« 新チェーンオイル第1報 | Main | 卒業式 »

2003.03.22

お彼岸ラン

昨日の彼岸のこと。
朝から「暑さ寒さも....」を予感させる好天が前日から予想されていたうえ、昨年亡くなってしまった義母の墓参りに帰省することになっていた。ならば、往路は自転車しかない。とは言え、その義母の弔事のために何度か走った、荒川道+熊谷+太田、東北道側道+渡良瀬道のパターンはそろそろ飽きた。以前から寄井-深谷-新田の経路はそれ程遠回りでも無いうえ東秩父から寄居は何度か走っているし、殆ど北上一直線のつるっぺた路。赤城下ろしがなければ平気の平左。円良田湖経由も可能だが、少し西に行き過ぎだし土地鑑も少ない。

という整理がついたのが当日の朝。ならば荒川遡上隊がいるではないかと、急いで準備。しかして出発は8:00ちょうど。時間厳守が染み付いている隊は某集合地点をほぼ同時に出発済みであることは明らかなり。
家から集合地点まで約15分、単独でも9:30までに物駐に着かねば....少しでも先を急ぎ、あわよくば途中合流を目論見、開平橋まで一般道を進む。街中では追い風基調であったが、郊外に出るといつものように向かい風。結局わが隊は視界に入らず単独で物駐に到着。自宅から33kmで1時間19分、少しづつ走れるようになっています。

今日はお山のLSDと聞いていたので、皆の行き先を尋ねると「....」。小川、寄井方面ならご一緒できますがという提案が受け入れられ、都幾川村、松郷、小川、東秩父、寄居(補給)と進むことに。自分だけ表松郷を選びピークで横松郷組最後尾まで待つこと5分で再スタート。この日は奈良さんが先頭で下ってきました。ぼちぼち調子を上げてきているようです。

その後は楽なペースで淡々と進み、55分で寄井のampmで補給と地図読みのため15分の小休止。帰省までのルートを頭に刷り込み、皆と別れて北上開始。向かい風ではあるが、強くなく気温も上がってきて快調ペースで進む。ざっと見積もった残り30kmは甘く、42kmの道のりを1時間47分、平均26km/hと、この日区間最高を記録。全行程115kmを休憩込みで5時間15分の苦しくない旅でした。

この日は方々で渋滞気味だったらしく、義兄たちも予定より大きく遅れて到着。その後皆で墓参りし、我家も夕方には現地を出たが、車は多く、さらに佐野藤岡IC近くにできた「プレミアムアウトレット」による局部渋滞。東北道も停止しない程度の渋滞であり、復路のほうが疲労度高い1日でした。

« 新チェーンオイル第1報 | Main | 卒業式 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お彼岸ラン:

« 新チェーンオイル第1報 | Main | 卒業式 »