« June 2002 | Main | August 2002 »

July 2002

2002.07.31

供養LSD第一ステージ

夜更かしの原因、TDFも終了しました。総じて言えば予想に反し結構面白いツールでなかったかな?アームストロングは磐石な体制での4連覇を達成し面白く無かったですが、一人勝ちでなかったので、まあしょうがないでしょう。TDFはこうやって勝つ、なんて言ったら大顰蹙でしょう。

7/27、供養LSD。今回は、若き専属アシスト(佑介)の都合が付かず、単独走を決行。
前夜、日の出時刻を調べ4:45。ならば4:30起床5:00出発のつもりが...起きられなく、5:20分の出発に。マイペースノンストップLSDなら150bps以下で3時間半が一応の目標。
最初の1時間(鳥羽なんとか沼先の、一般農道で川を渡る辺り)までは
成功。その後、2時間(熊谷を過ぎて、妻沼の市内を東側に迂回する分岐)する辺りは平均150bpmで目標ぎりぎり。最後の1時間20分は165bpmで目標を超えるオーバーペース。これは気温の上昇によるもの以外には考えられない。汗かきの私に高温環境は禁物なんでしょうか?
殆ど疲れや痛さを感じないで到着。終わってみれば、道中85kmの3時間22分でしかなく、どうりで疲れないわけです。
そんな訳で、次回からは往復を必須としますが、帰省ルートが本当につまらないので悩んでいます。

2002.07.28

また、プレゼント当選しちゃいました

超マイナー定期購読の「Niftyスパーインターネット」6月号。読者プレゼント当選!
近頃「当選」に恵まれています。葉書を返送する確率は50%以下ですので、確率は高めです。ここは一丁ジャンボでも買ってみるか?

当選は書籍「Acobat5.0+PDF完全マスター」2,400円
仕事柄PDFによる書類作成が増えてきましたが、正直言って「マスター」には程遠いので、活用できるかも? PDFに関する書籍って本当に少ないのです。オンラインHELPはすごい量だと思うのですが、ご多分に漏れず、かったるくて許せません。

すぐに誰でも(簡単に)使い始められるのはGood。でもそれ以上の事をしようとすると、結構Heavyなソフトでしょう。
でも、ザーッと読んだ感じ「これで完全マスターできるの?」

2002.07.26

早いもので、初七日です

四十九日までは、供養のため毎週末帰省しようと思っています。

時期的にも猛暑ですから、早朝から出発し、LSDにちょうど良いのでは?往復最短で180km。帰路は夕方の時間帯を選べば何とかなる筈です。チームの仲間とLSDをやると、自分には少しだけ負荷が高くなるので、この期間あらためて自分に合ったペースでLSDをやって、沖縄対策第一段とします。

2002.07.23

只今、帰りました。

滞りなく、義母の葬儀を終了することが出来ました。
関係諸氏に深謝致します。

あらためて、宿命とか運命とか、業(ごう)とかについて考えさせられました。

連れ合いの悲しみは察するに余りあるもので、癒えるのには少し時間が掛かるでしょうが、耐えるしかないのでしょう。

2002.07.21

訃報

突然の出来事でした。予てから入退院を繰り返していたのですが、連れ合いのお母さんが土曜日の午前、亡くなりました。
享年78歳でした。

今夜は通夜室から、甥っ子のPCを借りてUPしてます。
時代も変わりました。お祖母ちゃんも年をとる訳です。小6の甥っ子はエッジ装備のPC持参で葬儀に参加しています。

今夜は夜通し線香を点します。通夜ですから。

明日は告別式、葬儀、お焚き(火葬)と忙しくなります。忙しい方が、周期的に訪れる悲しみを忘れさせてくれますが....

上手く自分の感情を表現できないので、終わりにします。

2002.07.19

ボディーブレード、その後

気のせいか、通販などの広告で見掛けなくなったような...
正直、ここ数か月使っていません。原因の一番は「飽き」次は「目的意識低下」単に「中弛み」。

どんな運動補助器具も大差ないでしょうが、明らかな効果が見えない、感じない場合、飽きちゃいます。

日記のタイトルに使っていながら何だ!最初の意気込みはどうした!譲ってくれた人に申し訳なくないのか!

という訳で、昨夜から再開しました。

今年のレースも前半をほぼ終了し、後半の沖縄に向けた練習方法を考えています。目標は昨年と同じ、何となく決めた2時間30分。
でも、どうやれば達成できるか全然見えてきません。というか、去年走ってみて実感したのは、どこで22分短縮できるのか?平均速度なら4km/hも上げなければ...

最初と最後の平地区間はたぶん問題なし。しかしここで大きなタイム更新は無理。普久川の登りで頑張ったら、残り60kmで憤死するかも?内陸の平地アップダウン区間でタイムを詰めるためには、集団走行が不可欠。ならば普久川で切れたらおしまい。

沖縄対策練習、悩んでます。ご意見お待ちしています。

2002.07.16

セルフSS体験第2、3弾。(読みきり)

公約通り、セルフ体験第2弾日記。
日曜日、群馬CSCに向かうため所沢ICから関越へ。ICの直前に見慣れたブランドのSSが有るのを知っていたので...
やはり、セルフSSに模様替えしていました。ならば、未体験の「満タン」に挑みましょう。
今日は2回目。車から降りてうろうろせずに早速給油開始。給油ガンを握っていると暇なもんです。ポンプの周りをじろじろ見ます。何と「ただ今カード清算ができません。ご迷惑をお掛けしますが現金で....」。
ガーン!軽い財布だったので、すぐさま給油中止。端数も何だから、2100円(=20L)でピタリと止めます。流量調整も結構簡単で、よく出来たポンプです。事務所でカードを提示すると「そのカードは使用できます」とのこと。なぁーんだ。
帰路は関越登り線が込み始めていたので、東松山ICで降り、勝手知ったる物見山連コースを急いで戻り、大宮バイパス合流地点にある、セルフ初体験したSSへ。今度こそ「満タン」体験。係員の「使用方法判りますか?」に不機嫌そうに「大丈夫です」。ここであれこれ教わって満タンなんて、プライドが許しません。
給油ガンを握って、オートストップが掛かるまで一機にドバドバ...
セルフ用のガンはプロ用よりも、少し流量が絞ってあり、そのため時間は少々掛かるみたい。その内「カツン」とレバーが戻されます。その後はチョロチョロ...適当なところで、今度は給油量を50L(=5050円)でピタリと合わせ終了。別に合わせる必要は無いのですが、性格かな?
体験というからには、色々なブランドで試す必要があるかも知れませんが、仕事柄、多分機会がないでしょう。

要領を得れば、簡単なことです。皆さんもぜひお試しあれ。

祝3位入賞!チームタイムトライアル

JCRCシリーズ第5戦(群馬CSC)のチームTTで嬉しい3位入賞です。

チーム創部以来の快挙!殆ど毎週末にはチーム練習をしていますが、今回のチームレースは変則ルールだったこともあり、このための練習は皆無でした。当日の作戦もかなり流動的なもので臨みました。
私が最初の1周で抜ける予定はレース中に変更され、2周目離脱になりました。みなの助けもあり、未踏の10分台で2周回できたのは大きな収穫。

一番嬉しいのは、チームで入賞できたという、一体感。足並みはそれぞれですが、皆ゴール時の表情が最高に苦しそうだったこと...

こんなレースも良いものです。

2002.07.13

女友達の変化、一方で新たな人生。

もっといても良いものの一つですが、中々できないもの。

昨夜はその少ない女友達であるAN嬢と先輩の三名で仕事の打ち上げパーティーのあと飲みに行った。
いやぁ、本当に久し振りの銀座でした。聞けば最近離婚したとの事。全然知りませんでした。皆それぞれ、色々な人生、頑張っているんだなぁと思います。

変わって本日。知合いの外国人DGが結婚するNEWSを知らされました。来月曜日に入籍し、披露宴は秋頃を予定しているとのこと。日本に来て色々と苦労したり、楽しく暮らしたり。でも今はばら色So Happy。これまた人生色々です。

明日は群馬CSCで、JCRCチームTTに参加します。私の責任周回は1周(6km)だけなので、じっくりウォーミングアップして、完全燃焼を目指します。心臓破りの坂を過ぎたらゴールまで、死ぬ気で先頭を引きます。その後はチームメートによる残6周回の応援です。

2002.07.11

LOOKピカピカ

台風でダイヤが乱れるかも知れないので、定時帰宅。
晩酌もビール1缶でやめ、嫁入りしてきたLOOK嬢のメンテ開始。

まずフォークをばらし、ヘッドパーツ。
おっ珍しく、KINGのヘッドですね。上下シールドBRGなので高年式でも回転異常はなさそう。玉押しのテーパー部に少しフレッチングあり。清掃して再調整でおしまい。このフォークはヘッド小物込みで、470gと標準的。

次はフレームの清掃。点検チェック。心配されるような傷は皆無。アルミラグの一部に腐食による塗装浮きが見られるが、剥がして手入れするほどでないと判断、経過観察で。

おまけのLOOKカーボンシートポスト。これも清掃点検グリースアップで準備完了。やぐら部が標準的な作りのわりには、総200gと軽量。

ピカピカになってきたぞ!

2002.07.09

LOOKの嫁入り

無事、物合宿も終了しました。
皆それなりに楽しめた様子で、成功でした。初日2名のDNF、2日目1名の
DNSがありましたが、経過は悪くないようで一安心。

このたび我家に「LOOK号」が嫁入りしました。若い初婚とは言えないのですが、実績豊富な素性のしっかりとしたフランス娘です。沖縄を始め、知られたレースコースなどを走らせたら、目を瞑ってもゴールに向かって行きそうです。

未だ地球一周には届いていないので、私の足でせめて1周は達成してあげましょう。嫁の実家に走破した距離を聞いておかねば。

嫁入り道具が、LOOKカーボンピラー、77BR前後、ヘッドパーツ。試供品にチネリグランモという裕福なお育ちです。
ホイールの互換性のために、リヤはデュラ9S、レバーはエルゴを新調予定ですが、あとの部品はチームの仲間の道具箱を覗いてみます。

こらからの暑い休日は、エアコンの下で自転車屋さんに...

2002.07.05

明日、明後日は物合宿です

今年の物合宿は、群馬県黒保根村を起点に選びました。
私の故郷の隣村みたいなところですが、景色は随分と異なります。参加の皆さんに渡良瀬渓谷、日光、金精峠を堪能して頂ければと思います。

初日150kmLSD+獲得標高2600m(峠5回):沢入-足尾-細尾-いろは坂-中禅寺湖-金精峠-片品-鎌田-園原-根利-黒保根
コース図は
http://users.hoops.ne.jp/monomi_haya/2002.gif

二日目80km赤城山1周。平地アップダウン+峠1発:上神梅-赤城南面-溝呂木-赤城高原-根利-黒保根

ホストは我がチーム「チーム物見山」から選鋭8名。ゲストは9名で、皆ホビーレーサーの頂点付近でご活躍の面々です。
心配された天気、明日は何とか持ちそうな感じですが、日曜日は?です。

もしこのコースで見掛けたら応援お願いします。尚、レースではありませんが、区間区間では大人の走りで追込みするでしょう。決してサイクリングでもありません。

2002.07.03

輪より証拠?

輪より証拠 
自転車の練習を何日、何キロしたかより、レースの結果ですべてが明らかになるという意?!

三男の漢字試験の間違いをネタにしました。
まさか、親父が自転車ばかり乗っているので間違ったのではないでしょう。

日帰り西日本

今日も日帰り西日本。
往路は10:10山口行きで、帰路も山口19:15羽田行きです。
このルートは何度も利用していますが、総行程14時間の疲れる出張です。

話し変わって、スピードネットのキャンペーン抽選で「テレビ電話」セットが当選し(てしまい)ました。
今のところ、使う当てが無いのでそのままになっています。
「ブルーアイズ」。
WEBカメラのスペックは30万画素、30fpsのUSB接続。これはこれで使えそうだけど、何に使うか悩み中です。

誰か私とビデオチャットかTV電話で遊びませんか?それとも物見山ML仲間で、ネットミーティング?

2002.07.02

6月29日、細尾峠下見

朝6:30、チームメートに自宅まで自走してもらい、佑介と3人で出発。
何と飯能を4:30に出たそうで、いつもご苦労様です。このお方の就寝時間は?ベールに包まれています。
岩槻まで一般道。時間の割りにはやや混み。東北道はスイスイでした。途中合流予定の小山在住のメンバーに電話を入れるも、既に自転車で出掛けた後らしく、あとは連絡を待つばかり。結局、合流に失敗しました。
栃木ICで降りて、大越路峠を越えて、粕尾線に入った辺りで車をデポし、8:30に粕尾峠に向けて出発。
今日の目的は、細尾峠(日光-足尾を結ぶ、日足トンネルの上、旧道の峠道)の復旧具合を来週の物合宿のために確認することですのでサイクリングペース。だらだら登りを15km行ってやっと峠道らしくなりました。ここは初めてのルートなので頑張らずに淡々と。九十九折れに入ると粕尾側から順にカーブに番号が付いていて、番号が43か44辺りで峠に到着。すぐに足尾に下ります。
細尾峠は足尾側から4.4kmで峠、下って5.5kmでがけ崩れの現場に。新たに橋を掛ける工事が、9月末までの工期で始まっています。僅かな担ぎは必要ですが、自転車ならそれ程難儀なく通過出来ることが判明。
今日の目的を達したのと、今来た方向の雲行きが怪しかったので、本当はもう登りたくなかったので、即効帰路へ。

清滝-今市-鹿沼-下粕尾と下り基調のルートを選択。
全行程112km、6時間、結構楽しく走れました。

« June 2002 | Main | August 2002 »