« 予想しない人事異動だ | Main | 風邪で休養 »

2002.11.03

定峰峠TTが仇に、風邪気味になったが....

11月1日、男にはひとつ心配事があった。
その心配を少しでも払拭するため、この日は「定峰峠」と数日前から決めていた。走る時間帯もレース当日に合わせて...

今年は去年より登りの練習を意識して減らしていた。実際のところ先週、物見山周回コースを走って「登れない」自分に気が付いた。
元々、登りは超遅い故、苦手意識もある。これはまずい。
目指すは東秩父「和紙のさと」。3連休初日とあって車も多い。入間大橋の土手上からチームメート一行の帰還を見送り、川島でBS軍団を追い抜き、先を急ぐ。

「和紙のさと」スタートは10時38分を過ぎていた。日差しは強いが気温は低く、山間部だというのに北風もそこそこ強い。後方よりローディーが向かってくるのが見えたが今日は早めのマイペースを決め込んでいたので、後ろに付かれたくなかった。10時45分頃、落合通過。ラップを取るが今日はHRモニタは走行中に見たくなかったのでリストにしている。なんと追い付いてきたのは、凸坊のアンディーだった。彼とは良く一緒に走るし、力も男の数倍はあるので気兼ねは不要。定峰を白石車庫からTTするというので、では一緒にスタートしましょうということに。
車庫までは歓談も交え、ウォーミングアップ。落合から18分で白石車庫に着く。区間平均HR170(162-187)でいい感じ。このまま行くよりレッグウォーマーを外し、呼吸を整えてから再スタートした方が集中でき、練度が上がるのでアンディーを先に促すが、殆ど同じことをを考えていたらしい。

11時11分スタート。直ぐにアンディーは見えなくなったが、TT入りの速度は刺激になって好都合。今日は腿裏を意識しながら追込むことにしていた。HRや速度は見ないで感覚で登る。心拍はほぼ一杯に対し足は少し残った感があるが、それなりに追込め18分31.2でゴール。区間平均HR177(174-182)。
すぐさま下りの身支度を整え、アンディーと分かれ帰路につく。下りは寒い寒い。くしゃみは出るし、喉はヒーヒー、鼻水だらだら。これですっかり風邪症状に。

精神的には目的意識をもった高強度練で良かった。もっと早い時期からやれば....とも思った。

峠を下りきると猛烈な向かい風。途中BSの二人が定峰に向かっていた。彼らの挨拶は気持ちが良い。
あとで某HPで知ったが、BS軍団は藤野、田代、福島、宮澤、謎の女性で、定峰二人組みは福島・宮澤だったようだ。

« 予想しない人事異動だ | Main | 風邪で休養 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 定峰峠TTが仇に、風邪気味になったが....:

« 予想しない人事異動だ | Main | 風邪で休養 »