« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

2005.03.31

PHP4 190円

PHP20050404出張の折に、特集テーマを見てから購入することがある。
読んだときには、定期購読しても良いかなと思うけど、たまに読むから良いんだなぁ、これが。

名古屋出張

Basie3/30は名古屋でお仕事。
往路ではマイPCで予習。復路では出先で買ったNew CDで録音と視聴。もちろんコールレポートをしたためてからだが。
駅ビル高島屋で昼を食らい、新星堂で時間つぶし。期間限定特価復刻版「Basie Big Band」を1350円で購入。
前回のアトミック・ベイシーは1957年録音。これは1975年録音の1991年発売CDの復刻版。
男がベイシー楽団のコピーをしていた頃のベイシーはこんな曲風。サミー・ネスティコの完璧ともいえる作編曲で気持ちよい。いわゆるお決まりのベイシー風なのだが、このお決まりが気持ちいいのだ。
通勤で、ヘッドフォンで、音漏れを気にせず思いっきり聞く。あー気持ちいい。

2005.03.28

練習日記:3/27チーム練

土日と続けて乗れたのは久し振りのこと。
この日のチーム連は、前日に修善寺で行われたJCRCレース後のリハビリ回復走メニューなので、軽めが予定されていた。この日の参加は、松井(不参加)、水田(Aクラス5位)、米谷(Dクラス完走)、松村(Sクラス完走)、奈良(Zクラス1位)

珍しく追い風に乗ってやや高速でも楽々モード。上江橋東縁で後輪パンク修理中の奈良さんを待って皆で遡上開始。物駐にはゼルコバ軍団と、サイクルビート?の面々でトイレ前は混雑、すっかり春だ。
松井と松村さんは帰宅部。他は、現地合流のゲスト2名を連れて松郷方面へ。速攻帰宅部は向かい風がだんだん強くなる中、上江橋まで松村機関車に引いて貰い、中々良い感じで練習できて感謝。

流石は普段Sクラスでブイブイ走る実力の持ち主。強めの向かい風をものともせず、タイミング宜しく信号停止も殆ど無く、一度も30km/hは下らず、先頭固定は羨ましい。

2005.03.27

練習日記:3/26荒川上流側の橋たち

1-Oashibashi
JCRC第1戦のこの日はチーム練はなし。殿岡さんと走るつもりが、ちょっとした時間の勘違いで空振りに終わる。
ならば、昨今諸般の事情で実質休止中だったロード練再開を祝って、ソロで走る。
気温も低くなく、いつもの北風もそれ程でも無く、良い季節になりつつある。花粉は依然相当のものだが、男は内服薬が効き始めているのか、目の痒み以外は手鼻が上手ならば我慢できる範囲だ。
今日の荒川峠の平均斜度は2-3%。無理をしない程度に滑らかなペダリングを意識して進む。途中、吉見-鴻巣を結ぶ「御成橋」の西縁ではCR迂回工事中で行く手を阻まれるが、ここではシクロクロスよろしく、バラス道を降りずに進む。だらだら乗ると飽きるので、この日は5分間MAX90%HRを維持するインターバルを取り入れあっというまに大芦橋。対岸は吹上町だ。
ここからは河口に向かって追い風基調になるので、ここでもインターバルを織り交ぜ、荒川に架かる橋を記録しながら下る。

Continue reading "練習日記:3/26荒川上流側の橋たち" »

2005.03.26

散財6,240円

6240yen
通販で良く利用する「タキザワ」の展示即売会を女房も連れて池袋まで見に行く。
車で出掛けたのが大失敗。高速使って2時間は我慢の限界を超えるぎりぎりだったが、途中で諦めてナビに「自宅まで戻れ」と命令したら、サンシャイン出口を指していたから仕方ない。
展示即売とは、失礼ながら名ばかりで、特価品の在庫処分という感じ悪りぃ~もの。折角時間と、ガソリン代と、高速代を使って来たのだから、何か買わねばと買った品々がこれ。
290円クレメンのチューブ2本、3980円バイクシステムズのエアーブレイク生地手袋だけが特価に貢献したかも。

2005.03.25

みかん、むいちゃいました

Mikan末息子の作品。どこかに展示されたものが学期末で帰宅したらしい。

2005.03.24

お祝い

Vintage1984
チームメートから息子の門出に、すばらしいお祝いを戴いた。
年号ワイン」と言って、希望するビンテージのワインを贈答用に仕立ててくれるサービスらしい。今夜は息子達が郷里の母方の実家に墓参りに行った帰路、立ち寄ったので、まずは赤を楽しく呑ませてもらった。
佑介の誕生年、何と1984ビンテージのブルゴーニュ、Ladoix(ラドア)。コート・ド・ボーヌ地区の最北端の村のようです。正直21年前のワインなど扱うのは初めてのこと。そもそもブルゴーニュは比較的高価なので自分ではめったに買わない。皆でどきどきわくわくする中、トップがきれいにカビで覆われたコルクを男は慎重に抜いた。

この日のために、超でかグラスを2脚新調し、デキャンティングでゆっくりと目覚まさせ、暫く置いてから…と思ったが、ちょっと味見から、美味い美味いと、犬でも出来る筈のおあずけもまったく守れず、あっという間になくなりました

皆さん、幸せなひとときを本当にありがとうございました。

2005.03.22

直江津

Naoetsu連休明けのこの日はここ。この季節、この沿線はどこも寂しさ一杯。
相も変わらず、越後湯沢では「かにずし」@900円。美味さ健在だが、量は少な目。

2005.03.21

ナポレオン

1982Napoleon男の酒蔵では珍しいコレクション。
23年前の沖縄(当然ながら返還前)で、新婚旅行記念として買われ「娘の結婚式には皆で飲もう」と某家に装飾保管されていたものを戴いた。事情があってその約束は我家に託された。
気持ち減量していたし、開栓時にキャップ裏コルクは無残にもボロボロになり、仕方なくドボン。
昔を思い馳せる、深い味が染み入る。

3/20 引越し完了

05-03-20_10-31息子が江戸川区に引っ越した。宅配便と新たに購入した物品は販売店からの直送。それでもVOLVOは満載なので、息子達と自転車で現地へ向かう。
ところが荒川区で超大規模マラソン大会に嵌ってしまい、CRは河口まですべて進入禁止で大往生。

2005.03.19

ジェネリック

generic
【名】 ノーブランド[ジェネリック]の薬品{やくひん}◆登録商標はされていないが、同じ効果があるもの
・ Generic medicine is often as good as a name brand. 非ブランドものの薬品でも、ブランドものに劣らぬ効果を持つものがある。
【形-3】 一般{いっぱん}の、一般的{いっぱんてき}な、包括的{ほうかつてき}な、総称{そうしょう}の、総称的{そうしょう てき}な
<英辞朗より抜粋>

Continue reading "ジェネリック" »

2005.03.17

性差別

男に関連の深い、ある新妻がこの春からの就職内定取り消しになった事件を聞いた。
ほんとうに信じられないことだが、こんな差別がまだ身近にあろうとは、男は夢にも思わなかった。彼女は、江戸川区の某、○○くら幼稚園という園から内定を貰っていた…都内住み易さ指数一番?と、その区内公認私立幼稚園によるこんな処遇は関係ないかも知れないが。

事の顛末は、本人による正直な自己申告。新入り保育士で、新学期からいきなり幼稚園に迷惑(といっても具体的には職員名簿や名札など些細なものしか考えられない)を掛けてはいけないということで「結婚のため苗字が変る」旨を、内定後、入園前に届け出たことが裏目に出たらしく、「担任をもってもらうつもりで採用したのだけれど、結婚してお子さんが生まれたら休まなければいけないでしょうから」という理由で、今は独身の採用者に急に取って変えられたらしい。「仕事を優先したいので、子どもは暫く作りません」という彼女なりの生活設計は聞き入れてもらえなかったようだ。
流石に、ことの異常さに気付いた専門学校の就職担任も、もう一度掛け合ってくれることになったらしいが、もともと学校推薦枠で選ばれた園ではなかったので、殆ど期待はできないだろう。

かなり弱い立場に立たされた彼らだが、男は前向きに考えるように諭した。
どうせその程度の園ならば、入社したとしても良いことなんて無かったかも。オーナー園長の独断、価値判断で「差別」に気付かないか、気付いても指摘できない同僚達で園が運営されているならば。

恐らく園側の決定は担任を連れても覆されないだろうが、正直なところ男の腹の虫も治まらない。こんなことが有っても許されるのだろうか。少し贔屓目の男だが、本件について識者のご意見を求めたい。

2005.03.16

英語がもっと話せたら

いやはや、今回も疲れた疲れた。
月曜から今日まで普段はシンガポールにいるAP地域総括の直属ボスが来日していた。近年では2回/年のお約束になったが、これに費やす時間とストレスは計り知れない。

英語が普通の企業に転職して10年。最初はそれなりに勉強したが、最近はさっぱりご無沙汰。100%とはいかないまでも、聞き取りと同意はなんとかなっている(と思う)。ところが言いたいことを正しく伝えるのは、かなり問題がある(と思う)。ましてや、反論や説得など…
流暢に英語を使いこなす同僚の殆どが、過去の海外勤務で得た技量(だと思いたい)。当然素質があってのことだろうが、男にもそんな機会があればもっともっと貢献できるのになぁ。

2005.03.13

今日の練習:ローラー練

ここ数日、花粉が猛威を振るっている。
例年であれば少し前から抗ヒスタミン剤を処方されて、対処出来ているのであるが、昨年来自然体で我慢している。
別に深い意味は無いが、昨シーズンはそれ程ひどく無かっただけ。今年はそうはいきそうにない。

締め切った部屋で、空気清浄機を付け、ローラーに乗る。こんな日は新調したシューズの微調整に丁度良い。
昨夜見損ねた「ごくせん」をビデオで流しながら45分。ポジションを少しいじって、バー位置を5mm下げて45分。90分も乗ったのは久し振りだった。

夕方、買い物に外出したら、鼻水+くしゃみ+眼しょぼしょぼで、これじゃ外乗りは無理そう。次週は諦めて通院しようか。

2005.03.12

赤ワイン イエロー・テイル・メルロー

yellow_tailオーストラリア産メルロー種。ご贔屓サッポロビールによる輸入。
メルローはやっぱり、カベルネとのブレンドが一番かな。まろやか+甘めが、赤好きの男には、ちょっとね。
20/04はビンテージの表示スタイル。

納豆焼き

NattouYaki2
NattouYaki1

2005.03.10

栄五丁目

Ohashiya03101945年3月10日、未明からの東京大空襲。戦争がもたらした悲惨な歴史だが、これが男の存在にも関わっている。
当時13歳の母は荒川区で暮らしていたが、空襲が激化する前に富山そして群馬に疎開させられたという。
母の記憶にある町屋は60年前のこの日、空襲で壊滅させられ焼け野原となってしまった。

男が「荒川下り練」と称して出掛ける荒川CRの扇大橋西新井橋区間の右岸側からすぐの場所だ。

Continue reading "栄五丁目" »

2005.03.09

総額>300,000円

Cork300
いつから集めたかは忘れたが、300個以上はある。平均価1,000円以上であろうから、少なくとも30万円もワインに注ぎ込んだことになる。最後は生花の代わりに棺に入れるように子供達に話している。

東京タワー

T_Tower1
機械振興会館で難しい研究会に参加する。

2005.03.08

卒業おめでとう

DCP_1306今日は次男の卒業式。卒業おめでとう。

泣けない

DCP_1308仰げば尊しでないと、泣けない。というか、歌詞を読むと泣けて照れくさいから、読まなかった。
お陰で、照れ隠しは要らなかった。

梅の季節

DCP_1309
卒業式の季節は、梅の季節でもある。息子の通った学校近くで見つけた梅の木。

2005.03.07

芋焼酎 島美人

Shimabijin
島美人。手堅い所だけど最近は品薄気味。
まろやかさが絶品で、変らぬ美味さが好きです。

2005.03.06

芋焼酎 黒伊佐錦

Kuroisa
伊佐錦といえば定番銘柄。これは黒麹流行に乗った、「黒伊佐錦」。
力強く、男の酒っていう感じが良いです。女子供には似合わねぇ。

Continue reading "芋焼酎 黒伊佐錦" »

練習日記:3/6ブレークイン

windyajima050306ヤジマ前のCRにて引き返す。吹流しほど、風は強くないが、空気がとても冷たい日でした。ずっと奥には焼却場の煙突。

新調シューズのブレークイン。今日は時間が無く乗れない予定だった。出掛ける時間が少しずれたのでチーム練にドタ参しようとしたが、皆の都合で合流出来ず、ソロとする。
途中あまり見掛けたことのないソロの女性ライダー二人にすれ違ったが、サングラスの奥で光る綺麗な視線、すれ違いざまに見せる「にこっ」と僅かな会釈(どちらも、そう見えるだけかも)が気持ちよい。一緒に走りたいなぁ・・・

走行50km

2005.03.05

新都心

goudochousha_1田舎から両親がやってきた。
ご近所名所のひとつ、さいたま新都心を案内した。

アトミウム

ATOMICBasie1958年、ブリュッセルの万博で作られたアトミウム

男が○○れた(英語ではI was born in 1957って表現が普通だから、本当は受動態で表現すべきなんだろうけどね)1957録音の大傑作アルバム「アトミック・ベイシー」を借りてきた。ジャケットがこれって、凄くないか。アルバム紹介の中で、アトミック・エイジの意味合いを知った。アメリカは51年に原子力発電、52年に水爆実験に成功。そして1957年にはソ連がスプートニクの打ち上げに成功した。1957年ってそういう形で競っていた時代だったんだ。でも、それらに先行して広島、長崎があったんだから、日本人には複雑な心境だ。

男の学生時代にはCDなどあるはずも無く、専らカセット。それも仲間のレコードや、エアチェックが音源であった。ビッグバンドのテープもそれなりに沢山所有していたが、いまはもう一本も無い。たぶん引越しの度に邪魔になり、ついにはテープデッキも故障し、それっきりになった。
最近になってMP3などをヘッドフォンで持ち歩くようになってビッグバンドの(レンタル)CDを探していたが、これがなかなか見つからなかった。今日立ち寄ったTSUTAYAには2枚だけあり、1枚は貸し出し中で選択肢は無かった。
男はやっぱベイシーでしょ。

2005.03.04

もう一週間

あの忌まわしい事件から、もう一週間。漸く体調は回復したが、週末に向け天候が下り気味だ。

2005.03.02

練習日記:2005年2月

2月の走行距離は、235km。1-2月累計560km
1月の走行距離は、325km。

やっぱり少ないなぁ。3月の週末は卒業や何やら急な予定が色々入ってきた。時間の捻出が一番の課題だ。

« February 2005 | Main | April 2005 »