« アルファのその後 | Main | 分別収集 »

2003.11.24

KG486 パーツその後

超々お気に入りのKG486。ブレーキアーチが、旧デュラ(遂に市場投入が始まり、旧になる)のままで半年を過ごしたが、キャリパーのトー調整が出来ない上、剛性が低い感が否めず、Newレコードに変えようと「なるしま」に立ち寄るが、躊躇する。
リヤのシングルピボットはあまり良い出来では無いらしく、フロントでガツッと効かせるタイプのライダーなら良いのだろうが、男はまずリヤでコントロールしてフロントで制動力を得るような乗り方なのでリヤブレーキの性能は重要。黒アルマイトの仕上げがカンパらしくなく、一見塗装のような質感。その上@28,000!希望小売価格は>36,000(昨今のユーロ高で結構変動するが)なのだが、やはり売値で判断する。
Newデュラの評判は良いが、どうもさらに無骨になった形が好きになれない。
小畑君や鈴木店長に相談すると、やっぱり「マビック」でしょうと。なるしま軍団以外でMAVICキャリパーを絶賛していたのは橋川さんぐらいしか思い出せない。フレンチということもあり、次ロットの値上げ(約+5,000)とモデル続投、現在庫少量の情報で即決。
持ち合わせが少なかったので「取り置き」に。駅に向かう帰路、ローソンがあることに気付き、手数料105円時間帯でもあったのでウン万円を引き出し店に戻る。
店長が取り置き準備完了したばかりの商品を持ち帰る。MAVICが安かったのでNewデュラの10Sコグも入手し物欲を満たす。

MAVIC 314g 15,800
RECORD 308g 28,000
DURA 314g 20,000?(売値あいまい) 

インプレッション
もとは候補外であった製品だが、かなり良い出来。アーム部が大きく肉抜きされているので弱々しくみえるが、実際は大きな三角形状なので剛性も高く旧デュラより優れている。制動方向の剛性も高くエルゴレバーでの引きも軽い。純正のパッドは少し柔らかい印象だが、ドライではコントローラブル。

« アルファのその後 | Main | 分別収集 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference KG486 パーツその後:

« アルファのその後 | Main | 分別収集 »