« March 2003 | Main | May 2003 »

April 2003

2003.04.30

今日の物練

やっと長期連休も半分終了。(暦どおりに勤務の皆さん、ご苦労様です)
GWで唯一雨予報の今日「早い時間にサクッと連」に集合できたのは、奈良、細沼、松井の3名。天気予報も今日は当る兆し、強い南風と前線通過が明らかな空を見上げ、できる大人の選択、初めて車で集合地点へ向かう。やはり、この先の雲行きが心配なのは皆共通だった。他にあまり良いアイデアも無く、車で物駐まで移動し「サクッと周回連」して終了に決定。

通勤通学時間帯の影響で、物駐まで約1時間。今日の南風なら自走3両編成の方が早かったか、ほぼ同時位か?道中、流石に自転車海苔には出会わず、出走を取りやめた皆さんの方がより大人であることを知る。
物駐もガラーン、駐車場係りの方がひとり車内で待機しているだけ。駐車場は昨夜あたりローリング族があばれたらしく、スリップマークとタイヤかすが一杯。

早速3名で今にも降り出しそうな雲行きのなか、サクッと5周回開始。
物周回はいつ以来だろう?いつもの坂も足にはとても懐かしい感じ。それもその筈、帰宅後調べたら去年の3月31日、今年1月11日、2月23日、で今日と、例の事があって以来の激減。

あまり強度を上げない予定だったが、春先より楽に登れるのが嬉しく気分もルンルン、充実した「サクッと連」だった。今日は激坂も39×19で丁度良い感じ、最後は18も踏めたのが新鮮。予定の5周回目には雨が落ちてきて、撤収時には本気で降り始め、荒天の僅かな合間を有意義に過ごせ精神衛生上も◎な物連だった。

ラップタイム
 本日4/30 2/23  1/11  去年3/31
1  13:10  13:26  14:35  14:03
2  11:41  12:30  14:09  11:31
3  11:57  12:55  13:16  12:28
4  11:33  12:00  13:20  12:40
5  13:08  12:39  14:47  13:13

2003.04.28

4/27 物練レポート

喉の具合も回復し、物練復活の日。

毎度定刻に集合地点に今日のメンツ(奈良、殿岡、水田、佐々木、志村さん(なるしま)、松井)の6名で遡上開始。時々若干の向かい風はあるも、冬季に比べれば殆ど無風の中快速ペースで進む。今期、皆で意識して始めた先頭交代、理想形には及ばぬが、そこそこさまになってきたか。殿と自分が先頭に出た時にペースが上がるというご指摘もあったが、今後の課題である。1時間5分弱で物駐に到着。
ここでの合流は5名。兼古、宇津、倉林(パイン)、綾野(ポンズ)、桂三(ホットポンズ)。豪華なメンバーになってきた。20分程歓談後、定刻の少し前に移動開始。トップメンバーに昨日の高強度レースモード周回練の疲労が残っているのでロング8.8km×7周。4周目までアタック禁止と打合わされ、また宇津、松井は2周目から逃げることも宣言了解済み。

毎度定番のゆっくり目で入るが、残り4kmのHCポイント通過後の下りで、宇津さんとの逃げ体制になる。宇津さんはアップ不足で苦しそうだが県道の下りも廻し、農道に入った時点で後続との距離が開き始める。最後の上りも逃げペースで消化。打合わせ済みとは言え、ここでさらに開き、17:05.3で2周目に突入。後続は4周までアタック禁止令が出ているから、二人で上手く回せばさらに差は広がる筈だが、宇津さんの負担の方が大きく申し訳ない。2周目の最後の坂への左折で後続を確認すると遠くに県道を下っている集団が見えたので差は500M程度か。

2周目は自己最高タイム16:15.0で通過。今日はもっともっと逃げたいが、苦しくなってきた。玉工坂に向かった時もまだ後続は切通しを通過していなかったが、高校前ポイントではついに20kmを割る。ケンネル坂も頑張って30km弱で進んだが遂に後続がやってきた。HCまでのアプローチ区間でアタック気味の水田さん率いる集団に一気に追い越され、切れ味鋭いバックアタックとなり練習を終了とした。一緒に逃げた宇津さんは集団に吸収された。

典型的な出来試合だし、約18kmという短い逃げであったが、たったこれだけの変化を付けるだけで、楽しい充実した練習になった。
逃げている区間での平均HR=175は、ほぼレースモードといえるが、HCピーク部で最大HRに達していないのが反省材料である。

2003.04.27

やっと回復

昨日、土曜の朝のこと。前の晩には以前からチームメンバー有志で予定されていた彩湖の朝練は休むことに決めていたが、無意識の内に起床して天気を確認してしまう。幸運にも「雨」が残っている。女房に気付かれないようにまた床に入る。
幸運ではなくて、不運を嘆かなければいけないのに、嫌な奴です。

この日は熱い位の自転車日和。早朝の雨はすぐに上がり、チーム練の集合時間には路面も殆ど乾いていた。今頃、例のハードメニュー練を走ってるんだろうななどと思いながら、少し痛みが残る喉をあと一日だけ庇って、1mも乗らない珍しい土曜日を過ごした。

こうなると何か買いたい病が俄然頭をもたげる。
結局、熟考の末ですが買っちゃいました。自転車関係では無い、長年迷っていた例の物です。

2003.04.24

回復しない

扁桃腺が腫れ、3日が過ぎようとしているが良くならない。例の如く3日続けて服用すれば、1週間効果が継続するという抗生物質も投与しているが、消炎剤もあまり効かない。つばや液体を飲み込んだりするのが特に痛い。何故かビールはそうでもない。

たったこれだけでも色々な面で「やる気」が失せている。仕事も、通勤も、晩酌も。明後日からはGWだというのに....

2003.04.23

減量解禁

春の減量経過。昼食療法、晩酌制限は一旦終了。
仕事上での酒宴ゆえ、断れません。好きだし....

   63      64      65kg
4/2 ********** ********** ****
4/3 ********** ********** ******
4/4 ********** ********** *
4/5 ********** ********** *
4/6 ********** ********** ******
4/7 NA
4/8 ********** ********** * 酒宴東京
4/9 ********** *******    酒宴名古屋
4/10**********
4/11********** **      酒宴大阪
4/12NA
4/13*      富士100k帰宅後
4/14**********
4/15NA     酒宴+広島泊
4/16NA     酒宴+福岡泊
4/17NA
4/18********** ********** ****
4/19NA
4/20*****    JCRC2帰宅後

急激に弱っちゃう男

ついに小ダウンすることにした。

先週から喉の痛みが有ったが、連日の講師による喉の酷使だろうと思っていた。特に後半はマイク無し、さらに連日の懇親会も影響したかも。少なくとも富士と群馬の影響は無いと思いたい。

喉の痛みは徐々にひどくなり、もはや市販薬は効無く...今日は諦めて医者に行くことにした。恐らく混んでいるだろうから、今日は休暇をもらった。
月曜日は元気に休み、その晩は晩酌を始めたが途中で止め早寝する始末。昨日火曜は溜まった仕事もあるし、期限の仕事もあったのでフレックスを活用し15:00までのつもりで出勤したが、定時まで掛かってしまった。

昔から、体調が良くないのを実感してしまうと急激に弱っちゃう男なのだ。

9:30からSKY3でミラノサンレモの再放送があり「見たい」が通院が先だ。

2003.04.19

はじめの一歩

昨夜の金曜ロードショウである。

男はこのタイトルも、連載14年史上空前の6千万部...も知らなかった。が、息子達は皆知っていたようだ。もっとも普段はコミックやマンガは一切買わないので仕方ない。でも14年もの間知らなかったとは...

疲れが溜まった週末、晩酌夕食のあと、安楽座椅子上という環境下では殆どの場合長編物は見ることが出来ない。が、昨夜は少し違っていた。男以外にも多くの視聴者があったと思うこの放映。引き込まれるかどうかは兎も角、元気付けられる。

自分に負けない、自分に立ち向かう描写に明らかに大袈裟な誇張と無理、理想があるのだが、あえての描写は爽快感すらある。
ふと、男の自転車レースや練習中の葛藤や精神論と重ねてしまい、苦笑いしながら、足を付いてしまえば楽になれるのに....と。

劇画で表現されるものの多くがそうであるように、人間ってもっともっとずるくて、弱いからこういうのが受けるのだ。

2003.04.16

また普段の生活に

先週末には色々なことがあった。

100kmレースは予想とまったく違った展開、結果になってしまったが、仕方ない。悔しい思いも強いが、無事に終わったことにも感謝せねばならない。

月曜早朝から疲れた身体に鞭打って、地方巡業。思うこと多く忘れないうちにとモバイル環境で行くも、それ程時間が取れない。やはり重量とバッテリーがネックになっていることを実感する。ホテルではLANカードの貸し出しが無く、久し振りに内臓モデムでローミング接続。ピィーガーの音も懐かしい。

今朝、福岡から帰社し定時まで勤務し帰宅。
昨夜は温泉宿泊設備「博多 万葉の湯」に泊まる。湯布院、武雄温泉を交互に浸かり、宿泊にセットされていた40分マッサージ。施術は若いお兄ちゃん、強度を高めにお願いしたら気絶寸前。自覚とは裏腹に、足よりも右肩と両腰のこりがかなりなものであるらしい。レースで足を残してしまったのがバレバレ。

5会場での研修会に参加された顧客は延べ200名を超え、大盛況であり手応えもある。早いうちに数字になって現われて欲しい。

2003.04.12

忙しかったが、調子は良い

昨夜羽田に降りたのは9:30頃。

週末の伊丹羽田便はやはり満席であった。この日も60名を超える過去稀に見ぬ大盛況下で研修講師を務める。生憎マイクが使用できない場所での開催だったので、喉を国士無双、終わる頃にはヒーヒー、ゼーゼー。
座席も一番前の非常口席を確保し大事な足を伸ばし寝に徹する。が、正面のANA加藤フライトアテンダントさんが最近では珍しい綺麗なお方で少し気になる。が、意識して寝ているように過ごす。こんな時BOSEの消音ヘッドフォン欲しいな。今度こそ買っちゃおうかな。

羽田から自宅までも結構疲れる。特に週末のこの時間帯は京浜線も混み気味なので....そこで以前から気になっていた高速バスをチェック。モノレール駅に下りる前にダイヤを見たら9:40分発大宮行きを発見。高速が空いていれば絶対早い筈と信じ、早速切符を買って乗り込む。空いてました。1時間弱でさいたま新都心に到着。これは体力温存に貢献大。

調子は悪くない。減量も1kgちょっと成功し、明日はダブルボトル500gを持ってもまだ釣りが来る。初めてのコースだが2時間45分を目標に走る。

富士チャレンジ200km、100kmソロの部、981番、物見山ジャージで走ります。気が付いたらお声を掛けてください。

2003.04.09

手応え

まずは2会場での研修が終わった。ここまでの受講者は100名にも達した。

今回の研修は、いつに無い手応えを感じる。13:00から17:00の内、一番眠い時間帯で、さらに休憩の直前という悪条件。普通なら半分位はウトウトになってしまう筈であるが、昨日も今日も少し違っている。

一向に上向かない収益環境をお互い少しでも良くするための「痛み分け」ともいえる新しいサービスプログラムであるが、ややドラスティックかも知れないが、はっきりと方針を示した。

1年もの間このプロジェクトを率いてきた者の驕りかも知れないが、そうであって欲しくない。明後日の大阪がヤマ場だ。

全国行脚

ほぼ1年リードしてきた某プロジェクト、いよいよ全国行脚で代理店有資格者の皆さんへの研修を始めた。

昨日は東京で関東エリア、今日はこれから名古屋へ、明後日は大阪、来週は早々から広島、福岡と続く。
その後も北海道、仙台、沖縄と計画されているが、効率の面からこれら3地域は辞退している。

各地とも1時間から1時間30分の研修を講師として参加するのだが、ほとんど喋りっぱなし。喉はもともと強くないが、最近は特に弱くなってしまった。マイクを上手く使用し普通のトーンで進めるが、それでも声がかすれて来る。会場の設備と参加者のバランスでは肉声でやらなければならないこともあり、これは少し辛い。

この行脚の成果は今月末頃から数字として現われ始める筈だ。

2003.04.07

日曜の練習

向かい風の相当強い日だった。
天気図からは素人でも西風強風が読んで取れたが、朝の風予報では大したことない予報だったが、荒川土手でその強烈度を知った。往路は大人数で先頭交代を繰り返したのに何と1時間24分という記録的な遅さ。

さて某所での周回練。今回は次週のレースを考慮してロングコース(8.8km)の8LAPに決まった。
1周目は毎度毎度の習熟周回。このやりかたは実に大人らしくて気にいっている。2周目も実に平和なもの。3週目、少しだけペースが上がるが、アタック解禁は4周目以降なのでまだ余裕がある。シャマル装着でのアップダウンコース試乗であったが、下りのアドバンテージが実感できる良いホイールであることをあらためて実感する。踏まなくも自重と回転の良さでトップに出られる。あの短い下りでも60km/hに達することが出来る。いわゆる踏まなくも自分で廻っていくホイールだ。スタンディングも自転車を振らないようにやれば問題なさそうである。重量と大きな慣性モーメントの分、足が売り切れたら全然進まなくなるのは仕方ない特性だ。4周目、玉工坂でのスピードアップに付けない。じわじわ離れトップを通過する時には、集団は短い下りを終わり、既に分岐に差し掛かろうとしている。これだけ離れると追い付くのは絶望的。

この周ショートカットで遅れを取り戻す。ちょうど2km短いコースで合流できるが、一人旅なので下りも廻し続けなければならない。ラップタイムでは2分位は先行できた筈だ。次の1周も一人旅のショートカットで時間差を稼ぐ。さらに1分貯金できた筈だし、後続が見えないのでフルコースに向かう。最高地点をフラフラと登る。足は一杯になってきている。この6周目のラップタイムを見て「止める」ことを決めた。ダウンの周回に入って直ぐに本体の先頭グループに追い付かれる。兼古さんがしっかり残っているではないか。「強いなぁ」と見送りショートを流して7周で終了。

ラップタイム
20'07"-18'16"-17'03"-13'25"(short)-13'53"(short)-19'41"-14'34(short)
Shortのベストラップは11分台なので、これでもかなり遅い。本隊のロングラップは15分台まで上がったらしい。何たる早さだ!

弱ってます

月曜の朝はいつも体が重い。

先週は土曜が雨で完全休養日(こんな完全休息日いつ以来か思い出せない)だったが、日曜の練習でその分まで払い出してしまったので、今日は疲労感が強い。

特に駅の階段がバロメータになる。駅(上野は除いた方が良さそうだが)のプラットフォームと通路の高低差は、電車の架線の高さに由来する筈なので大差が無いと思う。階段の1段の高さも恐らく同じ位なので階段の段数は一緒かも知れない。
月曜の朝は、往路最寄り駅ではエレベータを利用しがち。約1時間の通勤電車で降り立った駅の登り、これが一番辛い。
登り切る頃には腿はバンバンになる。木曜日位になると殆ど回復し、また苦しくも楽しい?週末を迎えることの繰り返し。

花粉も一段落したように思えたので、先週の1週間は投薬もやめていた。が、日曜日思いっきり山の空気を吸ったら振り返してしまったようだ。今朝からまた投薬開始だ。

ところで今日は、佑介の入学式。
自分の大学の入学式には親の出席を拒んだ記憶がある。彼はそのような事は言わなかったが、やはり両親の出席は気恥ずかしいだろうと、女房が付き添うことになった。
で、明日は孝仁の入学式。こちらは出席予定であったが、どうしても抜けられない会議と重なり、これも女房の出番と相成った。

2003.04.06

佑介に(運転)免許皆伝

練習の帰路、佑介が運転する我が愛車の助手席に乗る。

今日の練習は物駐で終了。動物公園前のイタ飯屋(パーチェ)で家族に昼飯を奢る。ここのピザはお薦めです。石釜で焼き、具の味を大切にするタイプで好きです。殆ど毎週のように前を通過しているのに食べていけないのだが、こんな風にすれば練習後にワインも飲めるし、寝て帰れるし....ウシウシ。

保険代も一気に跳ね上がったのだし、有効利用しないと。

自動車運転免許は、一番簡単な国家資格のようなものであり男が皆伝するのも変だが、まあ運転振りは男のそれに似ている感じであり....本日をもって一般路「免許皆伝」といたそう。山道や雪道、首都高も試すぞ、またマニュアル車のテクニックやサーキット走行は男のそれに遠く及ばないであろうが、機会があったら何れおしえてあげましょう。

車の運動挙動の習得は理屈抜きで「カート」が良いと信じて疑わないのだが、どこかで安価に長時間乗れないものか?

2003.04.04

高坂さん

ネタ切れとは単に忘却によるものか?

今朝の出掛けに、高坂さんが全国ネットのTV番組で紹介されていた。宮崎駿監督の一番弟子で、自転車に造詣が深く、ジブリ版ツールド信州の連続優勝記録を....

スタジオ・ジブリ関係者には、もう一人の知人がいる。先日のアカデミー賞受賞直後のロケカメラにもしっかり写っていた。お元気そうで何よりです。転職後も上手くいっているようですね。

いよいよ「アンダルシアの夏」の公開が近いのでしょうか。ヴェルタを題材にしたアニメで高坂さんが監督・脚本の意欲作。この映画、一般の反応はどうなるのでしょうか?成功を祈りたいですが、未知数の部分も多いでしょう。取り敢えず劇場に見に行きます。いつから何処で公開か?

JCRC-2 群馬CSC

昼休み、自席でおにぎり+パン+お茶、で時間があっても、日記ネタ切れの日々が続いています.....

そうそう、佑介の免許、今日は発行される旨昨夜電話があった模様である。恐らく320数名全員に電話したんだろうね、埼玉県警さん。

彼の運転練習を理由に足に使う日は近そうだ。

忘れていたJCRCの申込をせねば、これからちょこっと抜け出して郵便局に行きます。

2003.04.03

MP3プレーヤー

購入後1年以上は経過した、アイ・オー・データのMP3プレーヤー。
元々ネット配信の音楽用に買ったのだが、衝動買い的なものだった。

男はこの衝動買いというのは大の苦手で、それが時々嫌になって衝動買いをする癖がある。
でも、買えば愛用する衝動買い製品が多かったのに、これに限っては殆ど使っていない。

なぜ?
ダウンロードが面倒くさい。欲しい曲が見つけ難い。新しい楽曲は結構高くCDレンタルの方が絶対安い。

内臓メモリー(64MB)だけのモデルは頻繁に出し入れしなければならないので、面倒なのは変ってないが、でもまた使いたくなってきた。

2003.04.02

さいたま市中央区の免許証

昨日4/1のこと、佑介は鴻巣の運転試験場で本試験に望み合格した。
忠告通り、公認校での規定時間オーバーも無く、一発合格は誉めてやろう。

この日発行される免許証は、制令指定都市初日なので新住所表示になるらしい。が、多くの読者もご存知であろうが、初日の新システムトラブルで300人強の合格者が4時間位待たされた挙げ句「今日は発行できません」と返されたらしい。
当の本人も「あと30分....」「あと1時間で....」と繰り返されるアナウンスに相当まいった模様で、朝一から出掛け、そんなこんなで帰宅は7時をまわってしまったとか。

埼玉県警の不祥事続きはもううんざり。

減量作戦

男は昨日から減量作戦を開始した。

今日は特別に作戦を公開する。
作戦1)昼には外食しない。仲間内にははっきり「減量中」である故、付合いが悪い訳ではないことを伝える
作戦2)では何を食らうか?市販のおにぎり系1個と、胚芽系パンとする
作戦3)夕食が10時以降に及ぶ時は「プロテイン」とする
作戦4)晩酌は50%カロリーOFFのビール350ml

男にとってどれが一番辛いか?
今回の解禁は4/20とした。

この日記更新は秘密裏に行われるため、更新時間についてのつっこみは却下。

« March 2003 | Main | May 2003 »