« 娑婆と四大 | Main | 6月29日、細尾峠下見 »

2002.06.27

遅れ馳せながら...23日の周回連報告です

参加者:なら、殿岡、阿部、宇津、馬場、まつい、佑介、細沼(物ポンズ)
ゲスト:桂三(ホット)、綾野(ポンズ)、倉林(パイン)、杉山(入部希望)

1周目:今日は自走で来ていないので、いきなりガツンはきつ過ぎ。お初の方への道案内をかねてアップペース、ゆっくりで楽チン。これなら10周楽勝です。
2周目:本来の入りのペースにUP。気合十分の桂三は早くもペースにしびれたらしく、裏の緩登りで飛び出す。直前の玉工坂で「自分で動けば?」と、けしかけたのは私でした。殿と宇津さん援護に追走し先頭は3人に。集団はこれを無視しますがバックであまり離れ過ぎないように視野に入れて適度なペースで。
3周目:小学校坂で綾野さんが先行3名に合流していく。その後、宇津さん、先頭集団を諦め後方集団に再合流。玉工坂では佑介が切れずに集団内にいるのを確認。バックの下りでは先行が見えなくなっているのに気付く。今日の個人目標は桂三とのランデブーを最低5周回と決めていたのでちょっとやばい感じ。
4周目:集団が追走を開始。自分は本気モードでも玉工坂でやや離れ始める。宇津さんの番手を借りて集団復帰を試みる...が、宇津さん先行けの合図、中切れ状態。裏の緩登りで何とか付こうとするが...付ききれない。今日もここからの一人旅を覚悟する。
5周目:一人旅。後ろを待って一緒に行こうとしたが、少し離れてしまった。その内、ちらちら宇津さんが見え始めた。
6週目:途中で宇津さんが「一緒に行きましょう」と声を掛けながら追いつく。これで後半の期待が持てるぞ。少し復活。
7-8周目:宇津さんの先頭が長く助けられる。時々は交代するが、各登りの頂上付近で毎回遅れ始める。8周目のバックで佑介を周回遅れにする。単独走じゃ仕方ないでしょう。
9週目:周回タイムから、周回遅れになるならこの周のゴール付近です。抜かれないよう頑張りましょうと、同じ目的意識で協力は続く。最後の登りで振り返り、追いつかれていないのを確認し一安心。
10周目:もう後ろから来ない筈なので、ややペースを下げて終了。
ラップタイム:
14'10"-12'31"-12'13"-11'53"-13'25"
13'12"-12'55"-13'13"-13'28"-13'42" (2時間10分42秒)

« 娑婆と四大 | Main | 6月29日、細尾峠下見 »

11:(旧)ブルブル日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 遅れ馳せながら...23日の周回連報告です:

« 娑婆と四大 | Main | 6月29日、細尾峠下見 »