« June 2003 | Main | August 2003 »

July 2003

2003.07.31

朝連

今朝も乗れた。
苦しさは変らない。最後の10秒が特に持たない。

昨夜のこと、宏太が無事帰国した。
初めての飛行機、海外、ホームステイ、土産話が沢山。綺麗な写真も沢山。

2003.07.30

朝連

今朝は朝ローラーした。

昨日もする筈だったが、弱い意思が勝ち、寝床でゆっくり。
今朝も負けると後悔しそうだったので強い意思の方を勝たせた。

45秒と90秒の高ケイデンス、高負荷に慣れなければならない。
いずれも苦しい。
朝連の日は、1時間遅れのフレックス出勤なので、眠って通勤できる確率は高い。

明朝もやる予定だ。

2003.07.29

ツール・ド・フランス

今年のTDFは、近年稀に見ぬ面白さがあった。

殆どの放映を半分(以上)うとうとしながら見た筈だが、とりわけ後半は目が覚めたことが多かった。今年はビデオは撮っていない。

下馬評よりランスが苦戦したこと。ツァベルに精彩を欠きマキュアンの強さが引き立ったこと。ウルリッヒの来年が期待できること、ヴィランクがまた元気になったこと。総合力では次代を担う伏兵が着実に力を付けていること。

ランスの誕生日が9月18日であることを知った。レース後に34歳までは世界の第一線に君臨できる筈だとも語っていた。

今年の9月18日で46歳になる男がここにいる。上手く編集された総集編のビデオが欲しいと思った100周年記念レースであった。

2003.07.25

残念!


思ったほどの斜度は無いようだ。
これはすごい!珍しい!(はず)と、思った自分が恥ずかしい。
というか、相当弱い。

恐らく、街路灯のポストは鉛直に立っているのでこれを頼りに測ったら......

15度強という、珍しくも何とも無い斜度だった。そういえば、よくある峠道の急なヘアピンのイン側はこんな感じかも?
でも15度でほぼ一定に登っていると凄いんだなぁ。

そしたら、アングリルの24度はどう考えても妙だ。あと9度も立ったら.....壁じゃん!本当に24度もあるのだろうか?そして、自転車で登れるのだろうか?足を付いた選手は再スタートできるのだろうか??

2003.07.23

L'Angliru ラ・アングリル


斜度24%で知られる有名な激坂「アングリル」

いよいよ公開間近な「アンダルシアの夏」の舞台、ヴェルタ・ア・エスパーニァの定番コースとして名高い、TVカメラが去った後では世界一線級の選手でも足を付くという超激坂である(らしい)。

斜度だけで言えばそんな坂はいくらでもあると思うが、車が走ることを前提で道付けされている例は無いのではないかと思う。

義母の一周忌。菩提寺の境内への入り口には、稀に見ぬたいそうな激坂があり、昨年の供養ランのゴールになったことを覚えている読者もいるかも知れない。

ブルブル日記の読者にも紹介しよう。
まずは、その全景を正面から。写真で斜度を伝えるのは難しいが....

2003.07.19

品川東口

品川駅の高輪口に対して反対側は?港南口だと思っていたが、どうも最近では東口という呼び方が正しいようだ。

それまでのインターシティーに加え、5月からは三菱系企業のビル群が立ち並び、大量の移民がされた。閑散としていたNTTビル前の広場も整備が完了し、新しく「A, RE,A 」というテナント商業区画がNTTデータDocomoビルにオープンした。

昨夜は吉の屋(きのや)というおでんや系の新店舗(恐らく大手のチェーン店)で生ビール無料飲み放題、開店3日間限定サービスの看板を見つけ早速試すことにした。
結構良い感じの店でした。何と言っても焼酎、泡盛系のメニューは豊富な方で、つまみも薄味系で、しばらくは楽しめそうだ。

1時間程経過し、さらに合流予定の二人が到着した時はやはり満席で無料飲み放題の恩恵は惜しくも諦めざるを得ず、別の店に移動することに。週末の19:00、流石にこのテナント群はどこも満席。少し歩いて三菱系のビル内に移動しても満席。見れば同じようなグループが店探しでうろうろ。結局入れたのは「ニュートウキョー三菱重工店」完全に消化試合モードに。
「こまできてニュートーキョーかよ!でも、空いてるのここしか無いからしょーがねーよ」店員さんに聞かれてしまい、失笑を買われてしまいました。個性も旨みもない例の店です。こちらはお薦め度-100%。それでも一週間のお疲れ様慰労なので、ラストオーダーまで。

帰路、飲み過ぎの合図「しゃっくり」が止まらなかった。

2003.07.18

応募がピタリと止んでしまった

応募がピタリと止んでしまった。
勿体ぶり過ぎで、嫌味を買ったか?

忌野が「茄子アンダルシアの夏」のラストで歌う「自転車ショー(唱?)歌」のかなり最初の方に出てくるブランドといっても、ヒントにならない。
でも、殆どのバイクメーカーが歌詞に入っていた。もしも歌詞カード無しで歌えたら尊敬します。

今夜(昨夜)の試写会は大盛況。当然のことながら内容は敢えて話さない。自分でご覧になって、それぞれが何かを感じれば.....
恐らくグランツールに少し明るい方が見たら、登場人物のチーム名や名前は素人の駄洒落みたいで笑えます。公開は7月26日から、渋谷東急ほか松竹・東急系全国ロードです。

公式HPは
http://www.nasu-summer.com

2003.07.15

多数のご応募ありがとうございます

結構当らないものですね。

もしかしたら、男が絶対選択肢に入れないと思われている車種を買ってしまったのか?少し不安になる。

少し写真を加工してみようか?


2003.07.14

新車完成

ロードに嵌ってから、5台目にあたる。

1.ブリジストン ネオコッットPRO
2.なるしまフレンドオリジナルロード(佑介用)
3.CASATI LASER2000
4.LOOK KG171(師匠からの嫁入り)
5.???

じてんしゃ部屋にアップしました。ご覧下さい。って透明バージョンに近いですが、お楽しみ懸賞付きです。

茄子アンダルシアの夏

試写会の抽選に当たった。
男が応募した初回試写会では外れた。が、スカパーでその模様は見ることが出来た。今回は女房が何かの応募で出したらしい。
今週木曜日夜の九段会館。今から楽しみだが、緊急の出張が入りそうな予感もある。

自転車に関わりの少ないブルブル日記の読者さまへ
このアニメについてはこちらからどうぞ。作画監督の高坂(こうさか)さんは自転車乗りのお仲間ですが、自分など足元にも及ばない相当強い方なんです。

http://www.nasu-summer.com/

2003.07.09

朗報、愛車化粧直し、やっと完了

という情報が帰宅後に届いていた。

土日の緊急事態に備え、先方の保険会社にレンタカーを手配してもらった。事前の電話インタビューで
「一応国産車でお願いしてるのですが?」
「はぁ、それは結構ですよ」
「できれば1500cc位でお願いしたいのですが....」
「.....」(本当は言っている意味が今ひとつ呑み込めなかっただけ)
「では1800cc位なら如何でしょうか?」(ここで車格の話だと気付く)
「はぁ、結構ですよ。どうせ乗らないかも知れないし....」

あとで考えれば
「そんな車で代車になると思ってんのか!」
と切り出せばどうなったのか興味深々で、少々残念だ。

やってきた車は真新しい「ブルーバード、シルフィー」
いつからブルーバードはあんな車に成り下がってしまったのか。往年の510がサファリを激走した頃や、その後サファリブラウンなどという塗色が大衆に大流行したのが(いつのことだ?)なつかしい。

でも、ブルーバードを路上で見掛けなくなった訳が良く判った。でも天下のトヨタでもコロナって同じような運命を辿ってるんだっけ?

我が愛車もまた綺麗になって戻ってくるのもあと数時間。
何かわくわくします。例えて言えば60過ぎのおばさんが歳も忘れて小奇麗にしているようなものだけど、これが結構可愛いんです。

2003.07.08

物合宿2003夏終了

今年も合宿をしました。
チーム結成後3年目となり、より充実した内容で終了できました。

こうなってくると、そろそろ賄い要員やサポートカーが欲しくなります。自転車が好きで、運転好きで、料理好きなマネージャー募集してます......って、いないね。

詳細は合宿の記録からどうぞ。

2003.07.01

創立記念日とある退職日

7月1日は創立記念日で全社休暇。
とは言っても国内で4社合併後に統一して決められたものであり、どの出身社員であっても有名無実の極み。
もっとも外資系の会社に感慨深い創立記念日など、もともと無いのだろうが。

男には同窓同級の同僚が同じ職場にいたが、彼女も今日からOGである。
当時通っていた高校の至近に今も彼女の実家があり、男子校の我らの多くが女子高に通っていた彼女の存在を知っていた。
同じ大学に進学したのは知っていたが、桐生キャンパスの最後の頃まですっかり忘れていた。男の所属するビッグバンドの友人関係で卒業する頃は再び顔見知りになっていた。

それから約20年。今の職場で再開した時は本当に驚いた。お互い競合メーカーに就職していたのだ。合併により同じフロアーで勤務を始めた直後のパーティーで本人であることを確認したのがつい先日のことのようだ。

おたかさん、お疲れ様でした。合併後から今日までが一番大変だったでしょう。今度ゆっくり飲みましょう。そして桐生の頃のことを話しましょうよ。

« June 2003 | Main | August 2003 »