« 肉体改造計画進行中 | Main | 精神改造も必要になってきた »

2002.10.15

国際結婚のこと

先週の日曜日10月13日のこと、ここ数年来英会話の先生として個人的にお世話になっている方(米人)の結婚披露パーティーに出掛けてきた。

お相手はどうも名古屋の旧家の箱入り娘さんらしく、名古屋の旧家というだけでも大変そうに見える結婚であるが、さらに国際結婚なのでここに至るまで、たいそうなことだったろう。結婚ばかりは仕方がない面もあろうが、所詮子供は親の希望通りにはならないのが世の常だ。

パーティーはこじんまりとしていて、また華美でなく、内容の充実したお二人らしいすばらしいものだった。彼のご両親ともご挨拶したり、歓談したり楽しい時間を過ごした。彼のお母さん(元教師)に「息子さんの教え子の英会話はどんなもんでしょう?」とは敢えて聞かないでおいた。

末永くお幸せに。

ところで、記憶では自己都合で新幹線に乗ったのは初めてのこと。自由席は先頭の1-5号車でさらに禁煙車は1,2,5号車であること、あらためて認識。全行程12時間の内、3時間×往復の間、座席に座りっぱなし。自転車のサドル上の連続6時間よりきついというのも不思議な感覚だ。

« 肉体改造計画進行中 | Main | 精神改造も必要になってきた »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国際結婚のこと:

« 肉体改造計画進行中 | Main | 精神改造も必要になってきた »