« で、今日は計画的な有給休暇 | Main | 京○ラ、嫌いだ。 »

2002.09.07

先生の結婚

そのアメリカ人は、数年前から我家の家庭教師である。
愛称「ドン」は好青年であり、日本人女性との既婚暦を持つが、そこでは縁が無かったらしく離婚している。
最近になって名古屋の女性との再婚を決めた。今度は上手く行くことを願っている。
入籍、結婚式はすでに終わっているが、来月の結婚披露パーティーに招待された。彼はそこで自身が作曲したジャズ曲をお披露目するらしい。まさかビッグバンドまでは入れないだろうが...

仕事は英会話教師とプロのミュージシャンの掛持ちである。感心するのは自分で英会話スクールを始める夢があり、少しづつ準備をしている。やはり音楽だけでは食っていけないのだろう。

先日、日記のネタにした「旦那」。サンスクリットの「ダーナー」から転じたもので「布施」の意味と同じとのこと。お布施とは坊主にするものと思っていたが実はそうではない事を坊主の説教で知った。

正直、京都まで出掛けてお祝いとなると、結構な掛かりがするので少し躊躇したが、これも布施なのだろうか?本来の意味とは少し違うが、人との繋がりを大切に、人のためになるのは間違いない。ドンのご両親にも日頃のお礼を言いたい。

« で、今日は計画的な有給休暇 | Main | 京○ラ、嫌いだ。 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 先生の結婚:

« で、今日は計画的な有給休暇 | Main | 京○ラ、嫌いだ。 »