« ショックが隠せない | Main | 癒えない病気 »

2003.11.27

利害抵触

SBC:Standards Bisiness Conduct

男の勤める会社では「業務遂行基準」のことをSBCと呼ぶ。主に社員の行動判断基準を(厳密に)文書に記したもので、毎年この時期に、過去一年に基準に逸脱した行為が無かったこと(あった者はあったことを表明し、公明正大に会社の判断を仰ぐ)の誓約書を提出させられる。

基準の骨子は個人と会社組織の利害抵触が無いこと、いかなるハラスメントが無いことだが、もしも宣誓書提出後にその事実が検証されたら、間違いなくクビになれるという性格のものだ。

それに比べ、学校組織の常識には本当に驚かされることがある。

今日、息子の通う中学校で生徒の父兄を相手に、小公演があったらしい。「校外活動」というテーマでの講演依頼とのことだが、結局自校の教頭が公演者に決まったらしい。PTA役員は迷わず、慣例どおり「菓子折り」と「花束」を公演者である教頭に渡したと聞いて、本当に驚いた。

男の会社では決して許されない行為であり、そもそも贈る側も、受け取る側も、おかしさを感じないところが、本当におかしい。
休日でもなく時間外でも無い。教頭は学校会社の副社長のようなもので、公立学校に請われて来ている訳でもない。PTAの役員はだれか生徒の親であり、こんなことを役員という立場で決定したら、利害抵触が有るかもしれないと思うのが(男には)普通である。

男がもしもPTAに乗り出したら、不変を重んじる役員継承行為にいつも「反対」意見になるのは明白で、間違いなく変な奴と相手にされないだろう。

« ショックが隠せない | Main | 癒えない病気 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 利害抵触:

« ショックが隠せない | Main | 癒えない病気 »