取り-帰宅。


少し距離があったけど、ほぼ平地追い風基調、機関車重連もあってダメージは最少の感じ。備蓄された体内脂肪でエネルギーも足りていた。
110.9km、Ave.26.8km/h

« June 2006 | Main | August 2006 »