« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

2005.05.29

かわいい!と言われた日

相方と小江戸川越のモールをのんびり走っていたら、歳のころあまりかわらなそうなおばさんに抜かれざま「わーっ、かわいい!おそろいの着て・・・」
我ら二人は誰のことか、周りをきょろきょろ。

周りには誰も居らず、どうも我々のことのようだ(恥。二人ともキャップとグラサンで、黄色いLOOKとチェレステのBianchだから、歳に見えなかったかも。

この日着ていたのは昔、足利の自転車屋イベントの教習場3hr耐久で抽選Gotしたパールの綿っぽい風合いのサイクリングウェア(色違いセット)。彼女のママちゃりには「防犯パトロール」の看板が付いていたので、中学生位の子供がいる方なのだと思う。

話は変るが、きょろきょろした所にあった眼鏡宝石店のショーケースに、何とウルリッヒがいた。川越ではルディーが流行っているのかな。店頭の一等地なので妙だなと写真だけ(無断で)撮らせていただき、今日になってググってみたら老舗で正規販売店「カニヤ」でした。どうも3代目店長さんはフジタの「アルホーク」に所属のロードマンのご様子。どうりでね。

Ulrich_in_Kawagoe


2005.05.28

川越ポタ

Nifのフォーラムっぽいタイトルだなぁ。
今朝も物練に参加する意気込みで昨夜は床についたのだが…寝坊した。正確に言うと、一発目二発目の目覚ましは気付いたのだが、止めてから起きようとした。が、その後は覚えていない。
どれくらい経ったのか、気付けば集合40分前。スタートまで20分で準備しなければならない。着替え、トイレ、食料準備、バイク準備。正直5分から10分は足りない。
時間に厳格なことも有名になった物練なので、目の前で隊が出発してしまう公算大きく、参加を断念(というか、まだ寝たかっただけかも)。

ならば、相方が前から一度行きたいと表明していた川越小江戸散策だ。
普通に起きて普通の朝を過ごし、いざ出陣。


荒川CRに出たらすぐに物練参加のチームメイト単独帰還に遭遇する。
上工橋から川越市街は16号沿いに行けば、すぐそこ。
まずは「蔵造りゾーン」の菓子屋横丁へ
Dagashiya

次いで「時の鐘」
TokinoKane

仙波東照宮、喜多院
Kitain

蕎麦やで結構こだわりの花万木で10割そばをいただく
100soba

「まめ屋」に寄って試食と購入、次いで「いも屋」
Imo

沖縄物産店(どうして沖縄?)などで、お土産を沢山買ってきて今日はおしまいう~。
Omiyage

2005.05.21

2005.05.15 JCRC-3ひたちなか

ペア(チーム物見山D)2時間 4位入賞。
記録:2時間1分13.9秒(米谷)、2時間1分11.6秒(松井)

クラス入賞を目標にしたレースであったが、レース中のリストラは予想以上に困難であり、出来過ぎの結果であった。個人的には2時間の部グロス15位でのゴールは、実力以上に上手く走れた結果であるが、ゴールスプリントは失敗だった。

公式結果はこちらから。
2時間レースの混走ゴールデータ「2005JCRC3_2H_UPFILE.xls」をダウンロード

1時間の部ゴール直後、自然に抜け出2-3位の図。その後のレース中の図。そして表彰式。(オールスポーツ・コミュニティーへのショートカットは期限付きです)

今回、目標の結果をもたらした要因は…(続かず。悪しからず)

2005.05.20

アンビリバボー

昨夜は定時で帰宅。
晩酌・食後のあと何気なく見ていた番組で、ハビエル・オチョアを奇跡の復活劇として採りあげていた。
男はすっかり忘れていたが、2000ツールといえば結構真面目に見ていた筈。本棚からサイスポ2000-9月号付録で調べる。確かに10ステージで優勝している。
今朝になってググってみた。LOOKのバイクでVOLVOに轢かれたなんて・・・

男の記憶力の低下を補うに余りある、便利な世の中になった。当時の関連記事はこちら

2005.05.18

祝入賞

2005JCRC3_4thPrize
入賞しました!
5/15に行われたJCRC-3「ひたちなかエンデューロ」、ペア2時間の部で4位となり、いつ以来か思い出せない位超々お久のお立ち台でした。2時間の部グロス15位は、メンツから見ても出来過ぎ。レポート準備中。

結果速報はこちら

2005.05.14

5/14:練習日記

レース前日なので物練に軽めに参加するつもりでいたが、前夜末息子の体育祭があることを知り、予定よりもさらに早めに離脱し2時間少々の練習だった。
明日は久々のレース。2時間ペアTTは初体験。

51.8 km、Ave. 27.4 km/h

2005.05.10

出勤してます

連泊出張に続く、GWの10連休。デスクへの出勤は4/26以来になる。
腑抜けた体に気合を入れるためスーツで出勤。本当は今日から3日連続で新しく導入が決まった某BIZソフトのトレーニングを受けるので、スーツは無用なんだが。
で、たまりにたまった仕事(メール)を片付けていたら、帰宅は22:30を過ぎていた。
こんな風に、また始まった訳だがこの先どうなることやら。いつでも乗れるローラーをセッティングしたが、明朝は起きれそうもない。

2005.05.09

5/8:練習日記

MET
GW最後は少しきつめの物練で締めくくる。
中1日の足は少し酸っぱく、さら足には遠い感じだったが、総勢11名という集団で速いペースで某周回コースに向かう。今日は多くの自転車ピーポーを追い抜く日だった。後で聞けばYなんちゃらというMM店のゲリライベントがあったらしい。
周回は弱い者から順に生かさず殺さず切っていくという、素晴らしい企画。一番手はどうみても男なので、入りのペースは自分に合わせてもらう。1周目はギリギリのちょっと前でいい感じ。でも、もう少しゆっくりの入りでも良かったかも。2周目にペースが上がる。既に1周目のラップが自己記録に殆ど同じなのでこれはきつい。一番激って居る坂で遅れる・・・が、エースが集団復帰に力を貸してくれる。これは嬉しいね。
半周近くを費やして漸く集団のけつに付くことが出来たけど、ますますギリギリ君状態。最後の登坂で憤死しておしまい。残り3周をソロで走って周回終了。
Fine_Rotation
5名でこれまた良いペースで帰還。Abe_Alan
今日は久々の阿部さんが参加した。
116.9km、Ave.28.8km/h

2005.05.06

5/6:練習日記

参加者:奈良、細沼、志村@ラベニールAzumino、松井の4名。
昼頃から雨が予想されるので、サクッと物見山周辺を走ることにする。心地良いペースでいつもの荒川遡上コースを行く。大東大坂下で右に折れ、養護学園坂を抜け、清澄GC坂、笛吹峠と繋ぎ、玉工坂、亀井小、三段坂で岩殿に戻る。トイレ小休止のあと、これまたいつものルートで帰還する。
今日は途中からHRデータが入らなく、レッドゾーン解除で走ったせいか、練度がいつもより高かった気がする。

90.2km、Ave.27.6km/h

2005.05.04

八海山と鶴齢(かくれい)

P1000006
Genzaemon_Nigori
先日の新潟行きで、現地の酒屋で酒造希望小売価格で入手した2品。
鶴齢(かくれい)の青木酒造HP。

ポタリング

HayasenoWatashi
今日は連れ合いとポタリング。(写真はふと見つけた早瀬の渡し石碑)
荒川下流左岸ルートを探索。京浜東北線をくぐった先、教習場から先が工事中で122号の橋まで出られない。工事は進行中の様子なので、やがては122号までは走れるようになるだろう。ただ所々土手上に上がったり河川敷に降りたりするので、右岸よりストレス度は高い。何とか122号の橋を渡り帰路は右岸で戻る。17号付近でコンビニを探し、板橋区グランドのスタンドでランチ休憩とする。Bianchi_Look
Satsukibare
それにしても全行程4時間のポタを何事も無かったように完走した我が連れ合いに驚き。自転車を始めた頃は、良く一緒に出掛けたがロード練をするようになってからは、さっぱりだった。お互いの老後を健やかに過ごすためにも、もっとふたりで出掛けようかと思う。

初乗り

biginnersmark
5/3は宏太初乗りの日である。
初乗りは家族皆で、って言っても、ひとり別居始めちゃったから今回は4名で。勝手知ったる自転車街道を繋ぎ、行楽渋滞を避けに避け、3時間の家族検定でした。結果は、まあ合格でしょう。
P1000005

途中の休憩では「あじとみ食堂」で太麺醤油を食す。これがこの店の味なんですね。他のお客さんに結構人気の「つけ麺」はまだ試してないけど、狙って行く店ではなくなった感じ。

2005.05.01

トレンディー玉子

NishikiZushiGyoku
4/27は大分の佐伯(さいき)へ出張。
美味い寿司屋が多いことで有名な街。昼食に寄ったのは錦寿司。すこしふざけた名前だがはがき大の玉。しゃりは普通サイズで見えないが、替えしゃりが2貫付いている。
Nishiki_JyoNigiri
本命の上にぎりの方は、ねたが特大で味と共に大満足なのだが、さすがに喰い難い。

なかなか訪れる機会は少なくなりそうだが、錦寿司の場所はこちらから。

練習日記:5/1チームラン

4月29・30日は、練習を休んだ。
休暇直前の出張疲れも溜まっていたし、今年は怒涛の10連休を予定しているので、もとより毎日は乗らない(乗れない)つもりでいた。

明日5/2にはLSDを計画していたが、あいにくの雨予報。今日はさらっと乗って、日頃のストレス解消としたかったが、出だしの足は重く、朝から憂鬱。

チームメイトの水田、米谷両名とゆったり目の遡上を開始。高坂から東松山越生線で清澄GC坂コースを(最後尾で)進む。玉川坂戸線に合流するT字路手前を左折し、蕎麦屋坂をショートカットし、残り2段坂を(これも最後尾で)登る。これで今日の登りは終わりと思いきや、大東大坂下で左折し、物見大周回コースへ(泣。
気を取り直し、短くも結構劇っている坂をヨロヨロと登り、裏道を抜け今度こそ帰路へ。重かった足も、徐々に調子が戻り、走った甲斐があったなぁという気分。ペースはそれなりなら、休憩なしの3時間走はまったく苦にならなくなったのは進歩なのかも。

83.2km、Ave.27.7km

練習日記:4月まとめ

4月の走行距離は、625km。1-4月累計1,468km

今年は週末の天候に恵まれ、4月は予想以上に乗ることができた。
調子も徐々に上向きだ。5月は2レースにエントリーした。

過去の記録
3月の走行距離は、283km。1-3月累計843km
2月の走行距離は、235km。
1月の走行距離は、325km。

« April 2005 | Main | June 2005 »