« 清砂大橋 | Main | 息子の成長 »

2004.03.29

ステロイド

紛れも無く、有名なドーピングの対象薬物である。

男は毎年花粉症を春と秋に発症するので、近年処方される点鼻薬にステロイド系のものがある。例年、経口薬で症状が収まるのでこの点鼻薬は残りがちであったが、今年は症状が軽く今のところ通院を必要としない。
それでも特に朝の内は辛い日もあるので、せめて(未使用で残っていた)点鼻薬でも正しく使用してみようと始めた。これが結構効くし、副作用も殆ど実感しない。

ただ、自転車仲間はこれが原因で、いつになく「強い」のでは、と嫌疑の眼差し。調べた結果「運動能力を高める」なんてどこにも記されておらず(笑)、長年の地道な練習で強くなったことにする。

以下部分引用開始
成分(一般名) : プロピオン酸フルチカゾン

このお薬の有効成分はステロイド(副腎皮質ホルモン)です。ステロイドにはアレルギーや炎症をおさえる強い作用があります。アレルギー性鼻炎にともなうクシャミ、鼻水、鼻づまりによく効きます。ふつう、症状の強いときに用います。比較的速効性で、1~3日で十分な効果がでてきます。
通常の使用範囲でしたら、飲み薬のステロイドにみられる全身の副作用はまずありません。

【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
アナフィラキシー様症状..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい(ゼーゼー)。

« 清砂大橋 | Main | 息子の成長 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ステロイド:

« 清砂大橋 | Main | 息子の成長 »