« あけましておめでとうございます | Main | 新しいステム »

2004.01.06

網膜裂孔 その4 要外科的手術の確立は30%

一部読者の方から、お見舞いのお言葉を頂戴していることも有り、経過報告。

12月25日夕、および27日朝昼の2回、昨日1月5日夕と4度目の通院となった。危険と言われていた2番目の孔のレーザー凝固の経過は良いとの診断であったが、(たぶん)几帳面な女医さんは、心配が全く無くなった訳ではないらしい。

念には念を入れる為に、この日3度目のレーザー光凝固法が施された。
繕い程度かと思って望んだが、またしても数えきれない数のレーザーを打たれる。この追加治療でさらに良い状態になったという説明だが、大事を取って暫く(糊が乾くまで?)は自転車禁止。頭(目に?)への衝撃禁止。布団の上げ下げ、重いもの持ち上げ禁止。仕事や目を酷使するのはOKという、何ともアンバランスなアドバイスを頂いた。

男の症状では、網膜剥離やそれを予防する為の1~2週間の入院を伴う外科的手術が必要になる確立は約30%と高値に見積もられ、一般論であった網膜裂孔→剥離の1/10000から3000倍も確率が高くなった。

今後は症状に変化が無ければ、週1回の通院検査でOK。今やるべきことはやったという感じである。最後に自転車に乗ったのは12月21日なので最低でも1ヵ月は自粛しよう。

« あけましておめでとうございます | Main | 新しいステム »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 網膜裂孔 その4 要外科的手術の確立は30%:

« あけましておめでとうございます | Main | 新しいステム »