« BTTF | Main | 物連 »

2004.04.07

TIボルトで軽量化

日本語ではチタンだが、英語で「チタン」と言ってもまず伝わらない。敢えて言えばタイタンだが、これも少し違い2つ目のタは母音が消える感じが近い。伝わらないカタカナ英単語は化学物質名では殆どかも。他の頻出筆頭はアルミニウムやアルコール。

自転車の軽量化パーツにチタン製ボルトがある。元来小さなパーツなので軽量化効果は無いに等しいが、錆びることは殆どなく(均一に酸化チタン膜で覆われている=すでに錆びている)、特に汗や海水による腐食には滅法強い。

重さは鉄系合金鋼の57%で、強度(耐力)は6.8強度区分の45%(215kg/cm3)位はあるので、我々の自転車パーツには最適な材料のひとつであろう。
今回、寸法別にまとめ買いしてみた。用途と寸法は車種や機種によって違う場合もあるので参考程度に。

M5×15-10本:ステムのバークランプ、ワイヤークランプ、ボトルケージなど
M6×15-3本:ステムのコラムクランプ、シートバンドなど
M6×25-1本:カーボン用コラムアンカーなど
φ6×φ11の平ワッシャー:シートバンドなど

これでしめて33.0gで鉄部品より25gも軽いと見るか、25gしか軽くないと見るかは?これで約2千円也??送料振込み料共無料。

小売している便利な即納サイト(後払い)はこちらから。プロショップ扱いよりかなり安価です。
http://www.wilco.jp

発注寸法に自信がなかったらアドバイスします。使用上の注意は交換による責任は自分で負うこと、バカ締めしないことと、雌ネジもTIの場合は焼付き易いこと、一部の高額パーツは最初からTI製ボルトも多いので無駄に買わないこと。

« BTTF | Main | 物連 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TIボルトで軽量化:

« BTTF | Main | 物連 »