« 世界の中心で、愛をさけぶ 片山恭一 | Main | GW前半 »

2004.04.25

同級会

昭和47年新里中3年D組クラス会。37名中、23名と恩師の参加があった。

いやぁ~楽しかった。前回6年前「立志の会」以来、卒業後2回目の再会だった。とても1次会2次会では話は尽きず、3次会の途中まで。何と18:00から26:00までの長丁場。いつも会えないせいか、多くの皆が遅くまで付き合った。
僅か3年間である。中には同じ小学校からの旧友もいるが、今になれば同じ時間を過ごしたのはほんの僅かな期間である。なのに妙な一体感のもと、その後今日まで過ごした様々な人生をお互い披露するような感じで、あっという間に時間が過ぎた。

同じような年回りの子供を抱える友は、日々同じような子育ての苦労や不満を抱えていた。結婚に至った経緯や、現職に至った過程など、お互い知らないことばかりだ。

当時憧れていた君は、実は本命とは一緒になれず、今のご主人との間に三女をもうけ、それでも幸せそうだったこと。
当時学級委員や生徒会で活躍の君は、驚いたことに当時から本当は人付き合いが苦手で、今もそれには苦労させられているらしいこと。
当時も男勝りで元気だった体育会系の君は、変わらず照れ屋で、変わらず益々元気だった。
当時は気付かなかった(見る目が肥えていなかったせいもある)が、美系要素を持っていた何人かは、やはり美人系に変身(当時比)していた。
皆、紛れも無く同い年なのに、若々しく小奇麗にしているものと、相当老けて見える奴。残念ながら病魔に蝕まれたらしく、もう会えなくなってしまった奴などなど.....

またの再開を約束して、またお互いの現実に帰った。

« 世界の中心で、愛をさけぶ 片山恭一 | Main | GW前半 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 同級会:

« 世界の中心で、愛をさけぶ 片山恭一 | Main | GW前半 »