« January 2004 | Main | March 2004 »

February 2004

2004.02.24

乗り越し

昨夜2/23帰路、複雑な時期プロジェクトプラン(英文)を真面目に読んでいたら、大宮まで乗り越した。気付いた時は新都心を発車した直後だった。
そんなの導入して、本当に自分達の為になるか?という先入観を持って臨んでいるため、どうしてもあら探しっぽくなってしまう。
もっともらしい貢献度やDBの充実度が、たぶん手に取るように掴めるところなどが、MBA上がりのおばかなお偉いさん達に好かれるんだろうな。

2004.02.23

6116

2月22日(日)
今日も10:00集合。またまた遅刻で10:05。今日も誰もいない(って、宣言もしていないのであたりまえ)。原点復帰という意味もあり8ヵ月振り?に復活したCASATIとした。
LOOKも良いけど、CASATIのようなイタ車ってやっぱり雰囲気があって好きだ。乗り心地もカーボンのそれとは違った種類だが、申し分なく良くこれまた嬉しい。

土手に出るまでの市街地で白バイの後ろを進む。随分小柄な隊員だった。赤信号で止まって黒光りの皮スーツ(詳しく知らないが、青や赤の布製スーツと黒い皮製の違いは何?)の背中に恐らくブラの輪郭。ウッ女かハートレート?バックミラーを覗き込み、確かに女性であることを確認した。
小さ目の奇麗な顔立ち、うっすらと紅を注し、神経質そうに見えるフレームレスタイプの眼鏡が広いシールドの奥で光っていた。かなり美形でかわいい系と見た。ご参考までナンバーは6116という覚え易いものなので誰が乗っているか分かる人には分かるのかも知れない。

この日は誰か知り合いに合わない限り、大芦橋往復と決めていた。実は往路でチームメートに遭遇したがお互い気付いた時には既に数十メートル彼方で、振り向きざまに手を振るのが精一杯であった。往路は若干の追い風基調で順調な巡航であったが、帰路は徐々に南風が強まり、ついに川越線(埼京線と呼ぶべきか?)を渡る頃からは相当な向かい風になる。38×17の80rpm前後なのに170bpsというHC並みの苦しさが治水橋の先まで続いた。
72.6km 最後には泣きが入ったが、暖かい週末に連荘で乗れて嬉しい。

祝、再開!

2月21日(土)
いつもの場所に10:00集合で「ゆっくり走り隊」の結成を呼び掛けるも、ほぼ2ヵ月振りの自転車。出掛けの段取り悪く遅刻。集合地点に15分遅れで既に誰もいない。最初から誰もいなかったのかも知れないが、もしも待たせてしまっていたら、この場を借りてお詫びします。
途中でポンプを忘れたのに気付くも、これ以上の遅れは許されないと思い、パンクしたら天罰と割り切ってそのまま進む。上江橋から中州土手上を進み入間大橋手前で、早朝より白石登り口まで往復メニューの殿+岡コンビに出会う。男は目的地も特に無いので引き返し、上江橋まで歓談しながらご一緒する。このまま帰るのは不本意なので右岸に渡り、河口を目指す。岩淵水門まで先シーズン調子が良かった頃を思い出すように色々漕いでみる。気温も高く風も殆ど無く「楽しい」。
折返し笹目橋からは大宮バイパス快速モードで帰宅。やや疲れ易いが、予想以上に乗れてる気がした。
65.2km 練習再開だーっ。

祝、週末

2月20日(金)
週末の仕事を終え、帰宅途中に急に思い立って「夕食+プチ呑み」を呼びかけたら、嬉しくも品川住人2名の賛同を得た。神田住人にも声を掛けたが、こちらは仕事の都合で合流できず残念。
金曜の夕刻なら、職場の仲間で愚痴るのが一般的なサラリーマンだが、男のまわりには気の置けないサラリーマンらしからぬ良い友が少なからず居る。それもこれも自転車が取り持つ仲で、大変貴重なものだ。
呼びかけた本人は「プチ呑み」のつもりであったが、2名は平均以上の飲兵衛であり、仲良く生1+酒3合、結局21:30まで楽しみ、ほろ酔い気分で帰宅に。1名は本舗ツーキニストに付き、予定通り是政まで自転車で帰宅。お疲れ様でした。楽しかったのでぜひまたやりしょ。

2004.02.20

10,000円以上

PCの修理は、最低でも10,000円とのこと。これって高くない?
もしも20,000円を越えるようでしたら、修理せずにそのまま使用するつもりです、とお願いしてきた。

2004.02.19

PC故障

2000年10月に購入した愛用のPC。
近頃は非力ながら、結構調子良く動いていると思いきや、電源ボタンが逝っちゃったようです。永らくお疲れ様でした。

これは困ったどうしようとあれこれやったものの復活の兆しはゼロ。これまでずっと大きなお世話だと信じて疑わなかった「インターネット一発ボタン」のお陰で起動に成功し、PCのサービス拠点を調べたり、この日記を書いている。過去に一発ボタン設定無効にした覚えもあるが、前回の再インストールでまた設定されたようで感謝。あらためてこんな使い方も出来ることを知る。

PC買い替えの準備は出来ていないので、取り敢えず修理を依頼する。滞り気味のHP更新がさらに遅れるかも知れませんが、宜しく。

2004.02.18

また人事異動?

なにやら身の回りに怪しげな気配。
ある自己都合退職に伴い、人取り合戦の様相だ。たった一人の欠員で部署によっては危機的状況になる所までスリム化されてしまっている。

2004.02.16

今日からまた.....

先週13日の金曜の晩、不吉な日にも関わらず、予定通り無事帰国。

往路10時間、復路10時間30分は、やっぱり個人的な飛行限界を超えていて、本当に疲れる。
カンタスは予想よりGOODなサービスだったので、個人評価点を上げておこう。

今朝からまた普通の勤務。宿題もいくつか提示され、忙しくなりそうだ。

2004.02.08

ファーストスパッツ

競泳パンツなんて、数十年振りだった。

この進化には驚きを隠せない。腿の適度な圧迫によるテーピング効果も実感できるし、ももが振れないせいか抵抗も少ない。ファーストスキンという水が纏わり付かない生地の気持ち良さ。
バイクレーパンとほぼ同じ長さなので、妙なラインでの日焼けが隠せるのも◎。

値段は8500円と、かなり高目だと思うが、試す価値は十分ある。お薦めの逸品だ。

さいたま市記念総合体育館

それは素晴らしい施設だった。

自宅から彩湖に向かう最短コース中にあるので、昨年建設していたのは知っていたが、国体のための一時施設かと思っていた。去年の6月にオープンしたらしい。
メインアリーナとサブアリーナの2棟に通常考え得る殆どの設備が整っている最新の市民体育館だ。

まず屋内プール。
25m×8レーンで公認コースに違いない出来。折り返し専用(50m泳力、中学生以上限定)が2レーン。25m片道レーンが2コース。自由が2レーン。ウォークが水深(昇降床)別に2レーン。
広いプールサイドには採暖室、ジャグジー、幼児プール、ベンチも。
競泳系利用者も比較的多く、その気にさせられる。ビート板、フロートも完備。スポーツ飲料をプールサイドまで持込可。水着用脱水機。ドラーヤー、シャワー個室、オートロックロッカーなどなど。
この日はすべて泳ぎで1000m、最新のスイムギヤも手伝い、ターンも不自由なく出来、必然的に休憩も少ないので30分程。3週目なので徐々に楽になってきた。これで2時間400円、初めてさいたま市住人になって恩恵を感じた。

ついでにジムも見学。
ウエイト系はテクノジム製のマシン、トレッドミルとエアロバイクは多数有り。ストレッチスペースも十分で、街中の会員制ジムより優れている面もある。

1割引のプリペイドカードや、2時間/日以内の1,3,6ヵ月定期券もある。

場所は、羽根倉橋近く、埼玉大学のグランド南方、緑区区役所裏手。
https://www.shisetsu.city.saitama.jp/Public/PC/shisetsu2/204.html

RIMOWA SALSA リモーヴァ・サルサ


前から欲しかった逸品。

本来はRIMOWAは伝統的なアルミ素材のが特に有名であるが、数年前からPC製の、いかにも華奢なサルサがレパートリーに加わっていた。機内持込可のキャリーケースなら全然平気だろうし、何たって軽量(約2.9 kg)なのも大きな魅力。

中でも黒と赤は中々良い雰囲気。仕事で使うとなるとやはり黒しかないし、小さく見えるのも○。今回、色々な条件が重なり良い機会なので、そごう大宮店に物色に行った。

Sサイズは赤のみの在庫で、残念だけど次にしようかと帰ろうとしたら、奥から「黒、在庫有りました!」の声。33,000円で即決。

2004.02.07

祝!自転車解禁(でも晴れのち曇り)

昨日、2週間振りの検査通院。
2度(正しくは3度)の手術の経過は順調で、普段の生活で変わったことが無い限り、1ヵ月後の通院でOKの診断が出た。
主治医もある程度このような経過を予想していたらしく、この日は両目の眼底を検査した。

晴れて解禁とならなかったのは、これまで何とも無かった(筈の)右目。どうやら右目の硝子体(しょうしたい)も萎んでいる所があるらしいが、網膜の裂孔は今のところ無い。必ずしも、萎む=孔にはならないとの説明であるが、右目も今後飛生蚊症の発生に注意を払うように言われた。

もう、若い頃のように(たぶん)プルンプルンの目玉では無くなってしまっているのだろう.....少し寂しい。

2004.02.05

建国記念の日

海外出張中に、日本の祝祭日が重なった場合の取り扱いは、各社でまちだと思うが、男の会社では「出張先国の祝日規定に従う」となって久しい。
出張中、現地の祝日になれば超ラッキーで、束の間の休暇を楽しめる筈だが、そんな日程を組むホスト国は無い。

過去より、GWの出張者が良く巻き込まれている。
National Foundation Day

2004.02.03

節分の太巻き

帰宅し、食卓についたら、東北東を向いて「願いごと」をしながら黙って太巻きを食べろとのこと。

節分にこんな儀式いつから始まった?

その後、いつもの通り晩酌。肴は鰯と福豆。豆まきは息子3名でやってくれたらしい。鬼の面を被ったり、幼稚園から持って帰ってきたころが懐かしい。

メルボルン

急な出張が決まった。
防犯上の理由もあり詳細は伏せるが、予定では○日夜出国、○日夜帰国。

エアラインは、サービスレベル悪評高き「カンタス」。会社規定によりプリファード・アエライン以外の使用は手続きが面倒、というか殆ど不可能。ましてやメルボルン直行便には選択肢が無い。

なぜ、メルボルン?
会議の出席者大半がメルボルン勤務だから。しかし旅費は日本の費用であるから賛成しがたい面もある。時差は少ないのでまだしも、少し遠いので面倒だ。

2004.02.01

週末連

土曜:プール35分
1100m(スイム900m+ウォーク200m)
先週より少しだけ真面目に。市民プールの運命か、自分にペースが合うレーンが無い。はっきり言って邪魔な奴が少し。どうせ2レーン開放するなら、泳力区分でレ1ーン内左回りを2レーンにして欲しい。ターンの度に止まるのは嫌い。
新しいパンツが欲しくなったが、自転車解禁になれば泳がないので、ガマン。
スポーツクラブなら、ストレス無く泳ぎ続けられるのか?

日曜:固定ローラー40分
先週より少しだけ上げて、140bps、90rpmまで。前日のスイムの影響で足が重かったが、回復するかも知れないので乗った。

« January 2004 | Main | March 2004 »