« 今日はめっきり春めいて | Main | 減量作戦 »

2003.03.29

子供と遊ぶということ

昨夜寝る前のこと、男はハッとさせられた。思いもよらぬことだった。

連れ合いは男の自転車熱には賛同してくれてるし、協力もしてくれる。
子供たちも毎週末休まず練習に出掛ける男を関心の心持ちの様子である。

しかし、「たかと遊ぶこと少なくなったねぇ。ゆうすけやこうたが6年生の頃は良く遊んだり出掛けたりしたよ」
最近は以前に比べ帰宅も遅くなりがちで、晩酌とパソコンの並行動作が常となりつつある。それ故会話も少ないと言うのだ。

男が毎週末を自転車に費やすようになったり、居間でEメールやインターネットが接続できるようにしたのは、ここ3年ないし1年位なので、あながち的を射た指摘だ。

断じて、男は逃避している訳でもないし、連れ合いも子供も「自転車もそこそこにして、もっと関わってほしい」と言っている訳ではないのだが、ハッとさせられた一言であった。

« 今日はめっきり春めいて | Main | 減量作戦 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 子供と遊ぶということ:

« 今日はめっきり春めいて | Main | 減量作戦 »