« アルファ | Main | アルファのその後 »

2003.11.20

品川での一献

昨夜は気が置けない趣味(ロードレース)の仲間で品川に集った。
参加の多くはまだ1レースを残しているが、気分はほぼオフモードなので品川という場所ながら7名もの参加を集め楽しく過ごした。「暑気払い」以来であり、如何にハイシーズン中は節制しているかがわかる。

話題の中で驚かされた。
予てより、36回ローンも完済し、一回目の車検を迎える仲間が次期の愛車を、それも普通じゃない奴を物色していたのは知っていたが、ついに発注したと聞いた。一体どれに決めたのだろうか?
二人乗車で2台の自転車が積めることが条件と聞いて、まず大枠で男の予想は見事に適中した。奇しくも昨日の日記で「タイトル」に用いた車だ。ただ、車種まで限定するのにはさらなる質問が必要だった。半ば誘導質問の様な形で会話を進めると、それは男も最近富に気になっていた車種だから、比較的簡単に絞り込めた。

147GTA、3.2L-V6 24V 6MT LH。やはり車関係の仕事をしている彼の選択はクレバーであり妥協のなかにも強い説得力がある。

まるで自分が手に入れたかのように嬉しくもあり、納車が、そしてそのサウンドが待ち遠しい。まさかKG486と同じような運命にはならないと思うが....一抹の不安も感じる。
まてよ、SHAMALのように3年後位に譲ってもらう手も有りか。

それともファミリーカーとしての使用が主だから少し控えめに、156SW 2.5L V6 24V Q-SYSまたは156SW 2.0L JTS SELESPEEDとなるか。たぶん来春からの166は予算(もともと無いのだが)オーバーだろう。

« アルファ | Main | アルファのその後 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 品川での一献:

« アルファ | Main | アルファのその後 »