« タグ | Main | 網膜裂孔 その1 »

2003.12.22

湯河原合宿

男は毎年この季節になるとロード月例合宿に参加するようにしている。
シーズン中は毎週それなりの強度で練習を続けるのだが、流石に12月から1月は練習の仕方をシーズン中と少し変えている仲間も多く、レースも殆ど無いので、和気あいあいに1泊2日を充実した気分で自転車に乗って過ごせる。
どこで乗っても寒く辛い季節なので少しでも暖かく、仲間と共に、また練習後の癒しが温泉と酒から得ることが出来るように伊豆湯河原温泉を定宿にするようになって久しいらしいが、男は3シーズン目の新参長老である。
参加者は関東一円から早朝に出発し、初日は9:00に宿をスタートし、河津や下田、天城峠越えと毎月コースが変る。二日目は真鶴半島を周回するコースでウォームアップの後、大観山(だいかんざん)まで20km弱の約1000mヒルクライム(椿ライン)を各個人ペースで登る。
湯河原は真鶴のすぐ先なので、特に帰路のアクセスにも都合がよい。日曜に伊豆から都心に戻る場合は、時間を誤ると渋滞がひどいので、これは重要な要素である。
今シーズンは好天で始まり幸先が良い。今シーズンは120km超のロングランは数える程しかなかったので、140kmは流石に疲れたが、環境や年齢の違う皆と一緒なので本当に楽しい。大観山はじっくり1時間30分掛けて登ろうと目標を立てた通り、1時間29分58秒。我ながら精度良すぎる記録(中間計時は見ていない)だが、3月までに過去のベストタイムまで戻せるのだろうか?

« タグ | Main | 網膜裂孔 その1 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 湯河原合宿:

« タグ | Main | 網膜裂孔 その1 »