« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

2006.02.25

2/25:チーム連+555調練

暫く振りのチーム連だったのだが、全然走れなかった。それもその筈、練習日記を遡れば1/28以来だったようなので、ほぼ一か月振りということだ。これじゃ走れなくって当たり前だ(のクラッカー、古っ!)。
そんな訳でこれまたいつ以来か分らないくらいの物見周回連はパスして、細沼さんと越辺川沿いのルートでお喋りしながら戻る。ゆっくり目でも結構一杯になる。

帰宅して555の調練に誘いだす。車でCRまで出ようとしたが「何時かは公道も走らなきゃならないんだから、今日は家から行ってみようか」と、予期せぬ発言。ならばということで、まずは自走で彩湖を目指す。
左岸を下り笹目橋の早瀬まで。ここで右岸に渡り、荒サイ下流に無事デビューを果す。午後は南風で少し辛そうになってきたので、戸田橋から17号を帰ることにする。何せ今日は公道調練を自主的に申し出てくれたので、17号なら申し分ないだろう。基本車道走行だが時々歩道も。信号が多いので必然的にクリート着脱は増えるし、路駐の車を避けたり、渋滞の路肩を抜けたり、実用面で必要な要素がちりばめられた連になった。
P1000005
物練:73.3km、Ave.25.1km/h
調練:27.5km、Ave.17.0km/h

2006.02.23

大和の最期

DSC01267

北緯30度22分、東経128度04分はここ

やっぱ最近お気に入りのGoogleマップの方が良い感じ。

2006.02.22

男たちの大和

P1000001
少し前に買っておいた前売りディスカウント券の有効期日が2/28だったので、今夜女房と見てきた。
恥ずかしながらもう少しで溢れるシーンが3度はあった(本当は少し漏れた)。涙腺が毎年緩くなっているのを実感する。
比べること自体無理なのかもしれないが、「三丁目の夕日」よりはずっと素晴らしい出来で満足だった。

小さい頃から聞いていた大和の最期だが、時代背景的にはやはり無駄死にを正当化するために建造されたようなもので、多くの水兵が無駄死にせざるを得なかったんだろう。

チケットはあと2枚。「単騎千里を走る」か「ミュンヘン」が候補だが、週末しかチャンスは無いな。

2006.02.20

マ○フィーの大義名分

一か月程前の出来事。
オンライン(ダウンロード、更新)契約していたウィルススキャンプログラム。マ○フィーはバンドル以外では日本ではマイナー製品だと思っていたが、集客というか集金には抜け目が無かった。

要は契約が60日後に切れる。意思表示(返信のこと)ない場合30日後には自動更新され、利用時登録した口座から料金を引き落とす。満期前なら手続きで解約は出来るという内容だった。
案の定、放っておいたら利用期限30日前に「継続ありがとうございます」みたいなメールが来た。結局自分の場合一旦は引き落とし(売り上げ)が実行され、後日返金(マイナス引き落とし)がされてしまうことになった。

メールを無視して、自動で何か口座から引き落とされ、それが実は利用していないセキュリティープログラムだったなんてユーザー、結構いたりして。怪しいので電話したら30日以内のクーリングオフは有るとカスタマーサポートでは説明していたが、およそ受け入れ難い更新約款だと思うのは自分だけ?

彼らの大義名分とは(自分には大きなお世話としか思えないが)
>本製品はお客様のPC環境を安全に守るために開発され、たとえお客様が継続の手続きをお忘れになっても自動的に契約を更新するサービスであります。自動的に更新することでお客様のPCがウイルスに侵される危険を回避することができます。

もともとは今は瀕死状態で休止ノートPCのために店頭でCDにて購入し、1年後にオンライン更新2年特価サービスを利用していたのでこれまで3年もの間、優良ユーザーだった訳だが、二度とここは利用しないだろう。
現在某社のセキュリティー24を家族3端末で利用しているが、マイPCのみノートン製品も併用していた。奇しくもこれも今日が満期。ノートンは「更新手続きなき場合は権利消失」という常識的なパターンだった。

いずれにせよオンライン契約の約款などは、よく読まずに、画面で読んでも自分都合に読んじゃうし、当然印刷もしないで「同意して次に進む」をクリックしちゃうので気を付けねば。

2006.02.19

2/19:祝、連合い荒サイDebut!

連合いの荒サイデビューの日。
荒川運動公園までの公道走行はまだ危なそうなので、面倒だけど車でアクセス。土手に上がる道で帰還してきた殿に遭遇。お杉の新婚生活は柏になったことや、ネット環境が無いこと、6月に第一子が誕生する予定などなど情報を入手し、運良く借金も返すことができたのはラッキーでした。

調練のLOOK555の上の相方は緊張しまくりで、上体が堅くコチコチ。西遊馬グランド経由、上江橋、入間大橋と進むにつれ少しづつだけどリラックスしてきた様子。沈下橋で対岸に渡り折り返す。
P1000003
自転車乗りでも恋が芽生えることで昨年一躍有名になった榎本牧場で小休止。今日の癒しブタはかわいい子豚。ごわごわ頭をゴリゴリ撫でて癒してあげた。

牛舎の脇には立派な犬もいたがこげ茶色のレトリバーなんてはじめて見た。熊みたいで怖い。
P1000004

川岸屋でそれぞれ420円のきつねうどんをいただき、いつもの通りゴルフ場を抜け戻る。荒川CRに出てくると「あれっ」って驚かれる。どうだ面白しれえだろうと自慢顔。そんなこんなで、荒サイ上流側デビューも無事完了。今度は下流にも行こうか。春になったら越生甚五郎にも連れて行ってあげたいけど、全行程自走だとちょっと遠いね。

距離その他走行データ不明(ポラールの電池切れに気付かなかった。2月データも飛んだ)
3時間、約40km程度だと思う。

2006.02.18

完治した

2週間掛かった。やはり予防接種したほうが良かったのかも。
自転車も明日から再開しようと思う。

また図書を借りた。「三国志」は1冊ずつ貸し出し期限内に読破し4の巻まできた。「こぐこぐ自転車」はチャタレイ裁判で有罪判決を受けた伊藤整さんのご子息、伊藤礼さん。
DSC01257


2006.02.12

完治せず

インフルエンザAに罹ってから今夜でまる一週間。
月火と高熱に苦しみ、水からは薬が効いて快方に向かったのでHBO勤務も何とかこなした。処方薬が終わった木曜午前の段階ではだいぶ楽になっていたので期待していたが…
その後も咳が抜けない。咳き込まない限り痛くも何とも無いのだが、咳が醜く胸が痛くなるほど咳き込む。土曜日には観念して再通院するも、祭日だったので休診だった。
昨夜は少し酒を呑んで見たが、旨いという感覚が戻らない。容態もあまり変らないので明日も通院してみようと思うが、どうしたものか。

2006.02.10

1月のまとめ

総走行 367.5km

1/07 93.6km 初乗り
1/08 70.9km
1/25 43.7km
1/28 89.3km
1/29 20km LOOK555デビュー
1/30 50km

固定ローラー:1/15、16、18、21、22で合計6h40min

かなり回復した

昨夜は4日振りに風呂に入った。自慢の足から垢がぼろぼろ出た。頭も髭もこ汚いオヤジ以外の何者でも無かったが、綺麗にしたら気持ちよかった。
食事も細くなっていたし、酒は4日も飲んでなかった。その割には減量は気の性程度だった。処方されたくすりは今朝飲み切ったので、晩酌でなにか舐めてみようかな。まだ喉がいがらっぽいがので、明日の外練習は自粛しよう。
そんな訳で今週は完全引き篭もりだった。


2006.02.07

インフルエンザA型

掛かっていました。

昨日の午後からの発熱は尋常でなく、もしやと思い朝一で医者へ。フルだと分れば風邪より治療が確立してると思うので早く直るのかな。スゲー効く解熱剤で体温を下げ、抗生物質投与を始めました。
今は38度位なのでずいぶん楽に感じます。昨夜なんか39.3度から全然下がらずフーフーいってました。家族にうつらないか心配です。

2006.02.06

寝てます

風邪で寝込むなんて久し振り。
最近風邪引かなくなったねなどと話していた矢先。先週人ごみの中に2日も出掛けたのが原因かも。
咳と微熱と関節痛が主な症状。

寝てるのに日記更新?急遽急ぎの仕事が舞い込んで嫌々デスクに座ったので。

« January 2006 | Main | March 2006 »