« 3台目のスペシャ | Main | 発熱 »

2003.01.12

新型ペダル


年末に発注していおいたペダルが届いた。入荷が遅れていたようだ。
これまでは、シマノのSPD-Rを発売以降ずっと愛用してきたが、色々な面で今ひとつであった。

今度もシマノであるが、満を持してというかSPD-Rに見切りを付けて発売された「SPD-SL」。サイクルショーで手にして、シマノの本気を感じた。以前にも書いたがSPD-Rが市場から葬り去られる日は近いだろう。SPD-Rを使う意味が見当たらない。

SIDIの場合、クリートアダプターがLOOK以外には別売りで必要であり、この重量や厚さが良くなかったが、SLはLOOK穴を採用しているので標準付属品でOKで、非情にシンプル。

まずは重量差からチェック。(シューズは変更なし)
シューズはクリート込みで実測410gから370g(片足)と40gもの軽量化。ペダル単体では14g(片足)の軽量化が計られているので、片足で何と54gも軽くなったことになる。1部品での軽量化比率は大きい方だが、ペダル周りの慣性質量の軽減効果はどうなんだろうか?

早速CASATIを換装し、クリート調整。
なんたって歩きやすい。歩行は2次性能だが、我々ホビーレーサーには大切な要素である。ペダルの拾い易さはRの比ではない。リリースは軽くスムーズで、これはRには比べ物にならない。踵を内外どちらにひねっても確実にリリースできる。後は使用中にクリートがずれないかどうかだが、Rよりはマシでしょう(きっと)。

写真は
http://cycle.shimano.co.jp/2003newpro/pedal/img/pd_7750.jpg

« 3台目のスペシャ | Main | 発熱 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新型ペダル:

« 3台目のスペシャ | Main | 発熱 »