« まったく懲りない奴 | Main | 週末連 »

2004.01.31

インフルエンザ その2

末息子が被患?した。

2週間前に女房が苦しめられたのと同じ型らしい。今回は家族用の予防薬(抗生物質)が処方できないらしい。予防薬の同処方は1ヵ月以内での繰返しは禁止されているとのこと。


「被患」って誤字か?どんな熟語の誤使用だろう。辞書を引いてもこんな言葉は無い。たまたま以下引用の故事を知る。

***転載始め***
疾風(しっぷう)に勁草(けいそう)を知(し)る

はげしい風の吹くことによってはじめて、風にも吹き折れぬ強い草が見分けられる。転じて、苦難や事変に遭遇してはじめて、その人の意志や節操の強固さがわかるというたとえ。逆境を通してはじめてその人の真価がわかる。転載:故事ことわざの辞典 小学館 1986.

« まったく懲りない奴 | Main | 週末連 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インフルエンザ その2:

« まったく懲りない奴 | Main | 週末連 »