« August 2003 | Main | October 2003 »

September 2003

2003.09.30

奥様、秋はおくたまですよ!

棡原(ゆずりはら)、山梨県上野原町にある日本で有名な長寿地域らしい。

里山の雰囲気も中々宜しく、先行した仲間が見えなくなったとき、農協か郵便局の前の自販機で買ったドリンクを涼しくも強い秋の日差しの中でゆっくりと飲み干した。何かほっとした不思議な感覚を覚えた。

この日の目的地のひとつ、鶴峠までのアップダウンも結構厳しく、途中小さな峠を二つ通過しなくてはならない。普通、峠と言えば、県境などの行政区分境にあるのだが、ここは北都留群小菅村に入ってから2-3kmも先にある。案内がなければ通り過ぎてしまいそうな小さなピークであるが、標高は870mある。

1000m級の山間を進む沢は奥武蔵と違った趣がある。帰路は下り基調ではあるが、やはり田和の峠が少し厳しい。走ってみるとアップダウンとは言え往路はずーっと登りであったことに気付かされる。あとで聞けば初戸(はど?)から沢沿いに走ればこの田和峠は回避できるらしい。そう言えば唯一分岐した道があったようだ。

次の機会にはそちらも走ってみたい。おくたまをもっと知りたい。沖縄が終わったらのんびりと走ろうかな。

荒川で水死体

読売新聞、9月29日埼玉版より。

28日午後、戸田市川岸の荒川で、ボートを練習中の男性が死体を見つけ、110番通報した。蕨署などで付近を捜索したところ、発見場所から約1km下流で.....

この記事には間違いがあって、ボートでなくカヌー、男性というよりは学生の方が適当でした。また、ヘリが死体を確認するまで見失しなわないように遠巻きに協力したらしいです。

そうです、我が息子が練習中にとんでもない体験をしたのでした。
今のところ身元は分からないようですが、ご冥福を.....

不愉快なこと

JR線の携帯許可基準が他の大手私鉄と同じ案内になり、目的と要望が明確になったと思いきや....

やはりバカには何を言っても変り有りません。そんな本当のバカに注意などしようものなら、逆上し......それこそバカらしいので、止めときました。
今日は会社を出たのが少し遅くなったので、客層が少し違うにしろ、依りによってあんなに沢山のバカに囲まれようとは。

あー不愉快だった。

2003.09.26

秋の花粉症

すこぶる調子が良くない。

先々週のこと、春の薬で凌いでいたがそれも底を付いたので、主治医のところへ。

春の処方が少し効き過ぎの感じがしたので、1ランク弱めてもらった。その結果、数年前と同じ処方のようだ。
これがいけなかったのか、日増しに症状が強くなったのか、いずれにしても効かない。
明け方まで薬効がもたないので、安眠を阻害する。おまけに、毎日眼も痒いし渋い。

で、薬も終わったので今日も帰りがけに通院。
効かない現状(苦情?)と最近の症状を伝え、結局春の薬に戻してもらった。目薬も、点媚薬じゃなく点鼻薬も出してもらった。
市販の点鼻薬は即効性があるが、常習は控える必要がある。その点処方薬は定期的に使うと効果が出てくる。

症状は毎年少しづつ重症になっている気がする。

2003.09.23

今日の練習会

自分の不注意により、折角のチーム練習会を個人練習メニューにしてしまい残念であった。また同じコースを走る予定であった仲間にも迷惑を掛けてしまい申し訳ない。

総行程は41.8km、西平周回距離は37.3kmであった。先日の奈良さんの計測では36kmだったようなので、ほぼ36-37kmのようだ。

個人TTとなってしまった以上、まずはできるだけ追い込み1周回を目指す。途中で上手く仲間に合流できたら予定通り2周回だ。気温も低く自分には最高のコンディション。さらに東風がやや強く、単独走でも落合への西行きが楽に走れる。おまけに白石車庫へのだら上りも追い風基調であり、今日は見晴茶屋まではアウターで頑張った。

西平を起点とした周回時間では、1時間31分7秒であったから、上出来である。定峰HC区間18分34秒もベストラップかと喜んだが、去年の秋の記録に僅かに及ばず。あの時はHC一発に狙いを絞ったものだったので、明らかに今日のほうが総合力は上の筈。

定峰白石間はこの日唯一のリエゾンモードで力を温存したが、西平からの2周目もトライすればどんな結果だったろう。1周目が終わった時点では、足にはまだ余力があった。2周目も定峰までは単独走というネガティブな意識だけがやる気を失せさせていた。やはり松郷だけは登るべきだった。そうすればすぐ後ろにいたらしい仲間に遭遇できた可能性が高かったようだ。

西平から折り返し、物産店で我家へのお土産を買い求め、さらに例の豆腐屋で豆腐、鳩山産黄大豆のおからを貰って早々に帰路につく。途中、白石ゴールの兼古さんからの電話が鳴る。自分だけが今日のスタート位置を間違っていたことに気付かされた。

区間         距離 獲得高 区間 平均速度・ケイデンス
1.明覚駅前-西平T字路   4.5km 70m? 0:09:43.3 28.4 89
2.西平T字路-松郷峠    2.3km 250m? 0:06:49.5 19.9 71
3.松郷峠ピーク-落合T字路10.4km  50m? 0:19:47.8 31.5 84
4.落合T字路-白石車庫   6.3km 250m? 0:16:50.7 22.6 74
5.白石車庫-定峰峠     5.1km 270m  0:18:34.3 16.3 66
6.定峰ピーク-白石峠    2.6km 140m  0:12:10.7 13.0 62
7.白石峠-西平T字路    10.6km     0:16:53.7 38.4 77
             41.8km 1,030m 1:40:50.0
2-7区間西平周回では   (37.3km)

2003.09.21

1勝2敗

初日、DOCKは総合評価Aで1勝。
2日目、チームレースは早朝からの雨でDNS(出走せず)で、1敗
3日目、前夜急遽開催したチーム「暑気払い」の二日酔いと寝坊。外は相変わらず恨めしい雨で、二敗目。

チーム暑気払い。久し振りに皆と話せて楽しかったが、反省も多いものだった。
・少し辛口トークが多かったかなと反省。
・自分の悪癖をあらためて指摘されてまた反省。
・2次会は無い筈だったのに、ついつい参加で午前様帰宅で反省。
・電車乗り越し、タクシー帰宅で反省。
・鍵を持たずに出かけたので、女房に待たせて反省。
・帰宅まで「帰るコール」しなかったので反省。
・酔っ払いのいびきで、女房を寝不足にして、大反省。

2003.09.18

今日から5連休?

明日は人間ドックで公休、月曜は有給、で5連休。

土曜日はお山方面で内緒のゲリラ的模擬レース練習会。
日曜は休息日。月曜はLMDお彼岸ラン帰省。火曜はチーム連の充実した計画。

昨日のぼやきは、やはりぼやきだ。今日もほぼ一日英語漬け。Oz英語も毎日聞けば随分聞き取りやすくなると思えば、気が楽に。
明日から連休なので少し気分が良いだけかも?

今日9月18日は.....

おめでとうございます。
ランス確かあなたも今日が誕生日でしたね。32歳おめでとう。

解説
ランス:ランス・アームストロング。今年のツール・ド・フランスで個人総合優勝5連覇の偉業を達成したアメリカ人。USポスタルのエースライダー。

番外編
ディディエ・ルース:33歳。ブリオシュ・ラブランジュールのエース
ダリオ・フリーゴ:30歳。ファッサボルトロ(数年前の黒い影が...)
ケニー・ラッブ:32歳。USポスタル(ツールには不参加)

2003.09.17

もっと英語が出来ないと....

とほほな気分。

メルボルンからのゲストを招いての会議、および接待飲食。正直、本当に疲れる。
相槌を打つタイミングはまんざら間違っていないと思うが、集中が途切れたときは、実は何を言っているのかさっぱり判らない。判ろうとしない技を自然に身に付けた。

元来、外資系企業に転職したとは言え、本当に英語で仕事をする事など全然予想したことでないし、仮に予想したにしろそれで食っていくつもりなど到底無かった。まったく予期せぬ親会社の大規模合併やアジア地域別総括的組織になって以来、否応にも現実として受け入れざるを得ない状況になってしまった。

悔しいのは、英語能力が低いとそれだけで仕事能力が低く見えてしまうことだ。日本で成果を上げるのに英語なんて全く不要なのにだ。さらに営業部隊を技術側面からサポートする立場なので、数字として表れる成果はその殆どが彼らの手柄になり、我らの存在意義は正直なところ高くはないのだ。

いっそのこと荒療治だが、技術部門など無くしてしまえばよいのかも。現在の営業部隊だけでどれだけの企業が相手にしてくれると思ってるのだろう?男は営業だって出来るのだぞ。そしたら仲間に今の経験や知識など何も教えてあげないのだ。すべては自分の成果の為に使うのだ。

何を言いたいのか自分でも判らなくなてきたので、これにて愚痴はおしまい。

2003.09.16

都幾川村のおばあちゃん

先週末のLSD(Long Distance and Slow Paceの略で長い距離、私的には100Km超のゆっくり目)での出来事。

とき庵で美味しい蕎麦を食べた後、宇津さんの薦めもあり建具会館近くの「都幾川物産店?」で自家製らしい大根の味噌漬を求めに寄る。

店内は店員であるおばちゃんと、お客さんのおばあちゃんひとり。お目当ての品はすぐに見つかりレジへ。セロから出してもらい背中のポケットに入れやすいようにビニール袋に入れてもらう。
そうこうしている内に、おばあちゃんと世間話に....
(おばあちゃん)みんなは、どこから来たん?
(我ら)浦和とか戸田の方からです
(おばあ)へっー。この間も東京から来たって言う人と話したよ
(我ら)東京からって、結構多いんですよ
(おばあ)冷蔵ショーケースを指して、「そこのなかから、冷たいの好きなの取りなよ。おばあちゃんが奢ってあげるから
(店員のおばちゃん)このおばあさんは若い人と話したり、奢ってやるのが、凄く好きなんよ
(おばあ)わたしゃ、若い人が頑張っているのを見るのが大好きで、嬉しくなっちゃうんだよ
(我ら)若いって、皆40半ば過ぎだよ
(おばあ)わたしゃ、90だよ
(我ら)えっ
(おばあ)この辺りは自転車乗ってる若い人が多く通るんだけど、自転車が通るの見ると「がんばって」っていつも応援しているんだよ

結局、およそ我らのダブルスコアの元気なおばあちゃんの好意を無にする失礼はとても出来なく、恐縮しつつ越生産の梅ジュースを頂いたのでした。

その後我らは、おばあちゃんに手を振って店を後にしたのでした。
おばあちゃん、ご馳走様でした。次に会ったら我ら孫達にも今度は何か奢らせてね。

皆さんも、あの辺りを通過した際、見知らぬおばあちゃんに「応援」されたら手を振って応えてください。きっとこのおばあちゃんです。

きっかけとなった味噌漬、美味しいです。たぶん味噌だけのシンプルな味付けと、昔ながらの塩っ辛さ(減塩とは無縁)がお薦めです。

ぶたくさ

今年も花粉症「秋バージョン」が忘れずにやってきた。

少し早い気がしたが、先週から兆候があったので、春バージョンの残クリスを飲んで凌いでいた。それも1週間で底をつき、土曜に通院処方してもらう。

春バージョンは効き目が強いのか、鼻の乾きが強めで、起床時につらい。で、今回は強度を1ランク下げてもらった。

やはり、効きが悪い。昨日からは絶不調だ。

2003.09.13

落選

落選記録が届いた。
熱意はそれほど無かったのだが、折角だからマイレージ無しで登録だけしておこうか?しかし、用も無いのにただただ自転車に乗るのはエコロジーでは無いような気がしてきた。

以下引用
たいへん残念ですが・・・。

「エコサイクル・マイレージ」第一次調査対象モニターへのご応募ありがとうございました。おかげさまで9月1日から10日までの受付期間に70万アクセス/ページもの反響があり、2,681名のご応募がございました。実に競争率5倍の狭き門になってしまいました。
本日、9月12日正午から開催された選考委員会での審査の結果、残念ながら__ _さまは、500名の第一次調査対象モニターに選考されませんでした。せっかく調査協力のお申し出をいただきましたのに、__ _さまの熱意にお応えできず誠に申し訳ありません。

2003.09.10

MARS

帰路、最近話題の火星を探すと月の傍で赤く輝いていた。
随分寄ったなぁと思いつつ帰宅後ニュースを見ると、やはり寄ってるニュースを流していた。

今回の(と言っても、今地球上に生きている全ての人類にとっては最初で最後の)大接近は、ほぼ6万年振りで、次回は約300年後らしいことも知った。

一体どのくらい近づいているのだろうか?

約5、600万km

地球と月の距離はおよそ38万kmの筈だから、それでも約150倍も遠い。
自転車マイレージなら......

また現実的な、スケールの小さいことを考えてしまった。

2003.09.08

檥

ぶな、だそうな。
謝々。

2003.09.07

木へんの漢字

木へんの漢字、読めないもの多数あり、少し焦る。

ところで、以下の七字も訓読みでは「くぬぎ」だそうだ。
「橡」「栩」「椢」「椪」「椡」「檪」「櫟」

木へんに義と書いて(変換も出来ない?)何て読むか今も判らない。

カチャ

椚平(くぬぎだいら)

男は読めなかった。土曜の練習で初めて訪れた山間の(たぶん)過疎村である。

都幾川村の西平という地区から西へ沢を入っていった所だが、日向根(ひなたね、と読むのだろうか?)を周回して戻る、チーム連としては新しいコースである。ここの道はすべて奥武蔵グリーンラインの飯盛山を目前に行き止まりのようだが、遠路遥々参加の友人のナンパにも成功したので、充実のコースであって欲しい。

足のあるメンバーは正左回り、不安なメンバーは比較的平地な筈の逆回りで合流するという計画だった。この日の不安組は男と女の二人だけ。

平地の筈であったが斜度は徐々に上がり、遂には15%前後の激坂が....
初めは遅れ気味の女であったが、この女の強さは半端で無いことは知っている。間もなく見送り、徐々に離れ始めたその時「カチャ」林の中に機械的な音が響き渡った。
女はその無機質の音があまりに辺りの自然に調和しないのを直感的に感じ、肩越しにチラと後方に目をやった。

そこには激坂で足を付き止まっている男がいた。

2003.09.06

やれやれ1週間

夏休み気分も秋の訪れとともに薄れ始めた今週、結構働きました。

そもそも、5日間続けて勤務したのはいつ以来だろう。

明日もきっと早起きして、皆と練習に出掛けるのだと思うが、本当に起きられる自信が無い。

で、参加宣言を曖昧にしている煮え切らない状態。

でも、間に合う時間に起きるんだろうな。問題はそれから1時間の葛藤だ。

2003.09.03

帰宅難民、久々

会社を出たのが7:35分頃。

夕方の激しい(東京比、郷里の群馬出身者から見れば極々普通)雷雨も上がり後は帰宅を残すのみ。
ホームに向かう途中、構内放送で山手線が落雷による信号故障で止まっていることを知ったが、ホームに下りると京浜線がホームの途中で止まっている。と、同時に田町-上野間で京浜も同様に止まったらしい構内放送を聞く。

まずは東海道線で東京まで。京浜はまだ動いていない。中央線快速で市谷まで。南北線で王子まで。が、まだ動いていないとの車内放送で、赤羽岩淵まで。

赤羽まで雨上がりの地上約500mを歩いて、宇都宮線か高崎線を頼る。
やっとの思いで新都心まで。この間京浜線はずっと止まっていた。最後は途中手配済みのマイカーで。総行程約2時間掛け、自宅に到着。ホッ

原因はATC(Automatic Train Contorolだっけ?)の落雷による故障らしい。

結果的にはラッキーに難民を脱したが、品川から三田線で後楽園まで来て南北線に乗換えた方が正解だったかも?

2003.09.02

記録更新

8/30物連、運動公園-物駐を57分26秒で走破。
数日前に59分を喜んだばかりだったが、この日はいとも簡単に記録更新。
チームTTのように2列先頭交代が効を成した。一般道なので安全第一を忘れずに、幅をもう少しコンパクトに回せたら、もっと良くなる。

平均86rpm、平均148bpsはどう考えても強くなってる?と思ったら、その後の定峰で撃沈。ツールド信州3人衆を峠で待たせる結果となり、申し訳ない。

2003.09.01

8/25 第4ステージ

遅れ馳せながら最終ステージの報告。

この朝コースはカテゴリー低級の松郷峠往復の104kmと発表されたが、スタート地点には物見遊山毎夜ジョーヌを纏った男一人。従って優勝は決定的なので、HRを上げないでどれだけ走れるか実験と相成った。

運動公園から物駐までは130bps平均で所要1時間7分。これには少し驚き。駐車場では40秒のクールダウンで即出発。久し振りの松郷峠を西平から登り、横松郷を逆走で明覚駅前まで。

帰路、岩殿観音前の公衆トイレで用足しと水補給で一息し即帰路へ。往路も1時間3分とソロの割りにはまずまず。全行程4時間20分、平均138bpsという予想より早く、また低HRでゴール。

総距離380kmの自転車四昧のプチレイト夏休みステージ終了。

« August 2003 | Main | October 2003 »