« 暑い一日だった | Main | 風邪ひいたかな? »

2002.09.01

崇禅寺

この日は、義母の四十九日法要だった。

以前から立派な寺だと思っていたが、その菩提寺は「万松山崇禅寺」という。少し昔なら郷里の寺についてそのいわれや歴史的背景を調べることはそう簡単ではなかった筈だが....
便利な世の中になった。インターネットはこうした場合に本当に力強かった。

本堂で住職の説教を拝聴した。今日の説教は「彼岸」「旦那」「布施」だった。

お彼岸とは、「パーラミーター」というサンスクリット語を訳したもの。また、お経(摩訶般若波羅蜜多心経)の波羅蜜多(はらみた)のこと。仏教では欲望や迷い、悩み多いこの現実世界を「此岸」(しがん)といい、苦しみのない理想世界を「彼岸」(此岸に対して彼の岸=ひがん)と教え、迷いの此の岸を去って悟りの彼岸に渡り達するという意味だった。

この彼岸に渡るには日頃から6つの実践が必要とのことだった。その一つが「布施」であり、他は「持戒」「忍辱」「精進」「禅定」「智慧」の六波羅密と言われるものだ。

旦那と布施は同じ意味であったが、これについてはまたいつか触れたいが、旦那になったらお布施が出来なくてはいけないらしい。

「今日のお布施が多かったので、今日は長い説教が聴けた」「そして、足がしびれた」と誰かが御清めの席で言っていた。

« 暑い一日だった | Main | 風邪ひいたかな? »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 崇禅寺:

« 暑い一日だった | Main | 風邪ひいたかな? »